1.

図書

図書
筑井孝子
出版情報: 群馬県, 980円(税込)
所蔵情報: loading…
2.

雑誌

雑誌
愛知淑徳大学国文学会
出版情報: 長久手町 (愛知県) : 愛知淑徳大学国文学会, 昭53-
オンライン: https://aska-r.repo.nii.ac.jp/
所蔵情報: loading…
3.

図書

図書
高橋藤蔵編
出版情報: 東京 : 建築書院, 明44
所蔵情報: loading…
4.

図書

図書
帆足小太郎著
出版情報: 京都 : 原田染料店, 明42.12
所蔵情報: loading…
5.

図書

図書
斎藤斐章著
出版情報: 東京 : 目黒書店, 明38.4
所蔵情報: loading…
6.

図書

図書
勝山善巧著
出版情報: 京都 : 興教書院, 明28.3
所蔵情報: loading…
7.

図書

図書
大野一郎著
出版情報: 大阪 : 紡織雑誌社, 昭和25
所蔵情報: loading…
8.

図書

図書
出版情報: 群馬大学医学部耳鼻咽喉科学教室, 昭和22年~昭和59年3月
所蔵情報: loading…
9.

図書

図書
中村喜一郎著
出版情報: 八王子 : 青木勇吉, 明22.3
所蔵情報: loading…
10.

論文(AKAGI収録)

論文(AKAGI収録)
伊藤, 賢一 ; ITO, Kenichi
出版情報: 群馬大学社会情報学部研究論集.  28  pp.1-15,  2021-03-01.  群馬大学社会情報学部
概要: As many schools across Japan have been abruptly closed since March 2020 due to the COVID-19 epidemic, we thought it was necessary to investigate how children across the country were spending their time under these circumstances. This paper provides an overview of the situation of children's Internet use and the concerns of their parents during the period of school recess, and discusses the social attributes that tend to be associated with the long hours of media use, and examines how the responses differ depending on the characteristics of the respondents. 続きを見る
11.

論文(AKAGI収録)

論文(AKAGI収録)
末松, 美知子 ; SUEMATSU, Michiko
出版情報: 群馬大学社会情報学部研究論集.  28  pp.17-28,  2021-03-01.  群馬大学社会情報学部
概要: As a preliminary study to assess the impact of digitalization on Shakespeare performance and performance studies in gene ral, this paper discusses how digitalization in the past few decades transformed Shakespeare performance per se, media to watch performance, and performance studies in UK and Japan. The Royal Shakespeare Company production of The Tempest (2016-17) is chosen as one of the most successful examples of Shakespeare performance that goes digital. The cutting-edge digital technology not only has created remarkable visual representations of ‘magic’ but successfully become integrated in the play’s dramatic narrative. Digitalization has also diversified the experience of watching performances beyond theatre via broadcast at movie theaters such as RSC Live from Stratford and NT Live, and digital platforms such as Globe Player and Digital Theatre. The paper also explores how digitalization can open up a new possibility of performance studies beyond geographic and time constraints, focusing on one of the digital archives, Asian Shakespeare Intercultural Archive (A|S|I|A), a multilingual online archive of Shakespeare performances from East and Southeast Asia. 続きを見る
12.

論文(AKAGI収録)

論文(AKAGI収録)
藤井, 正希 ; FUJII, Masaki
出版情報: 群馬大学社会情報学部研究論集.  28  pp.29-52,  2021-03-01.  群馬大学社会情報学部
概要: After the country enacted the Hate Speech Regulation law, many local governments enacted the Hate Speech Regulation Ordinances. Among them are ordinances that take a stricter attitude toward hate speech than national law. A representative example is the Kawasaki City Ordinance. This ordinance has the first criminal penalty for hate speech in Japan. This ordinance is extremely noteworthy. This paper aims to point out the ideal hate speech regulation Ordinance by comprehensively and critically studying the hate speech regulation Ordinances from a constitutional point of view. 続きを見る
13.

論文(AKAGI収録)

論文(AKAGI収録)
宮本, 俊一 ; 杉山, 学 ; MIYAMOTO, Shunichi ; SUGIYAMA, Manabu
出版情報: 群馬大学社会情報学部研究論集.  28  pp.53-65,  2021-03-01.  群馬大学社会情報学部
概要: While working as an Admission Coordinator at Gunma University from June 2019, we became aware of the issue of the role and position of the Admission Center at various national universities. The purpose of this paper is to clarify the current role and position of the Admission Center, which was established at a national university in the 2000s. Under these circumstances, it was found that the government's recent High School/University Articulation Reforms have affected the operations of the Admission Center, and its role has been expanding. 続きを見る
14.

論文(AKAGI収録)

論文(AKAGI収録)
宮本, 俊一 ; 杉山, 学 ; MIYAMOTO, Shunichi ; SUGIYAMA, Manabu
出版情報: 群馬大学社会情報学部研究論集.  28  pp.67-84,  2021-03-01.  群馬大学社会情報学部
概要: In this paper, we look back at the history of the birth of the profession called the “Admission Officers” belonging to t he admission center of the national university. How many “Admission Officers” exist in national universities in Japan, and their personnel composition is we will clarify what is going on. In addition, we would like to consider the current status, issues, and future of "Admission Officers" in which faculty members are mainly in Japan. 続きを見る
15.

論文(AKAGI収録)

論文(AKAGI収録)
大野, 富彦 ; OHNO, Tomihiko
出版情報: 群馬大学社会情報学部研究論集.  28  pp.85-98,  2021-03-01.  群馬大学社会情報学部
概要: This paper discusses about CSV (Creating Shared Value) of local company. First, we examine some previous studies about C SV and consider “Enabling local cluster” showed in Porter and Kramer (2011). Second, from the two cases of local companies in tourist destination, we suggest practical implication for other local companies. In tourist destination, local companies which having a sense of crisis are committed to their own local area and acting in cooperation with various partners. It is not GAFA model but close to ecosystem. 続きを見る
16.

論文(AKAGI収録)

論文(AKAGI収録)
前田, 泰 ; MAEDA, Yasushi
出版情報: 群馬大学社会情報学部研究論集.  28  pp.99-120,  2021-03-01.  群馬大学社会情報学部
概要: In the event of a dispute regarding a contract concluded by an anonymous trading system, the disadvantaged or damaged party loses the opportunity to receive legal remedies, due to anonymity. At present, this disadvantage or damage is neglected. This paper points out that is the problem. This paper insisted that the responsibility of the provider for disclosure of the party should be recognized, and that the anonymous system provider who refuses to disclose the party information due to the anonymous contract, should be liable for performance on behalf of the anonymous party. The insistence of this paper is based on the presumption of the party's intention that ""the party cannot wish to conclude a contract without the claim for the performance"". This paper further states that consent to an anonymous system contract does not constitute a manifestation of intention to renounce the possibility of a private law solution, and that it is not allowed to exclude the party from the legal order including mandatory provisions, on the grounds of an anonymous system contract agreement. 続きを見る
17.

論文(AKAGI収録)

論文(AKAGI収録)
森谷, 健 ; MORIYA, Takeshi
出版情報: 群馬大学社会情報学部研究論集.  28  pp.121-137,  2021-03-01.  群馬大学社会情報学部
概要: This paper is the first half of the paper which examines how the public hall newsletter of the early public hall is connected to the prewar local community media in the case of Tatsuoka Village and Shigeno Village in Nagano Prefecture. In Tatsuoka and Shigeno, local community media were published by local residents, especially young people, before the war. It will be discontinued due to the wartime regime. During the postwar democratization, a public hall was set up and a public hall newsletter was issued, but there are differences in the issuing systems in Tatsuoka and Shigeno. From these cases, it is clarified that the business of editing and publishing the local community media of residents from the early Showa period to 1940 will continue after the war, while being linked to national policies, especially social education (out-of-school education) and public hall policies. In this paper, it is revealed that in Tatsuoka village, the pre-war local community media publishing led to the publication of the post-war public hall newsletter. 続きを見る
18.

論文(AKAGI収録)

論文(AKAGI収録)
森谷, 健 ; MORIYA, Takeshi
出版情報: 群馬大学社会情報学部研究論集.  28  pp.139-152,  2021-03-01.  群馬大学社会情報学部
概要: This paper is the latter half of the paper which examines how the public hall newsletter of the early public hall is connected to the prewar local community media in the case of Tatsuoka Village and Shigeno Village in Nagano Prefecture. In this paper, the experience of publishing pre-war local community media in Shigeno village did not lead to the publication of the post-war public hall newsletter, and it was observed that the public hall newsletter was parallel to another local community media that draws on the flow of pre-war local community media. Finally, we considered the cases of Tsuoka and Shigeno, and pointed out that the pre-war local community media publishing was connected to the post-war local community media publishing while being linked to the acceptance and practice of post-war social education (out-of-school education) and public hall policies in the local community. 続きを見る
19.

論文(AKAGI収録)

論文(AKAGI収録)
松宮, 広和 ; MATSUMIYA, Hirokazu
出版情報: 群馬大学社会情報学部研究論集.  28  pp.153-173,  2021-03-01.  群馬大学社会情報学部
概要: On January 4, 2018, the Federal Communications Commission (FCC) released its Restoring Internet Freedom Order of 2017. T he FCC announced that the purpose of this Order is to promote broadband deployment in rural areas, increase infrastructure investment throughout the United States, foster innovation on the Internet, and eliminate the digital divide. This Order abolished virtually all the protections for "network neutrality" introduced by the FCC’s Open Internet Order of 2015. The new Order repealed (1) three bright-line rules that prohibit blocking, throttling and paid-prioritization, (2) a general Internet conduct standard, and (3) the transparency rule. The FCC asserts that the new "improved" transparency rule together with competition among Broadband Internet Access Service (BIAS) providers and the antitrust and consumer protection laws makes these rules unnecessary, and the new Order lowers the cost of achieving these targets. In fact, as expressed in the letter to the ranking members of Congress from Internet pioneers and other leaders on December 11, 2017, the abolishment of these rules will bring an imminent threat to the Internet by killing the "virtuous cycle" that drives innovation and investment on the Internet--both at the edges of the network, as well as in the network itself. The new Order is not sufficient to prevent the harm from open Internet violations by broadband providers. In addition, the influence of companies that construct their platforms in the Application Layer is not well considered. These companies have constructed their "walled garden" on the public Internet and taken full advantage of information and knowledge that they can exploit. This trend is accelerating with the technological developments in big data, Artificial Intelligence (AI), and the Internet of Things (IoT). Recently, some twenty-five state governments have tried to enact their own network neutrality laws. The California Internet Consumer Protection and Net Neutrality Act of 2018 is the "aristocrat," however, it still leaves much to be improved. Government authorities should design the additional framework that is necessary to retrieve and preserve the vibrant and open architecture of the Internet, recover and maintain the free flow of information and knowledge, and foster the future progress of the Internet. 続きを見る
20.

論文(AKAGI収録)

論文(AKAGI収録)
松宮, 広和 ; MATSUMIYA, Hirokazu
出版情報: 群馬大学社会情報学部研究論集.  28  pp.175-187,  2021-03-01.  群馬大学社会情報学部
概要: On January 4, 2018, the Federal Communications Commission (FCC) released its Restoring Internet Freedom Order of 2017. T he FCC announced that the purpose of this Order is to promote broadband deployment in rural areas, increase infrastructure investment throughout the United States, foster innovation on the Internet, and eliminate the digital divide. This Order abolished virtually all the protections for "network neutrality" introduced by the FCC’s Open Internet Order of 2015. The new Order repealed (1) three bright-line rules that prohibit blocking, throttling and paid-prioritization, (2) a general Internet conduct standard, and (3) the transparency rule. The FCC asserts that the new "improved" transparency rule together with competition among Broadband Internet Access Service (BIAS) providers and the antitrust and consumer protection laws makes these rules unnecessary, and the new Order lowers the cost of achieving these targets. In fact, as expressed in the letter to the ranking members of Congress from Internet pioneers and other leaders on December 11, 2017, the abolishment of these rules will bring an imminent threat to the Internet by killing the "virtuous cycle" that drives innovation and investment on the Internet--both at the edges of the network, as well as in the network itself. The new Order is not sufficient to prevent the harm from open Internet violations by broadband providers. In addition, the influence of companies that construct their platforms in the Application Layer is not well considered. These companies have constructed their "walled garden" on the public Internet and taken full advantage of information and knowledge that they can exploit. This trend is accelerating with the technological developments in big data, Artificial Intelligence (AI), and the Internet of Things (IoT). Recently, some twenty-five state governments have tried to enact their own network neutrality laws. The California Internet Consumer Protection and Net Neutrality Act of 2018 is the "aristocrat," however, it still leaves much to be improved. Government authorities should design the additional framework that is necessary to retrieve and preserve the vibrant and open architecture of the Internet, recover and maintain the free flow of information and knowledge, and foster the future progress of the Internet. 続きを見る
21.

論文(AKAGI収録)

論文(AKAGI収録)
出版情報: 群馬大学社会情報学部研究論集.  28  pp.189-226,  2021-03-01.  群馬大学社会情報学部
22.

図書

図書
山岡次郎著
出版情報: 東京 : 十一堂, 明20-21
所蔵情報: loading…
23.

その他

その他
群馬大学総合情報メディアセンター
出版情報: 総合情報メディアセンターNEWS.  12  2021-01.  群馬大学総合情報メディアセンター
24.

図書

図書
北原保雄編
出版情報: 東京 : 大修館書店, 2021.1
所蔵情報: loading…
25.

図書

図書
野沢紀雅編集担当
出版情報: 東京 : 日本評論社, 2021.1
シリーズ名: 現代家族法講座 ; 第3巻
所蔵情報: loading…
26.

図書

図書
ズヴェーヴォ作 ; 堤康徳訳
出版情報: 東京 : 岩波書店, 2021.1
シリーズ名: 岩波文庫 ; 赤N(37)-706-1
所蔵情報: loading…
27.

図書

図書
揖斐高編訳
出版情報: 東京 : 岩波書店, 2021.1
シリーズ名: 岩波文庫 ; 黄(30)-285-1
所蔵情報: loading…
28.

図書

図書
ヘーゲル著 ; 上妻精, 佐藤康邦, 山田忠彰訳
出版情報: 東京 : 岩波書店, 2021.1
シリーズ名: 岩波文庫 ; 青(33)-630-2
所蔵情報: loading…
29.

図書

図書
山本昭宏著
出版情報: 東京 : 中央公論新社, 2021.1
シリーズ名: 中公新書 ; 2627
所蔵情報: loading…
30.

図書

図書
澤井康佑著
出版情報: 東京 : 中央公論新社, 2021.1
シリーズ名: 中公新書 ; 2628
所蔵情報: loading…
31.

図書

図書
沼野雄司著
出版情報: 東京 : 中央公論新社, 2021.1
シリーズ名: 中公新書 ; 2630
所蔵情報: loading…
32.

図書

図書
中西嘉宏著
出版情報: 東京 : 中央公論新社, 2021.1
シリーズ名: 中公新書 ; 2629
所蔵情報: loading…
33.

図書

図書
長有紀枝著
出版情報: 東京 : 中央公論新社, 2021.1
シリーズ名: 中公新書 ; 2195
所蔵情報: loading…
34.

図書

図書
国際連合統計局原著編集 ; 原書房編集部翻訳
出版情報: 東京 : 原書房, 2021.1
所蔵情報: loading…
35.

図書

図書
佐藤千登勢著
出版情報: 東京 : 中央公論新社, 2021.1
シリーズ名: 中公新書 ; 2626
所蔵情報: loading…
36.

図書

図書
ニュートンプレス
出版情報: 東京 : ニュートンプレス, 2021.1
シリーズ名: Newtonライト : 理系脳をきたえる! ; 2.0
Newtonムック
所蔵情報: loading…
37.

図書

図書
ニュートンプレス
出版情報: 東京 : ニュートンプレス, 2021.1
シリーズ名: Newtonライト : 理系脳をきたえる! ; 2.0
Newtonムック
所蔵情報: loading…
38.

図書

図書
社会福祉の動向編集委員会編集
出版情報: 東京 : 中央法規出版, 2021.1
所蔵情報: loading…
39.

図書

図書
出版情報: 東京 : 中央法規出版, 2021.1
所蔵情報: loading…
40.

図書

図書
アルフレッド・デュフール著 ; 大川四郎訳
出版情報: 東京 : 白水社, 2021.1
シリーズ名: 文庫クセジュ ; 1041
所蔵情報: loading…
41.

図書

図書
消防庁編
出版情報: 東京 : 勝美印刷, 2021.1
所蔵情報: loading…
42.

図書

図書
内閣府政策統括官室 (経済財政分析担当) 編集
出版情報: 東京 : 日経印刷 , 東京 : 全国官報販売協同組合 (発売), 2021.1
シリーズ名: 世界経済の潮流 / 内閣府政策統括官(経済財政-景気判断・政策分析担当)編集 ; 2020年1
所蔵情報: loading…
43.

図書

図書
宮﨑雅人著
出版情報: 東京 : 岩波書店, 2021.1
シリーズ名: 岩波新書 ; 新赤版 1864
所蔵情報: loading…
44.

図書

図書
田中優子, 松岡正剛著
出版情報: 東京 : 岩波書店, 2021.1
シリーズ名: 岩波新書 ; 新赤版 1863
所蔵情報: loading…
45.

図書

図書
小関悠一郎著
出版情報: 東京 : 岩波書店, 2021.1
シリーズ名: 岩波新書 ; 新赤版 1865
所蔵情報: loading…
46.

図書

図書
伊藤眞著
出版情報: 東京 : 岩波書店, 2021.1
シリーズ名: 岩波新書 ; 新赤版 1866
所蔵情報: loading…
47.

図書

図書
馬場悠男著
出版情報: 東京 : 講談社, 2021.1
シリーズ名: ブルーバックス ; B-2159
所蔵情報: loading…
48.

図書

図書
長谷川修司著
出版情報: 東京 : 講談社, 2021.1
シリーズ名: ブルーバックス ; B-2162
所蔵情報: loading…
49.

図書

図書
ニュートンプレス ; 岩澤, 康裕(1946-) ; 桜井, 弘(1942-)
出版情報: 東京 : ニュートンプレス, 2021.2
シリーズ名: Newtonライト : 理系脳をきたえる! ; 2.0
Newtonムック
所蔵情報: loading…
50.

図書

図書
清水茜著
出版情報: 東京 : 講談社, 2021.2
シリーズ名: シリウスKC
所蔵情報: loading…
51.

図書

図書
教科書研究センター [編]
出版情報: 東京 : 教科書研究センター, 2021.1
所蔵情報: loading…
52.

図書

図書
日本学術協力財団編集 ; 大杉立 [ほか執筆]
出版情報: 東京 : 日本学術協力財団, 2021.1
シリーズ名: 学術会議叢書 ; 28
所蔵情報: loading…
53.

図書

図書
今井昭彦著
出版情報: 東京 : 御茶の水書房, 2021.1
所蔵情報: loading…
54.

図書

図書
日本規格協会編
出版情報: 東京 : 日本規格協会, 2021.1
シリーズ名: JISハンドブック / 日本規格協会編 ; 17
所蔵情報: loading…
55.

図書

図書
マーガレット・ラスティン著 ; マイケル・ラスティン著 ; 松木邦裕監訳 ; 武藤誠監訳 ; 北村婦美監訳
出版情報: 東京 : 金剛出版, 2021.1
所蔵情報: loading…
56.

図書

図書
佐藤健太編
出版情報: 東京 : 羊土社, 2021.2
シリーズ名: レジデントノート ; Vol. 22, No. 17 ; 増刊
所蔵情報: loading…
57.

図書

図書
柳本新二著
出版情報: 東京 : 高橋書店, [2021.1]
所蔵情報: loading…
58.

図書

図書
資格試験研究会編
出版情報: 東京 : 実務教育出版, 2021.2
シリーズ名: 公務員試験合格の500シリーズ ; 6
所蔵情報: loading…
59.

図書

図書
資格試験研究会編
出版情報: 東京 : 実務教育出版, 2021.2
シリーズ名: 公務員試験合格の500シリーズ ; 7
所蔵情報: loading…
60.

図書

図書
群馬県, 群馬県教育文化事業団, 群馬県文学会議編
出版情報: 前橋 : [群馬県教育文化事業団], 2021.02
所蔵情報: loading…
61.

図書

図書
日経サイエンス編集部編
出版情報: [東京] : 日経サイエンス社 , 東京 : 日経BPマーケティング (発売), 2021.2
シリーズ名: 別冊日経サイエンス ; 243
所蔵情報: loading…
62.

学位論文(AKAGI収録)

学位
武井, 宏行 ; タケイ, ヒロユキ
出版情報: 2020-12-31.  群馬大学大学院理工学府
概要: 学位記番号:理工博乙20
63.

その他

その他
出版情報: 上武大学ビジネス情報学部紀要.  19  2020-12-22.  上武大学
概要: 目次( 白井 雅人. これからの大学教育に求められる学びの構築 : 中央教育審議会答申および教育再生会議提言に見る改革の背景と目的 )<br />目次( 安藤 鋭也. 日本基準のあり方 : 英国によるEU離脱後のIFRSの行く末を見据えて  )<br />上武大学紀要規程<br />上武大学ビジネス情報学部紀要投稿規程<br />執筆者一覧<br />奥付 続きを見る
64.

論文(AKAGI収録)

論文(AKAGI収録)
安藤, 鋭也
出版情報: 上武大学ビジネス情報学部紀要.  19  pp.35-60,  2020-12-21.  上武大学
概要: 英国によるEU離脱・米国におけるトランプ大統領誕生といった、世の中の予測に反する出来事が相次いでいる。英国によるEU離脱を、IFRSに引き寄せると次の問題意識が生じる。第1に、個別のIFRSに対する問題意識である。英国とEUの離脱交渉は2年 、あるいはそれ以上かかると言われている。このような状況において、予想される為替や株価の変動といった資本市場の不確実性が、個別のIFRSにおける見積りに、どのような影響を与えるだろう。第2に、IFRS全体に対する問題意識である。域内国境のない地域創設や経済通貨統合を通じた、経済的・社会的発展というトップダウン型理念に基づいて組成されたEUから英国が離脱を決めたことは、財務諸表の透明性や比較可能性の向上が、利用者の経済的意思決定に資するというトップダウン型理念に基づくIFRSに、どのような影響を与えるだろう。確かに、英国によるEU離脱で、英国上場企業が連結財務諸表の作成・開示において、直ちにIFRS を使わなくなるわけではない。しかし、EU離脱後のIFRS改正時には、EUと英国で判断が異なり、IFRSといっても、実質的に別の会計基準となる可能性もある。この点、IFRSを任意適用する日本は、EUが承認したIFRSではなく、金融庁が承認したIFRSを適用している。したがって、英国によるEU離脱の影響を直ちに直接受けるわけではない。しかし、世界中どの国でも同じ物差しというIFRSの規範は、見直しを余儀なくされ得る。であれば、今のうちに、英国によるEU離脱後のIFRSの行く末を見据えて、日本基準のあり方を検討しておく必要があるのではないか。そこで、本稿においては、先ず、英国による EU離脱を概観する。次に、IFRSにおける EU離脱の影響を検討する。最後に、IFRSにおけるEU離脱の影響を踏まえた日本基準のあり方とその土台になるものを示し、結びに代える。 続きを見る
65.

学位論文(AKAGI収録)

学位
野本, 雅樹 ; ノモト, マサキ ; Nomoto, Masaki
出版情報: 2020-09-30.  群馬大学大学院理工学府
概要: 学位記番号:理工博甲59
66.

学位論文(AKAGI収録)

学位
亀山, 里江子 ; カメヤマ, リエコ
出版情報: 2020-09-30.  群馬大学大学院理工学府
概要: 学位記番号:理工博甲61
67.

学位論文(AKAGI収録)

学位
冨岡, 泰造 ; トミオカ, タイゾウ
出版情報: 2020-09-30.  群馬大学大学院理工学府
概要: 学位記番号:理工博乙19
68.

学位論文(AKAGI収録)

学位
宮越, 俊一 ; 田部井, 仁美
出版情報: 群馬高専レビュー.  pp.1-6,  2020-03-31.  群馬工業高等専門学校
69.

学位論文(AKAGI収録)

学位
谷村, 嘉恵
出版情報: 群馬高専レビュー.  pp.7-10,  2020-03-31.  群馬工業高等専門学校
70.

学位論文(AKAGI収録)

学位
谷村, 嘉恵
出版情報: 群馬高専レビュー.  pp.11-14,  2020-03-31.  群馬工業高等専門学校
71.

学位論文(AKAGI収録)

学位
大豆生田, 利章
出版情報: 群馬高専レビュー.  pp.23-28,  2020-03-31.  群馬工業高等専門学校
72.

学位論文(AKAGI収録)

学位
横山, 孝一
出版情報: 群馬高専レビュー.  pp.29-40,  2020-03-31.  群馬工業高等専門学校
73.

学位論文(AKAGI収録)

学位
横山, 孝一
出版情報: pp.41-52,  2020-03-31.  群馬工業高等専門学校
74.

学位論文(AKAGI収録)

学位
横山, 孝一
出版情報: 群馬高専レビュー.  pp.53-64,  2020-03-31.  群馬工業高等専門学校
75.

学位論文(AKAGI収録)

学位
井上, 卓磨 ; 田貝, 和子
出版情報: 群馬高専レビュー.  pp.65-70,  2020-03-31.  群馬工業高等専門学校
76.

学位論文(AKAGI収録)

学位
岡本, 邦夫 ; 矢口, 久雄
出版情報: 群馬高専レビュー.  pp.71-78,  2020-03-31.  群馬工業高等専門学校
77.

学位論文(AKAGI収録)

学位
宮川, 剛
出版情報: 群馬高専レビュー.  pp.79-85,  2020-03-31.  群馬工業高等専門学校
78.

学位論文(AKAGI収録)

学位
太田, たまき
出版情報: 群馬高専レビュー.  pp.12-1,  2020-03-31.  群馬工業高等専門学校
79.

学位論文(AKAGI収録)

学位
金子, 忠夫 ; 矢口, 久雄 ; 浅見, 博 ; 岡本, 邦夫 ; 黒澤, 拓未
出版情報: 群馬高専レビュー.  pp.15-22,  2020-03-31.  群馬工業高等専門学校
80.

学位論文(AKAGI収録)

学位
小西, 尚之
出版情報: 高崎健康福祉大学紀要.  pp.13-25,  2020-03-31.  高崎健康福祉大学
概要: 本稿は,設置から25年が経過した総合学科高校の現状を,全国調査の結果によって,明らかにしようとするものである.1994年の総合学科の設置以後,これまでにも何回かの全国調査が実施されてきたが,総合学科高校の増加に伴って,今回の調査はこれまでに ない大規模なものになった.主な調査結果は以下のとおりである.①科目選択の際に,まず「系列」を選択させている学校が7割以上を占めた.②3年次の「課題研究」のテーマを「生徒が自由に決めている」学校が6割以上であった.③科目選択等のために専任のカウンセラーを置いている学校は約2割,卒業生の「追指導」を行っている学校は約1割にとどまった.④ホームルーム編成を毎年変更している学校が過半数を占め,すべての年次で「学業成績」が主な編成原理となっていた.以上のような結果は,今後の総合学科や高校教育改革全体の方向性を考える際に,さらには,それぞれの総合学科高校が自校の学校改革を考える際にも示唆を与えるものと考える.<br />研究論文 続きを見る
81.

学位論文(AKAGI収録)

学位
石川, 勉
出版情報: 高崎健康福祉大学紀要.  pp.51-64,  2020-03-31.  高崎健康福祉大学
概要: 新学習指導要領が実施となる.そのキーワードはまさに「総合的な学習の時間」の充実である.しかし現在,義務教育諸学校,特に公立中学校では「総合的な学習の時間」が形骸化し,本来の目的が達成できていない場合がある.本考察は,これまで筆者が実施してき た教育委員会からの委嘱研究の取組から,キャリア教育の充実を通して,将来人生設計において自己解決できる力の基礎となるべき資質・能力を育む「総合的な学習の時間」の質の向上を図る方策を考えるものである.<br />研究ノート・試論 続きを見る
82.

学位論文(AKAGI収録)

学位
板津, 裕己
出版情報: 高崎健康福祉大学紀要.  pp.65-77,  2020-03-31.  高崎健康福祉大学
概要: 今日,子どもたちが健やかや成長や発達を遂げ,彼/彼女らが持つ個性や可能性を発揮していくためには,健康な自己観を持つことが強調されている.本レポートでは,教育活動場面において,児童や生徒だけでなく,彼/彼らの健やかな成長や発達を支えていく立場 にある教師も,自己受容することが大切であることについて,先行研究を紹介しながら述べた.教師の自己受容を高めていく活動案,および,それらの活動を進めていく際の注意点などを、対象が教師であることを想定して提示した.活動案では,教師の心身の発達状況や子どもたちへの影響などを考慮して,ただ,「お互いを褒め合う」「長所を伸ばす」だけではなく,活動を行う際には,周囲から,「修正したほうが望ましい点」をアドバイスとして受け容れることが大切であると述べた.レポートの最後には,教師にとって,「なぜ正しい自己理解(例えば自己受容)が必要か」について,筆者の考えをまとめた.<br />研究ノート・試論 続きを見る
83.

学位論文(AKAGI収録)

学位
市村, 雅俊
出版情報: 高崎健康福祉大学紀要.  pp.109-114,  2020-03-31.  高崎健康福祉大学
概要: 農山漁村地域の振興には地域資源を6次産業化する質の高い6次産業化人材が不可欠であるが,この人材 の育成およびその課題に関する研究はほとんど見られない.この点に着目し,農山漁村振興に寄与する6次産業化を担う6次産業化人材の育成およびその課題に 関する研究の方向性を展望した.現在の6次産業化人材の育成は,大別すれば教育機関を通じて行われるものと6次産業化の現場で直接行われるものがあるが,いずれの方法においても先行研究が乏しい.そこで,先行研究の少なさを補完するため,筆者が実務として経験した6次産業化人材育成プログラムの開発事業で得た知見・示唆を研究の展望を得る際の足掛かりとして用いた.教育機関が担う6次産業化人材の育成については,産業界と教育機関との連携が質の高い6次産業化人材の育成につながる可能性があり,その体制の構築も重要な課題となる.最後に,今後の研究の展望として,6次産業化の現場で直接行われる6次産業化人材の育成に関する調査研究の進め方を示した.<br />研究ノート・試論 続きを見る
84.

学位論文(AKAGI収録)

学位
深見, 匡 ; 村松, 芳多子 ; 竹内, 真理 ; 田中, 進
出版情報: 高崎健康福祉大学紀要.  pp.137-143,  2020-03-31.  高崎健康福祉大学
概要: 本学健康栄養学科では新入生に対しフレッシュマンキャンプを開学以来毎年実施してきた.フレッシュマンキャンプ終了後にはアンケートを実施し,次年度の計画の参考にはしてきた.しかし,これを統計処理し定量的に分析すること等は行っておらず,アンケートを 十分に活用してきたとは言えない.そこで今回,利用可能な5年分のアンケートを使用し,実態を定量的に把握,評価,分析することにした.アンケートの内容は2015年~2018年は9項目の質問と2項目の記述質問とし,2019年は4項目の質問を追加した.結果として,学生のフレッシュマンキャンプの数値的評価はおおむね高く,一定の評価はできる.学生の多くは「有意義だった」と評価していて,その根拠は「友人作りのきっかけ」になることが大きいようであった.一方,改善が望まれることとして行事の「飯盒炊爨」がある.荒天の場合は苦情が集中する.学生の健康に配慮し代替的行事への変更など臨機応変な対応が求められた.<br />調査・事例等報告 続きを見る
85.

学位論文(AKAGI収録)

学位
箕輪, 千佳 ; 鈴木, 恵理 ; 柿澤, 美奈子 ; 鈴木, 弘子
出版情報: 高崎健康福祉大学紀要.  pp.159-168,  2020-03-31.  高崎健康福祉大学
概要: リラクセーション法は,看護実践で充分活用されているとは言い難い.そこで,リラクセーション法を取り入れている看護実践例やその際の課題を出し合い,その課題解決にむけて意見交換する目的で交流集会を行った.結果,課題として一部のリラクセーション法を 実施するにあたっての資格の必要性への疑問,業務が忙しく実践に取り入れる時間の確保の困難さが挙げられた.これらの解決方法として,前者にはリラクセーション法は看護独自の援助方法であり,さらなる資格は必要ないこと,それを多職種や看護職に啓発する必要性,後者には短時間でできるリラクセーション法の活用,ボランティアの活用があった.その他,実施方法の不明確さやエビデンスの低さと情報の入手しにくさ,制度的担保や物品が実践の場にないことが課題としてあったが,いずれも質の高いエビデンスの構築によって解決が図られると考えられた.さらに,医療や社会の変化に伴い,看護師の人に触れることに関する意識が変化している可能性があり,対応を検討する必要があることが示唆された."Although it has been a while since the relaxation method was introduced to nursing education, it has not been well utilized in clinical practices. At the 38th Annual Conference of Japan Academy of Nursing Science, we held an exchanging meeting to discuss the problems of incorporating relaxation methods into nursing practices and the solutions. In the meeting, one of the examples of incorporating the relaxation method into nursing practices was introduced, which involved light touches and strokes on patients’ hands, in nursing students’ training to help them collect patient information and build good relationship with patients. Furthermore, various relaxation methods were reported to build rapport with the patients/families in clinical practices. The problems in introducing relaxation method to nursing practices were listed; indications and contraindications from the nursing perspective were unclear, and the appropriate implementation method was uncertain, therefore there was no consensus about relaxation method across medical staff; these days, the nurses ""touch"" patients' bodies less often, and they could not gain confidence in using relaxation method because of inadequate knowledge, skills, and experiences; they could not find time to implement relaxation methods because of their busy schedules, and evaluation of the specific relaxation method was difficult for children and patients who were not able to communicate their concerns. From now on, it is necessary to clarify that many nurses have the problems noted above and to find solutions."<br />資料紹介 続きを見る
86.

学位論文(AKAGI収録)

学位
青栁, 千春 ; 阿久澤, 智恵子 ; 町田, 大輔
出版情報: 高崎健康福祉大学紀要.  pp.1-11,  2020-03-31.  高崎健康福祉大学
概要: 児童虐待相談の対応件数は,増加の一途をたどっている.被虐待者の半数近くが小・中学生の年齢の子供たちであることから,学校の役割期待は大きい.しかし,虐待事例は,複雑な問題を抱えているケースが多いため,学校と関係機関が情報を共有し,適切な連携の 下で対応していくことが重要である.そこで,本研究では,小・中学校に勤務する養護教諭と関係機関職員が,児童虐待対応における学校の役割の「重要性」と「取組状況」をどのように認識しているのかの実態を把握することを目的とし,小・中学校に勤務する養護教諭と関係機関職員を対象に自記式質問紙調査を実施した.結果, 養護教諭314名,関係機関職員107名から回答を得た.虐待対応における学校の役割の重要性について,両者は概ね共通の認識をしていたものの,取組状況については.必ずしも認識が一致しておらず,現行のシステムでは虐待対応における連携を強化するのは困難であることが示唆された.<br />研究論文<br />平成26~平成29年度 科学研究費助成事業基盤研究C(課題番号:26350869) 続きを見る
87.

学位論文(AKAGI収録)

学位
小池, 洋子 ; 志村, 章江 ; 安野, 朝子 ; 大澤, 幸枝 ; 池田, 優子
出版情報: 高崎健康福祉大学紀要.  pp.145-157,  2020-03-31.  高崎健康福祉大学
概要: 本研究の目的は,看護部長としての役割遂行に必要な知識・技術と看護部長が希望する研修内容を明らかにし,研修企画を考える資料とすることである.対象は,群馬県内の130病院の看護部長(看護管理責任者)130名.調査方法は,対象者の特性を問う質問, 看護部長としての役割遂行に必要な知識・技術を問う質問,看護部長対象の研修として必要な内容を問う質問からなる質問紙を作成し,無記名記述式にてデータを収集した.対象特性は単純集計,看護部長としての役割遂行に必要な知識・技術と,看護部長対象の研修として必要な内容に対する回答は内容の類似性に従いカテゴリ化した.その結果,有効回答は35件(26.9%)であった。看護部長が,看護部長としての役割遂行に必要と感じている知識・技術は,【病院経営の知識と戦略】【看護管理に必要な交渉術】【マネジメントの基本】【人材育成に関する知識・技術】【組織運営】【看護職員の労働環境改善に必要な知識】【看護を取り巻く社会環境と法制度】【診療報酬制度に関する知識と対処方法】【看護職員の動機づけに関する知識】【組織に応じた看護実践の工夫】【看護管理に必要な技術】の11種類であった.看護部長が,看護部長対象の研修で必要としている内容は看護部長として役割遂行に必要な11種類の知識と技術とほぼ同じであったが,【看護管理に必要な交渉術】を研修内容として必要とする者は少なく,【診療報酬制度に関する知識と対処方法】を研修内容として希望する者は多かった.これらの結果,看護部長としての役割遂行に必要と感じている知識・技術11種類に関する研修を企画することは,看護部長の成長に役立つことが示唆された.一方,すぐに活用可能な内容を含めた研修にする必要があることも示唆された.<br />調査・事例等報告 続きを見る
88.

学位論文(AKAGI収録)

学位
神田, 里美 ; 久保田, 隆子
出版情報: 高崎健康福祉大学紀要.  pp.39-50,  2020-03-31.  高崎健康福祉大学
概要: "目的:産後1ヶ月から12ヶ月の,母親が抱いている産褥育児肯定感と月齢別育児行動への苦痛の実態とその関連性について明らかにする. 方法:A産科クリニックを退院した母親に対して,産褥育児肯定感尺度の項目と育児行動の苦痛内容を質問した。無記名自 記式質問紙調査を郵送法で行った.月齢間の分析(1~4ヶ月,5~8ヶ月,9~12ヶ月)は一元配置分散分析を行った.多重比較にはTukey HSD法を用いた.有意水準は5%未満とした. 高崎健康福祉大学研究倫理委員会(高健大倫第2823号),及びA施設院長の承認を得た上で実施した. 結果:有効回答144名(有効回答率67.9%)を分析対象とした.平均年齢31.8(SD±3.9)歳であった.初産婦は73名(50.7%),経産婦は71名(49.3%)であった. 育児行動への苦痛に思うことの内容について,月齢ごとに集計した結果、最も多かった苦痛の内容は,1~4ヶ月では授乳に関すること,5~8ヶ月では離乳食に関すること,9~12ヶ月でも離乳食に関することであった. 一元配置分散分析を行った結果、産褥育児肯定感の各因子と月齢群にて有意差が認められたのは第1因子の「夫のサポートに対する認識」であった(p=.024).有意差が認められた第1因子をさらに分析するため,Tukey HSD法による多重比較を行った.その結果,1~4ヶ月と9~12ヶ月の間で有意差(p=.031)が認められ,9~12ヶ月群の平均値は低かった. 結論:産褥育児肯定感と月齢群では,月齢9~12ヶ月群で,夫によるサポートへの認識が最も低下していた.育児支援は,月齢が進んだ9~12ヶ月の母親へ育児支援策を講じる必要性が示唆された.<br />研究論文 続きを見る
89.

論文(AKAGI収録)

論文(AKAGI収録)
平田, 郁美 ; 佐藤, 千代美 ; 吉野, 隼 ; 長尾, ひろみ
出版情報: 共愛学園前橋国際大学論集.  pp.15-38,  2020-03-31.  共愛学園前橋国際大学
概要: 国立情報学研究所新井紀子氏らが提唱した「事実を他者に伝達・共有するための文書」を正確に読む力を測るReading Skill Testの成績と、「平成31年度全国学力・学習状況調査国語、数学、英語」の成績の関連性を調べた。本学園中学校3年生 80名対象の調査では、3教科ともReading Skill Testの成績と正の相関があり、相関は数学、国語、英語の順に強い。 続きを見る
90.

論文(AKAGI収録)

論文(AKAGI収録)
謝, 志海
出版情報: 共愛学園前橋国際大学論集.  pp.67-82,  2020-03-31.  共愛学園前橋国際大学
概要: 近年、中国の高速鉄道は飛躍的に発展しており、高速鉄道の技術そのものを積極的に海外へ輸出している。とりわけ、「一帯一路」戦略の下で東南アジア、アフリカ等の国々で高速鉄道の建設に参入し、いわゆる「高速鉄道外交」を展開している。また、日本との競争 も注目されている。本稿は、いくつかの国での高速鉄道の建設事例を分析し、中国の「高速鉄道外交」の動因、効果や問題点を検証する。さらに日本の新幹線技術の海外輸出と比較しながら、経済、貿易、地政学、外交等の側面から総合的に中国の「高速鉄道外交」を考察してゆく。 続きを見る
91.

論文(AKAGI収録)

論文(AKAGI収録)
園田, 敦子
出版情報: 共愛学園前橋国際大学論集.  pp.83-97,  2020-03-31.  共愛学園前橋国際大学
概要: ALTが外国語指導助手として教室内でティーム・ティーチングに携わることは、生徒が生きた英語に触れると同時に、英語を使う必然性や学ぶ喜びをもたらすという点で、外国語の学びに寄与すると考えられる(米山、2011)。文部科学省もまた、日本人英語教 師(JTE)とALTが協働して授業を実施することを積極的に推奨しており、ALTの数は年々増えている。しかしながら、日本の教育現場におけるALTの役割は曖昧であり、本来のティーム・ティーチングを可能にするALTとJTEのコミュニケーションが質・量ともに不足しているという指摘もある。本研究では、ALT890名のアンケート分析を通して、実際の教室において、JTEとALTがどの程度やりとりを交わし、その交流頻度によってALTの役割やJTEに抱く問題意識に何らかの影響を及ぼしているかについて考察する。 続きを見る
92.

論文(AKAGI収録)

論文(AKAGI収録)
遠藤, 真知子
出版情報: 共愛学園前橋国際大学論集.  pp.135-145,  2020-03-31.  共愛学園前橋国際大学
概要: ペアで英語で会話をするアクティビティを行うのが難しい学習者でも、楽しみながら英語で情報をやり取りできるアクティビティ(Listen and Tell アクティビティ)を考案した。このアクティビティに取り組んだ学生にアンケート調査を行い、その 結果を、ペアで英語で会話するアクティビティを行った場合と比較した結果、Listen and Tell アクティビティの方が、楽しみながらパートナーと情報を交換することができ、学習者の内的動機づけを高めるのに効果的であることがわかった。 続きを見る
93.

論文(AKAGI収録)

論文(AKAGI収録)
岸, 一弘
出版情報: 共愛学園前橋国際大学論集.  pp.147-168,  2020-03-31.  共愛学園前橋国際大学
概要: 小学校学習指導要領が改訂され、2020年度から完全実施になる。小学校学習指導要領解説体育編(文部科学省, 2018)の領域「ゲーム」及び「ボール運動」では、バドミントンに関わる運動が初めて例示されている。本研究の目的は、小学校第2学年体育科 における運動遊びとゲームの先導的な授業実践を分析・検討することによって、著者が創案したバドミントンに関わる学習プログラム(教材を含む)や学習指導計画等の検証を行うための基礎データを得ることである。今回は、授業中の児童の投球動作(シャトルのスロー回数とキャッチ回数並びに運動形態)について報告する。また、中学年の学習指導案を別添資料に示している。これらのことで、バドミントンに関わる運動(遊び)の低学年・中学年・高学年(既報)の学習指導案を提示したことになる。<br />研究ノート 続きを見る
94.

論文(AKAGI収録)

論文(AKAGI収録)
本多, 正直 ; 反町, 優太
出版情報: 共愛学園前橋国際大学論集.  pp.169-176,  2020-03-31.  共愛学園前橋国際大学
概要: 共愛学園の理数部会では、中学高校の生徒に理数系への興味関心を持たせるためにSTEAM教育の在り方を検討し、視察や教材について議論を重ねてきた。生徒に関心を持ってもらう第一歩として、共愛学園高校の生徒にドレミパイプの置台を制作する課題を課した 。生徒たちの取り組みの過程を解説し、課題の効果について検証する。<br />研究ノート 続きを見る
95.

論文(AKAGI収録)

論文(AKAGI収録)
大谷, 翔 ; 西舘, 崇
出版情報: 共愛学園前橋国際大学論集.  pp.199-213,  2020-03-31.  共愛学園前橋国際大学
概要: 本稿は、2019年に本学が行った2件の留学生インターンシップ事業の意義を検討するものである。2件の事業はいずれも群馬県内の企業にて行ったが、その特徴はインターン生と受入企業側が互いに学び合うことを意図した「双発型インターンシップ」にある。母 国と日本、両国の文化と言語に慣れた留学生は、労働力不足を補うための単なる「労働力予備軍」ではない。留学生が自身の可能性を発揮することのできる就業条件を考えていくためには、受入企業が「教え」、留学生が「学ぶ」タイプのインターンではなく、双方が主体的に「教える」存在となり、また「学ぶ」存在となる双発型での就業体験が求められるのではないか。本稿は、この型のインターンシップに参加した学生と企業、大学の三者から見た意義を検討し、今後のさらなる留学生インターンシップに向けた課題と展望を述べる。<br />研究ノート 続きを見る
96.

論文(AKAGI収録)

論文(AKAGI収録)
古川, 敦子 ; 小池, 亜子
出版情報: 共愛学園前橋国際大学論集.  pp.215-224,  2020-03-31.  共愛学園前橋国際大学
概要: 公立の小中学校において外国人児童生徒等に日本語指導の「特別の教育課程」を実施する際は、指導目的の設定から評価までを記載した「個別の指導計画」の作成が求められる。しかし実際の教育現場では、その作成や使い方等に課題があり、十分に活用しきれていな いという声も聞かれる。本稿では、伊勢崎市の小中学校で日本語指導に携わる教員を対象に「個別の指導計画」作成についての質問紙調査、およびインタビュー調査を行い、課題を抽出した。その結果、校内の指導者間の情報共有と連携がまだ不十分であること、指導計画の具体的な書き方例の提示が必要なことが示された。<br />研究ノート 続きを見る
97.

論文(AKAGI収録)

論文(AKAGI収録)
西舘, 崇
出版情報: 共愛学園前橋国際大学論集.  pp.225-230,  2020-03-31.  共愛学園前橋国際大学
概要: 本稿は、Markwica, Robin (2018) Emotional Choices: How the Logic of Affect Shapes Coercive Diplomacy, Oxford: Oxford Universi ty Press(『情動選択モデル:感情の論理はいかに強制外交を形づくるのか』(評者による仮訳))の書評である。本書は、大国による強制外交(coercive diplomacy)に抵抗し続ける国家行動を、その国の政策決定者らの「情動(emotion)」から説明するものである。本書で扱われる主な情動は「恐れ(fear)」「怒り(anger)」「希望(hope)」「誇り(pride)」「屈辱(humiliation)」である。著者のロビン・マークウェカは、これら5つの情動をキューバ危機(1962年)と湾岸危機(1991年)における米国対ソ連、米国対イラクの2つのケースから検討している。本書には、強制外交を行う側(coercer)の情動についての課題などが残されているものの、「合理選択モデル(rational choices)」や「コンストラクティビズム(constructivism)」といった国際政治学における主要な理論と対比させる形で「情動選択モデル(emotional choices)」の構築を図っている点で高く評価できよう。<br />書評 続きを見る
98.

論文(AKAGI収録)

論文(AKAGI収録)
張, 渭涛
出版情報: 共愛学園前橋国際大学論集.  pp.39-65,  2020-03-31.  共愛学園前橋国際大学
概要: 本文は『園冶』の日本における版本の保存、及び世界への流布の現状を研究し、さらに「園冶」の術語の受容と定着、また近現代日本学術への『園冶』の影響を研究する。そのうえ日本在住の外国学者の研究成果、及び日中の間の『園冶』を巡る情報交流などを総合的 にまとめ、今迄の日中間の『園冶』の伝播と研究におけるその歴史と現状を全面的に把握しようと試みる。 続きを見る
99.

論文(AKAGI収録)

論文(AKAGI収録)
鈴木, 鉄忠
出版情報: 共愛学園前橋国際大学論集.  pp.177-198,  2020-03-31.  共愛学園前橋国際大学
概要: 本稿の目的は、海外フィールドの体験学習を通して、学習者自らが自己変容のきっかけをつかんでいくような学外アクティブ・ラーニングのあり方を検討することである。まず本稿の主題を観光研究における「真正性」をめぐる4つの立場に位置づけ、「観光のまなざ し」とアクターネットワーク理論(ANT)の「実在性」をめぐる論点を吟味する。次に2019年度開講の「海外フィールドワーク・イタリア」を事例にとりあげ、前期授業において「先入見の意識化」と「壊すための仮説づくり」の作業から、学生自身が「観光のまなざし」とステレオタイプを相対化するような機会を設けたことを論じる。そして夏期のイタリア調査を概観しながら、「本物を見た」という体験の重要性を指摘する。さらに、フィールドの「真正性」と学生の「観光のまなざし」の相互作用のプロセスを、学生の記したフィールドノートから検討する。それによって、現場の人間や事物を含めた異種混淆な要素との出会いが、学生のモノの見方の組み直しを引き起こしたことを明らかにする。<br />研究ノート 続きを見る
100.

論文(AKAGI収録)

論文(AKAGI収録)
小野, 哲治 ; Ono, Tetsuji ; 伊藤, 憲治 ; Itoh, Kenji ; 関本, 荘太郎 ; Sekimoto, Sotaro ; 角田, 晃一 ; Tsunoda, Koichi
出版情報: 群馬パース大学紀要.  pp.3-12,  2020-03-31.  群馬パース大学
概要: 先行研究で、国際10-20法のF8、Fz、F7 における計測データの性差や左右差について詳細な解析を行ったものが少ないことから、本研究では、センサ装着位置を検討するため、F8、Fz、F7 の左右性指標に基づく緩変化値と脈波成分について、表計 算ソフト(Microsoft Excel 2010)のデータ分析機能を用いて性差を含めた解析および比較を行い、開発を進めているBMI システムの応用性評価、計測データの統計処理方法、脳活動情報検出法のNIRS について検討した。解析結果より、脳活動時の神経伝達・左右半球処理など、各種処理には性差がある可能性が示唆された。このことから、本研究で採用した統計処理方法は、簡単に解析を行うことができ、開発を進めているBMI システムの応用性評価、センサの位置決め、BMI への応用・導入につながる基礎的な統計処理方法として有意義であると考える。今後、本研究で採用した解析方法だけではなく、多元配置分散分析を用いて交互作用など詳細な解析を行う必要があると考える。また、ECG、EEG、カプノメータなどを同時に使用した計測から、計測データの解析を行い、各種ノイズ解析および除去方法さらに脳内モード・ネットワークとのインターフェースについて、センサの位置決めや心拍変動パタンはじめ新たな生体情報の有効性などに関する検討を課題とする。 続きを見る