1.

論文(AKAGI収録)

論文(AKAGI収録)
伊藤, 賢一 ; ITO, Kenichi
出版情報: 群馬大学社会情報学部研究論集.  28  pp.1-15,  2021-03-01.  群馬大学社会情報学部
概要: As many schools across Japan have been abruptly closed since March 2020 due to the COVID-19 epidemic, we thought it was necessary to investigate how children across the country were spending their time under these circumstances. This paper provides an overview of the situation of children's Internet use and the concerns of their parents during the period of school recess, and discusses the social attributes that tend to be associated with the long hours of media use, and examines how the responses differ depending on the characteristics of the respondents. 続きを見る
2.

論文(AKAGI収録)

論文(AKAGI収録)
末松, 美知子 ; SUEMATSU, Michiko
出版情報: 群馬大学社会情報学部研究論集.  28  pp.17-28,  2021-03-01.  群馬大学社会情報学部
概要: As a preliminary study to assess the impact of digitalization on Shakespeare performance and performance studies in gene ral, this paper discusses how digitalization in the past few decades transformed Shakespeare performance per se, media to watch performance, and performance studies in UK and Japan. The Royal Shakespeare Company production of The Tempest (2016-17) is chosen as one of the most successful examples of Shakespeare performance that goes digital. The cutting-edge digital technology not only has created remarkable visual representations of ‘magic’ but successfully become integrated in the play’s dramatic narrative. Digitalization has also diversified the experience of watching performances beyond theatre via broadcast at movie theaters such as RSC Live from Stratford and NT Live, and digital platforms such as Globe Player and Digital Theatre. The paper also explores how digitalization can open up a new possibility of performance studies beyond geographic and time constraints, focusing on one of the digital archives, Asian Shakespeare Intercultural Archive (A|S|I|A), a multilingual online archive of Shakespeare performances from East and Southeast Asia. 続きを見る
3.

論文(AKAGI収録)

論文(AKAGI収録)
藤井, 正希 ; FUJII, Masaki
出版情報: 群馬大学社会情報学部研究論集.  28  pp.29-52,  2021-03-01.  群馬大学社会情報学部
概要: After the country enacted the Hate Speech Regulation law, many local governments enacted the Hate Speech Regulation Ordinances. Among them are ordinances that take a stricter attitude toward hate speech than national law. A representative example is the Kawasaki City Ordinance. This ordinance has the first criminal penalty for hate speech in Japan. This ordinance is extremely noteworthy. This paper aims to point out the ideal hate speech regulation Ordinance by comprehensively and critically studying the hate speech regulation Ordinances from a constitutional point of view. 続きを見る
4.

論文(AKAGI収録)

論文(AKAGI収録)
宮本, 俊一 ; 杉山, 学 ; MIYAMOTO, Shunichi ; SUGIYAMA, Manabu
出版情報: 群馬大学社会情報学部研究論集.  28  pp.53-65,  2021-03-01.  群馬大学社会情報学部
概要: While working as an Admission Coordinator at Gunma University from June 2019, we became aware of the issue of the role and position of the Admission Center at various national universities. The purpose of this paper is to clarify the current role and position of the Admission Center, which was established at a national university in the 2000s. Under these circumstances, it was found that the government's recent High School/University Articulation Reforms have affected the operations of the Admission Center, and its role has been expanding. 続きを見る
5.

論文(AKAGI収録)

論文(AKAGI収録)
宮本, 俊一 ; 杉山, 学 ; MIYAMOTO, Shunichi ; SUGIYAMA, Manabu
出版情報: 群馬大学社会情報学部研究論集.  28  pp.67-84,  2021-03-01.  群馬大学社会情報学部
概要: In this paper, we look back at the history of the birth of the profession called the “Admission Officers” belonging to t he admission center of the national university. How many “Admission Officers” exist in national universities in Japan, and their personnel composition is we will clarify what is going on. In addition, we would like to consider the current status, issues, and future of "Admission Officers" in which faculty members are mainly in Japan. 続きを見る
6.

論文(AKAGI収録)

論文(AKAGI収録)
大野, 富彦 ; OHNO, Tomihiko
出版情報: 群馬大学社会情報学部研究論集.  28  pp.85-98,  2021-03-01.  群馬大学社会情報学部
概要: This paper discusses about CSV (Creating Shared Value) of local company. First, we examine some previous studies about C SV and consider “Enabling local cluster” showed in Porter and Kramer (2011). Second, from the two cases of local companies in tourist destination, we suggest practical implication for other local companies. In tourist destination, local companies which having a sense of crisis are committed to their own local area and acting in cooperation with various partners. It is not GAFA model but close to ecosystem. 続きを見る
7.

論文(AKAGI収録)

論文(AKAGI収録)
前田, 泰 ; MAEDA, Yasushi
出版情報: 群馬大学社会情報学部研究論集.  28  pp.99-120,  2021-03-01.  群馬大学社会情報学部
概要: In the event of a dispute regarding a contract concluded by an anonymous trading system, the disadvantaged or damaged party loses the opportunity to receive legal remedies, due to anonymity. At present, this disadvantage or damage is neglected. This paper points out that is the problem. This paper insisted that the responsibility of the provider for disclosure of the party should be recognized, and that the anonymous system provider who refuses to disclose the party information due to the anonymous contract, should be liable for performance on behalf of the anonymous party. The insistence of this paper is based on the presumption of the party's intention that ""the party cannot wish to conclude a contract without the claim for the performance"". This paper further states that consent to an anonymous system contract does not constitute a manifestation of intention to renounce the possibility of a private law solution, and that it is not allowed to exclude the party from the legal order including mandatory provisions, on the grounds of an anonymous system contract agreement. 続きを見る
8.

論文(AKAGI収録)

論文(AKAGI収録)
森谷, 健 ; MORIYA, Takeshi
出版情報: 群馬大学社会情報学部研究論集.  28  pp.121-137,  2021-03-01.  群馬大学社会情報学部
概要: This paper is the first half of the paper which examines how the public hall newsletter of the early public hall is connected to the prewar local community media in the case of Tatsuoka Village and Shigeno Village in Nagano Prefecture. In Tatsuoka and Shigeno, local community media were published by local residents, especially young people, before the war. It will be discontinued due to the wartime regime. During the postwar democratization, a public hall was set up and a public hall newsletter was issued, but there are differences in the issuing systems in Tatsuoka and Shigeno. From these cases, it is clarified that the business of editing and publishing the local community media of residents from the early Showa period to 1940 will continue after the war, while being linked to national policies, especially social education (out-of-school education) and public hall policies. In this paper, it is revealed that in Tatsuoka village, the pre-war local community media publishing led to the publication of the post-war public hall newsletter. 続きを見る
9.

論文(AKAGI収録)

論文(AKAGI収録)
森谷, 健 ; MORIYA, Takeshi
出版情報: 群馬大学社会情報学部研究論集.  28  pp.139-152,  2021-03-01.  群馬大学社会情報学部
概要: This paper is the latter half of the paper which examines how the public hall newsletter of the early public hall is connected to the prewar local community media in the case of Tatsuoka Village and Shigeno Village in Nagano Prefecture. In this paper, the experience of publishing pre-war local community media in Shigeno village did not lead to the publication of the post-war public hall newsletter, and it was observed that the public hall newsletter was parallel to another local community media that draws on the flow of pre-war local community media. Finally, we considered the cases of Tsuoka and Shigeno, and pointed out that the pre-war local community media publishing was connected to the post-war local community media publishing while being linked to the acceptance and practice of post-war social education (out-of-school education) and public hall policies in the local community. 続きを見る
10.

論文(AKAGI収録)

論文(AKAGI収録)
松宮, 広和 ; MATSUMIYA, Hirokazu
出版情報: 群馬大学社会情報学部研究論集.  28  pp.153-173,  2021-03-01.  群馬大学社会情報学部
概要: On January 4, 2018, the Federal Communications Commission (FCC) released its Restoring Internet Freedom Order of 2017. T he FCC announced that the purpose of this Order is to promote broadband deployment in rural areas, increase infrastructure investment throughout the United States, foster innovation on the Internet, and eliminate the digital divide. This Order abolished virtually all the protections for "network neutrality" introduced by the FCC’s Open Internet Order of 2015. The new Order repealed (1) three bright-line rules that prohibit blocking, throttling and paid-prioritization, (2) a general Internet conduct standard, and (3) the transparency rule. The FCC asserts that the new "improved" transparency rule together with competition among Broadband Internet Access Service (BIAS) providers and the antitrust and consumer protection laws makes these rules unnecessary, and the new Order lowers the cost of achieving these targets. In fact, as expressed in the letter to the ranking members of Congress from Internet pioneers and other leaders on December 11, 2017, the abolishment of these rules will bring an imminent threat to the Internet by killing the "virtuous cycle" that drives innovation and investment on the Internet--both at the edges of the network, as well as in the network itself. The new Order is not sufficient to prevent the harm from open Internet violations by broadband providers. In addition, the influence of companies that construct their platforms in the Application Layer is not well considered. These companies have constructed their "walled garden" on the public Internet and taken full advantage of information and knowledge that they can exploit. This trend is accelerating with the technological developments in big data, Artificial Intelligence (AI), and the Internet of Things (IoT). Recently, some twenty-five state governments have tried to enact their own network neutrality laws. The California Internet Consumer Protection and Net Neutrality Act of 2018 is the "aristocrat," however, it still leaves much to be improved. Government authorities should design the additional framework that is necessary to retrieve and preserve the vibrant and open architecture of the Internet, recover and maintain the free flow of information and knowledge, and foster the future progress of the Internet. 続きを見る
11.

論文(AKAGI収録)

論文(AKAGI収録)
松宮, 広和 ; MATSUMIYA, Hirokazu
出版情報: 群馬大学社会情報学部研究論集.  28  pp.175-187,  2021-03-01.  群馬大学社会情報学部
概要: On January 4, 2018, the Federal Communications Commission (FCC) released its Restoring Internet Freedom Order of 2017. T he FCC announced that the purpose of this Order is to promote broadband deployment in rural areas, increase infrastructure investment throughout the United States, foster innovation on the Internet, and eliminate the digital divide. This Order abolished virtually all the protections for "network neutrality" introduced by the FCC’s Open Internet Order of 2015. The new Order repealed (1) three bright-line rules that prohibit blocking, throttling and paid-prioritization, (2) a general Internet conduct standard, and (3) the transparency rule. The FCC asserts that the new "improved" transparency rule together with competition among Broadband Internet Access Service (BIAS) providers and the antitrust and consumer protection laws makes these rules unnecessary, and the new Order lowers the cost of achieving these targets. In fact, as expressed in the letter to the ranking members of Congress from Internet pioneers and other leaders on December 11, 2017, the abolishment of these rules will bring an imminent threat to the Internet by killing the "virtuous cycle" that drives innovation and investment on the Internet--both at the edges of the network, as well as in the network itself. The new Order is not sufficient to prevent the harm from open Internet violations by broadband providers. In addition, the influence of companies that construct their platforms in the Application Layer is not well considered. These companies have constructed their "walled garden" on the public Internet and taken full advantage of information and knowledge that they can exploit. This trend is accelerating with the technological developments in big data, Artificial Intelligence (AI), and the Internet of Things (IoT). Recently, some twenty-five state governments have tried to enact their own network neutrality laws. The California Internet Consumer Protection and Net Neutrality Act of 2018 is the "aristocrat," however, it still leaves much to be improved. Government authorities should design the additional framework that is necessary to retrieve and preserve the vibrant and open architecture of the Internet, recover and maintain the free flow of information and knowledge, and foster the future progress of the Internet. 続きを見る
12.

論文(AKAGI収録)

論文(AKAGI収録)
出版情報: 群馬大学社会情報学部研究論集.  28  pp.189-226,  2021-03-01.  群馬大学社会情報学部
13.

論文(AKAGI収録)

論文(AKAGI収録)
大塚, 伸一
出版情報: 群馬大学大学院教育学研究科専門職学位課程(教職大学院)課題研究報告会資料集.  令和2年度  pp.4-8,  2021-02-10.  群馬大学大学院教育学研究科専門職学位課程(教職大学院)
14.

論文(AKAGI収録)

論文(AKAGI収録)
加藤, 慎一
出版情報: 群馬大学大学院教育学研究科専門職学位課程(教職大学院)課題研究報告会資料集.  令和2年度  pp.9-13,  2021-02-10.  群馬大学大学院教育学研究科専門職学位課程(教職大学院)
15.

論文(AKAGI収録)

論文(AKAGI収録)
金子, 雅代
出版情報: 群馬大学大学院教育学研究科専門職学位課程(教職大学院)課題研究報告会資料集.  令和2年度  pp.14-18,  2021-02-10.  群馬大学大学院教育学研究科専門職学位課程(教職大学院)
16.

論文(AKAGI収録)

論文(AKAGI収録)
関上, 秀
出版情報: 群馬大学大学院教育学研究科専門職学位課程(教職大学院)課題研究報告会資料集.  令和2年度  pp.19-23,  2021-02-10.  群馬大学大学院教育学研究科専門職学位課程(教職大学院)
17.

論文(AKAGI収録)

論文(AKAGI収録)
髙木, 慎也
出版情報: 群馬大学大学院教育学研究科専門職学位課程(教職大学院)課題研究報告会資料集.  令和2年度  pp.24-28,  2021-02-10.  群馬大学大学院教育学研究科専門職学位課程(教職大学院)
18.

論文(AKAGI収録)

論文(AKAGI収録)
長竹, 裕美
出版情報: 群馬大学大学院教育学研究科専門職学位課程(教職大学院)課題研究報告会資料集.  令和2年度  pp.29-33,  2021-02-10.  群馬大学大学院教育学研究科専門職学位課程(教職大学院)
19.

論文(AKAGI収録)

論文(AKAGI収録)
増山, 由貴子
出版情報: 群馬大学大学院教育学研究科専門職学位課程(教職大学院)課題研究報告会資料集.  令和2年度  pp.34-38,  2021-02-10.  群馬大学大学院教育学研究科専門職学位課程(教職大学院)
20.

論文(AKAGI収録)

論文(AKAGI収録)
森, 圭広
出版情報: 群馬大学大学院教育学研究科専門職学位課程(教職大学院)課題研究報告会資料集.  令和2年度  pp.39-43,  2021-02-10.  群馬大学大学院教育学研究科専門職学位課程(教職大学院)
21.

論文(AKAGI収録)

論文(AKAGI収録)
青木, 理恵
出版情報: 群馬大学大学院教育学研究科専門職学位課程(教職大学院)課題研究報告会資料集.  令和2年度  pp.44-48,  2021-02-10.  群馬大学大学院教育学研究科専門職学位課程(教職大学院)
22.

論文(AKAGI収録)

論文(AKAGI収録)
大野, 大樹
出版情報: 群馬大学大学院教育学研究科専門職学位課程(教職大学院)課題研究報告会資料集.  令和2年度  pp.49-53,  2021-02-10.  群馬大学大学院教育学研究科専門職学位課程(教職大学院)
23.

論文(AKAGI収録)

論文(AKAGI収録)
佐藤, 玲子
出版情報: 群馬大学大学院教育学研究科専門職学位課程(教職大学院)課題研究報告会資料集.  令和2年度  pp.54-58,  2021-02-10.  群馬大学大学院教育学研究科専門職学位課程(教職大学院)
24.

論文(AKAGI収録)

論文(AKAGI収録)
長井, 敦則
出版情報: 群馬大学大学院教育学研究科専門職学位課程(教職大学院)課題研究報告会資料集.  令和2年度  pp.59-63,  2021-02-10.  群馬大学大学院教育学研究科専門職学位課程(教職大学院)
25.

論文(AKAGI収録)

論文(AKAGI収録)
出版情報: 群馬大学大学院教育学研究科専門職学位課程(教職大学院)課題研究報告会資料集.  令和2年度  pp.65-77,  2021-02-10.  群馬大学大学院教育学研究科専門職学位課程(教職大学院)
26.

論文(AKAGI収録)

論文(AKAGI収録)
藤本, 宗利 ; FUJIMOTO, Munetoshi
出版情報: 群馬大学共同教育学部紀要. 人文・社会科学編.  70  pp.1-15,  2021-01-28.  群馬大学共同教育学部
27.

論文(AKAGI収録)

論文(AKAGI収録)
小林, 英樹 ; KOBAYASHI, Hideki
出版情報: 群馬大学共同教育学部紀要. 人文・社会科学編.  70  pp.17-25,  2021-01-28.  群馬大学共同教育学部
28.

論文(AKAGI収録)

論文(AKAGI収録)
永由, 徳夫 ; NAGAYOSHI, Norio
出版情報: 群馬大学共同教育学部紀要. 人文・社会科学編.  70  pp.27-37,  2021-01-28.  群馬大学共同教育学部
29.

論文(AKAGI収録)

論文(AKAGI収録)
河内, 昭浩 ; KAWAUCHI, Akihiro
出版情報: 群馬大学共同教育学部紀要. 人文・社会科学編.  70  pp.39-49,  2021-01-28.  群馬大学共同教育学部
30.

論文(AKAGI収録)

論文(AKAGI収録)
峯川, 浩一 ; 斎藤, 周 ; MINEKAWA, Koichi ; SAITO, Madoka
出版情報: 群馬大学共同教育学部紀要. 人文・社会科学編.  70  pp.51-69,  2021-01-28.  群馬大学共同教育学部
31.

論文(AKAGI収録)

論文(AKAGI収録)
関戸, 明子 ; SEKIDO, Akiko
出版情報: 群馬大学共同教育学部紀要. 人文・社会科学編.  70  pp.71-87,  2021-01-28.  群馬大学共同教育学部
32.

論文(AKAGI収録)

論文(AKAGI収録)
今井, 就稔 ; IMAI, Narumi
出版情報: 群馬大学共同教育学部紀要. 人文・社会科学編.  70  pp.89-101,  2021-01-28.  群馬大学共同教育学部
33.

論文(AKAGI収録)

論文(AKAGI収録)
三原, 智子 ; MIHARA, Tomoko
出版情報: 群馬大学共同教育学部紀要. 人文・社会科学編.  70  pp.103-111,  2021-01-28.  群馬大学共同教育学部
34.

論文(AKAGI収録)

論文(AKAGI収録)
金田, 仁秀 ; KANEDA, Masahide
出版情報: 群馬大学共同教育学部紀要. 人文・社会科学編.  70  pp.113-128,  2021-01-28.  群馬大学共同教育学部
35.

論文(AKAGI収録)

論文(AKAGI収録)
YAMADA, Toshiyuki
出版情報: 群馬大学共同教育学部紀要. 人文・社会科学編.  70  pp.129-143,  2021-01-28.  群馬大学共同教育学部
36.

論文(AKAGI収録)

論文(AKAGI収録)
村岡, 玲子 ; 霜田, 浩信 ; MURAOKA, Sachiko ; SHIMODA, Hironobu
出版情報: 群馬大学共同教育学部紀要. 人文・社会科学編.  70  pp.145-163,  2021-01-28.  群馬大学共同教育学部
37.

論文(AKAGI収録)

論文(AKAGI収録)
中野, 聡子 ; NAKANO, Satoko
出版情報: 群馬大学共同教育学部紀要. 人文・社会科学編.  70  pp.165-174,  2021-01-28.  群馬大学共同教育学部
38.

論文(AKAGI収録)

論文(AKAGI収録)
甲斐, 更紗 ; 金澤, 貴之 ; 二神, 麗子 ; 吉村, 京子 ; 木村, 素子 ; KAI, Sarasa ; KANAZAWA, Takayuki ; FUTAGAMI, Reiko ; YOSHIMURA, Kyoko ; KIMURA, Motoko
出版情報: 群馬大学共同教育学部紀要. 人文・社会科学編.  70  pp.175-189,  2021-01-28.  群馬大学共同教育学部
39.

論文(AKAGI収録)

論文(AKAGI収録)
新藤, 慶 ; SHINDO, Kei
出版情報: 群馬大学共同教育学部紀要. 人文・社会科学編.  70  pp.191-206,  2021-01-28.  群馬大学共同教育学部
40.

論文(AKAGI収録)

論文(AKAGI収録)
佐藤, 浩一 ; SATO, Koichi
出版情報: 群馬大学共同教育学部紀要. 人文・社会科学編.  70  pp.207-216,  2021-01-28.  群馬大学共同教育学部
41.

論文(AKAGI収録)

論文(AKAGI収録)
廣田, 莉奈 ; 山口, 陽弘 ; HIROTA, Rina ; YAMAGUCHI, Akihiro
出版情報: 群馬大学共同教育学部紀要. 人文・社会科学編.  70  pp.217-228,  2021-01-28.  群馬大学共同教育学部
42.

論文(AKAGI収録)

論文(AKAGI収録)
音山, 若穂 ; 井上, 孝之 ; 上村, 裕樹 ; OTOYAMA, Wakaho ; INOUE, Takayuki ; UEMURA, Hiroki
出版情報: 群馬大学共同教育学部紀要. 人文・社会科学編.  70  pp.229-239,  2021-01-28.  群馬大学共同教育学部
43.

論文(AKAGI収録)

論文(AKAGI収録)
大島, みずき ; OSHIMA, Mizuki
出版情報: 群馬大学共同教育学部紀要. 人文・社会科学編.  70  pp.241-250,  2021-01-28.  群馬大学共同教育学部
44.

論文(AKAGI収録)

論文(AKAGI収録)
小泉, 健輔 ; 半澤, 諒 ; 谷, 竜太  ; 植松, 敬太 ; KOIZUMI, Kensuke ; HANZAWA, Ryo ; TANI, Ryuta ; UEMATSU, Keita
出版情報: 群馬大学共同教育学部紀要. 自然科学編.  69  pp.1-12,  2021-01-28.  群馬大学共同教育学部
45.

論文(AKAGI収録)

論文(AKAGI収録)
飯塚, 雅哉 ; 早川, 由紀夫 ; IIDUKA, Masaya ; HAYAKAWA, Yukio
出版情報: 群馬大学共同教育学部紀要. 自然科学編.  69  pp.13-26,  2021-01-28.  群馬大学共同教育学部
46.

論文(AKAGI収録)

論文(AKAGI収録)
山内, 宗治 ; 益田, 裕光 ; 栗原, 淳一 ; 上原, 永次 ; 日暮, 利明 ; 大井, 俊和 ; YAMAUCHI, Souji ; MASUDA, Hiromitsu ; KURIHARA, Jun-ichi ; UEHARA, Eiji ; HIGURE, Toshiaki ; OI, Toshikazu
出版情報: 群馬大学共同教育学部紀要. 自然科学編.  69  pp.27-34,  2021-01-28.  群馬大学共同教育学部
47.

論文(AKAGI収録)

論文(AKAGI収録)
佐野(熊谷), 史 ; KUMAGAI-SANO, Fumi
出版情報: 群馬大学共同教育学部紀要. 自然科学編.  69  pp.35-40,  2021-01-28.  群馬大学共同教育学部
48.

論文(AKAGI収録)

論文(AKAGI収録)
栗原, 淳一 ; 湯本, 裕貴 ; 柏木, 純 ; 益田, 裕充 ; KURIHARA, Jun-ichi ; YUMOTO, Hiroki ; KASIWAGI, Jun ; MASUDA, Hiromitsu
出版情報: 群馬大学共同教育学部紀要. 自然科学編.  69  pp.41-50,  2021-01-28.  群馬大学共同教育学部
49.

論文(AKAGI収録)

論文(AKAGI収録)
佐藤, 綾 ; 下田, 崇人 ; SATO, Aya ; SHIMODA, Takahito
出版情報: 群馬大学共同教育学部紀要. 自然科学編.  69  pp.51-59,  2021-01-28.  群馬大学共同教育学部
50.

論文(AKAGI収録)

論文(AKAGI収録)
日暮, 利明 ; 益田, 裕充 ; HIGURE, Toshimitsu ; MASUDA, Hiromitsu
出版情報: 群馬大学共同教育学部紀要. 自然科学編.  69  pp.61-69,  2021-01-28.  群馬大学共同教育学部
51.

論文(AKAGI収録)

論文(AKAGI収録)
茂木, 一司 ; 多胡, 宏 ; 竹丸, 草子 ; MOGI, Kazuji ; TAGO, Hiroshi ; TAKEMARU, Soko
出版情報: 群馬大学共同教育学部紀要. 芸術・技術・体育・生活科学編.  56  pp.1-15,  2021-01-28.  群馬大学共同教育学部
52.

論文(AKAGI収録)

論文(AKAGI収録)
林, 耕史 ; HAYASHI, Koshi
出版情報: 群馬大学共同教育学部紀要. 芸術・技術・体育・生活科学編.  56  pp.17-30,  2021-01-28.  群馬大学共同教育学部
53.

論文(AKAGI収録)

論文(AKAGI収録)
齋江, 貴志 ; SAIE, Takashi
出版情報: 群馬大学共同教育学部紀要. 芸術・技術・体育・生活科学編.  56  pp.31-41,  2021-01-28.  群馬大学共同教育学部
54.

論文(AKAGI収録)

論文(AKAGI収録)
喜多村, 徹雄
出版情報: 群馬大学共同教育学部紀要. 芸術・技術・体育・生活科学編.  56  pp.43-57,  2021-01-28.  群馬大学共同教育学部
55.

論文(AKAGI収録)

論文(AKAGI収録)
市川, 寛也 ; ICHIKAWA, Hiroya
出版情報: 群馬大学共同教育学部紀要. 芸術・技術・体育・生活科学編.  56  pp.59-68,  2021-01-28.  群馬大学共同教育学部
56.

論文(AKAGI収録)

論文(AKAGI収録)
青柳, 千春 ; 中村, 千景 ; 田村, 恭子 ; 丸山, 幸恵 ; 佐光, 恵子 ; 高橋, 珠実 ; 新井, 淑弘 ; AOYAGI, Chiharu ; NAKAMURA, Chikage ; TAMURA, Kyoko ; MARUYAMA, Yukie ; SAKOU, Keiko ; TAKAHASHI, Tamami ; ARAI, Yoshihiro
出版情報: 群馬大学共同教育学部紀要. 芸術・技術・体育・生活科学編.  56  pp.69-82,  2021-01-28.  群馬大学共同教育学部
57.

論文(AKAGI収録)

論文(AKAGI収録)
木山, 慶子 ; 張, 瓊方 ; KIYAMA, Keiko ; CHANG, CHIUNG FANG
出版情報: 群馬大学共同教育学部紀要. 芸術・技術・体育・生活科学編.  56  pp.83-91,  2021-01-28.  群馬大学共同教育学部
58.

論文(AKAGI収録)

論文(AKAGI収録)
中雄, 勇人 ; 霜触, 智紀 ; NAKAO, Hayato ; SHIMOFURE, Tomonori
出版情報: 群馬大学共同教育学部紀要. 芸術・技術・体育・生活科学編.  56  pp.93-97,  2021-01-28.  群馬大学共同教育学部
59.

論文(AKAGI収録)

論文(AKAGI収録)
田井, 健太郎 ; 元嶋, 菜美香 ; 神野, 周太郎 ; 宮良, 敏行 ; 宮本, 彩 ; 正見, こずえ ; 野尻, 奈央子 ; 高橋, 浩二 ; TAI, Kentaro ; MOTOSHIMA, Namika ; JINNO, Shutaro ; MIYARA, Toshiyuki ; MIYAMOTO, Aya ; MASAMI, Kozue ; NOJIRI, Naoko ; TAKAHASHI, Koji
出版情報: 群馬大学共同教育学部紀要. 芸術・技術・体育・生活科学編.  56  pp.99-107,  2021-01-28.  群馬大学共同教育学部
60.

論文(AKAGI収録)

論文(AKAGI収録)
島, 孟留 ; 中雄, 勇人 ; 田井, 健太郎 ; 霜触, 智紀 ; 木山, 慶子 ; 新井, 淑弘 ; 鬼澤, 陽子 ; SHIMA, Takeru ; NAKAO, Hayato ; TAI, Kentaro ; SHIMOFURE, Tomonori ; KIYAMA, Keiko ; ARAI, Yoshihiro ; ONIZAWA, Yoko
出版情報: 群馬大学共同教育学部紀要. 芸術・技術・体育・生活科学編.  56  pp.109-117,  2021-01-28.  群馬大学共同教育学部
61.

論文(AKAGI収録)

論文(AKAGI収録)
荒川, 大地 ; 町田, 真彦 ; 橋詰, 倫典 ; 古田, 貴久 ; ARAKAWA, Daichi ; MACHIDA, Masahiko ; HASHIZUME, Tomonori ; FURUTA, Takahisa
出版情報: 群馬大学共同教育学部紀要. 芸術・技術・体育・生活科学編.  56  pp.119-124,  2021-01-28.  群馬大学共同教育学部
62.

論文(AKAGI収録)

論文(AKAGI収録)
小熊, 良一 ; 日暮, 利明 ; 岩﨑, 綾乃 ; OGUMA, Ryoichi ; HIGURE, Toshiaki ; IWAZAKI, Ayano
出版情報: 群馬大学共同教育学部紀要. 芸術・技術・体育・生活科学編.  56  pp.125-130,  2021-01-28.  群馬大学共同教育学部
63.

論文(AKAGI収録)

論文(AKAGI収録)
田中, 麻里 ; TACHAKITKACHORN, Terdsak
出版情報: 群馬大学共同教育学部紀要. 芸術・技術・体育・生活科学編.  56  pp.131-138,  2021-01-28.  群馬大学共同教育学部
64.

論文(AKAGI収録)

論文(AKAGI収録)
安藤, 鋭也
出版情報: 上武大学ビジネス情報学部紀要.  19  pp.35-60,  2020-12-21.  上武大学
概要: 英国によるEU離脱・米国におけるトランプ大統領誕生といった、世の中の予測に反する出来事が相次いでいる。英国によるEU離脱を、IFRSに引き寄せると次の問題意識が生じる。第1に、個別のIFRSに対する問題意識である。英国とEUの離脱交渉は2年 、あるいはそれ以上かかると言われている。このような状況において、予想される為替や株価の変動といった資本市場の不確実性が、個別のIFRSにおける見積りに、どのような影響を与えるだろう。第2に、IFRS全体に対する問題意識である。域内国境のない地域創設や経済通貨統合を通じた、経済的・社会的発展というトップダウン型理念に基づいて組成されたEUから英国が離脱を決めたことは、財務諸表の透明性や比較可能性の向上が、利用者の経済的意思決定に資するというトップダウン型理念に基づくIFRSに、どのような影響を与えるだろう。確かに、英国によるEU離脱で、英国上場企業が連結財務諸表の作成・開示において、直ちにIFRS を使わなくなるわけではない。しかし、EU離脱後のIFRS改正時には、EUと英国で判断が異なり、IFRSといっても、実質的に別の会計基準となる可能性もある。この点、IFRSを任意適用する日本は、EUが承認したIFRSではなく、金融庁が承認したIFRSを適用している。したがって、英国によるEU離脱の影響を直ちに直接受けるわけではない。しかし、世界中どの国でも同じ物差しというIFRSの規範は、見直しを余儀なくされ得る。であれば、今のうちに、英国によるEU離脱後のIFRSの行く末を見据えて、日本基準のあり方を検討しておく必要があるのではないか。そこで、本稿においては、先ず、英国による EU離脱を概観する。次に、IFRSにおける EU離脱の影響を検討する。最後に、IFRSにおけるEU離脱の影響を踏まえた日本基準のあり方とその土台になるものを示し、結びに代える。 続きを見る
65.

論文(AKAGI収録)

論文(AKAGI収録)
青山, 訓与 ; Aoyama, Noriyo ; アオヤマ, ノリヨ
出版情報: 高崎商科大学紀要.  pp.129-140,  2020-12-20.  高崎商科大学メディアセンター
概要: 企業を評価するのは誰なのか。企業外部にいる人間と限定した場合に、企業に関する情報入手には制限が伴うこととなる。上場企業に関しては、法的な裏付けのもと有価証券報告書を提出している。また株式上場にあたっても規則で書類の提出が求められ、自主的な公 開として IR など HP で情報公開している場合もある。しかし、企業情報はそれだけではない。さまざまな情報が世の中に飛び交っており、情報過多などと表現されたりもするが、昨今のインターネットの世界における企業評判、名声、口コミと言われるレピュテーションも企業情報の 1 つであり、企業の評価の 1 つの視点である。その企業情報の情報価値はどこにあるのか。情報価値は、誰にとっての情報価値なのかによって内容も力点も異なる。企業側の情報価値なのか、 利害関係者にとっての情報価値なのか。さらに、その情報がどのように用いられるものなのかという目的からも情報価値は異なる。企業の評価という立場から情報価値を眺めた時に重要となるのは、その評価の有用性にあることは当然であるが、そもそも事実であるかどうかが問われるのが情報価値であり、その事実・真実はどこにあるのか。会計情報に問われる信頼性の付与という問題と同様にレピュテーションも信憑性の神髄にある主観的ではあるものの事実・真実が追求されていることに触れた。また、レピュテーションから企業評価を眺めた時に見えてくる評価の不確かさ危うさについて確認すると同時に、企業は評価を通じて社会から育まれ、そのプロセスの 1 つとして企業にかかわる情報としての価値を社会とともに高めていく必要性に触れた。 続きを見る
66.

論文(AKAGI収録)

論文(AKAGI収録)
滝井, 元視 ; Takii, Motomi ; たきい, もとみ
出版情報: 高崎商科大学紀要.  pp.141-153,  2020-12-20.  高崎商科大学メディアセンター
概要: キャリア教育の観点から、インターンシップへの参加が学生にとって有意義な経験をもたらすことは言を俟たない。しかし、その参加姿勢に見られる温度差は、その教育的効果を考える上で無視できるものではない。近年では単位認定型のインターンシップが増加の傾 向にある。これは、教育機関としては学生をインターンシップへ誘因するための仕掛けに他ならない。しかし、その一方で実際に参加する学生にとっては、インターンシップへの参加が「単位取得のため」の作業となっている側面もあり、その目的が形骸化しつつある状況は否定できない。  本稿では、本学の短期大学生を対象にインターンシップへの参加準備として既に行っている事前教育の改革を試み、その成果を示すことができた。学生のモチベーションを高める効果的な事前教育のポイントを整理することができ、また今後の事前教育の更なる質的向上に向けた手掛かりを得るに至った。 続きを見る
67.

論文(AKAGI収録)

論文(AKAGI収録)
前沢, 知子
出版情報: 高崎商科大学紀要.  pp.203-212,  2020-12-20.  高崎商科大学メディアセンター
概要: 本研究は、アートを通した「認識」の転換について、アート分野の授業を通した「認識」の変化に着 目し、授業を受講した学生の「認識」の変化から考察を行うものである。現代ビジネス学科における 「美術」の授業を対象として、受講した学生の「認識」の変化 について質問紙調査から分析・考察を行 う。結果として、「美術」を受講することにより、学生には「認識」の変化がもたらされることがわ かった。そこでは、受講科目である「美術」と学生の身近な事柄である「生活」において、「認識」の 変化が引き起こされ、日常生活においてアートに関連する要素が、アートへの理解を深め、「認識」に 影響していることが明らかになった。そして「美術」の授業においては、授業の時間のみならず、日常 生活と往還しながら理解を深め、「認識」の変化を引き起こすことがわかった。 続きを見る
68.

論文(AKAGI収録)

論文(AKAGI収録)
Fujieda, Yutaka
出版情報: 共愛学園前橋国際大学論集.  pp.1-13,  2020-03-31.  共愛学園前橋国際大学
概要: Emotions regarding second language (L2) writing have been examined using qualitative methods. Current research has explo red how L2 learners present emotions about experiences and specific events through writing using qualitative approaches. However, such investigations have only explored the learners’ emotions through the lens of the textual level. Emotions involve complex feelings and sense, and equally, the writers have unspeakable feelings. To better understand the feelings that can be difficult to articulate, the Focusing (Gendlin, 1978) and Thinking At the Edge (TAE) (Gendlin & Hendricks, 2004) methods can be applied to emotional studies of L2 writing as an innovative tool. This paper focuses primarily on emotional studies of L2 writers. It reviews the author’s pilot study of Japanese EFL (English as a foreign language) writers, and their felt sense of writing in English employing TAE methods. Finally, this paper provides research implications for emotions in L2 writing. 続きを見る
69.

論文(AKAGI収録)

論文(AKAGI収録)
平田, 郁美 ; 佐藤, 千代美 ; 吉野, 隼 ; 長尾, ひろみ
出版情報: 共愛学園前橋国際大学論集.  pp.15-38,  2020-03-31.  共愛学園前橋国際大学
概要: 国立情報学研究所新井紀子氏らが提唱した「事実を他者に伝達・共有するための文書」を正確に読む力を測るReading Skill Testの成績と、「平成31年度全国学力・学習状況調査国語、数学、英語」の成績の関連性を調べた。本学園中学校3年生 80名対象の調査では、3教科ともReading Skill Testの成績と正の相関があり、相関は数学、国語、英語の順に強い。 続きを見る
70.

論文(AKAGI収録)

論文(AKAGI収録)
謝, 志海
出版情報: 共愛学園前橋国際大学論集.  pp.67-82,  2020-03-31.  共愛学園前橋国際大学
概要: 近年、中国の高速鉄道は飛躍的に発展しており、高速鉄道の技術そのものを積極的に海外へ輸出している。とりわけ、「一帯一路」戦略の下で東南アジア、アフリカ等の国々で高速鉄道の建設に参入し、いわゆる「高速鉄道外交」を展開している。また、日本との競争 も注目されている。本稿は、いくつかの国での高速鉄道の建設事例を分析し、中国の「高速鉄道外交」の動因、効果や問題点を検証する。さらに日本の新幹線技術の海外輸出と比較しながら、経済、貿易、地政学、外交等の側面から総合的に中国の「高速鉄道外交」を考察してゆく。 続きを見る
71.

論文(AKAGI収録)

論文(AKAGI収録)
園田, 敦子
出版情報: 共愛学園前橋国際大学論集.  pp.83-97,  2020-03-31.  共愛学園前橋国際大学
概要: ALTが外国語指導助手として教室内でティーム・ティーチングに携わることは、生徒が生きた英語に触れると同時に、英語を使う必然性や学ぶ喜びをもたらすという点で、外国語の学びに寄与すると考えられる(米山、2011)。文部科学省もまた、日本人英語教 師(JTE)とALTが協働して授業を実施することを積極的に推奨しており、ALTの数は年々増えている。しかしながら、日本の教育現場におけるALTの役割は曖昧であり、本来のティーム・ティーチングを可能にするALTとJTEのコミュニケーションが質・量ともに不足しているという指摘もある。本研究では、ALT890名のアンケート分析を通して、実際の教室において、JTEとALTがどの程度やりとりを交わし、その交流頻度によってALTの役割やJTEに抱く問題意識に何らかの影響を及ぼしているかについて考察する。 続きを見る
72.

論文(AKAGI収録)

論文(AKAGI収録)
Okai, Hirofumi
出版情報: 共愛学園前橋国際大学論集.  pp.99-119,  2020-03-31.  共愛学園前橋国際大学
概要: This research aims to explore and analyze the perceptions local residents living in an area with a masjid have of Islam and Muslims. A text mining method was employed to identify components that make up their perceptions, and as a result, six clusters were extracted (“evaluation based on experience in a local community,” “aspect of negative feelings regarding conflict,” “aspect of a typical image regarding radicalism and terrorism,” “aspect of positive evaluation,” “aspect of knowledge,” and “aspect of fear.”). How such perceptions can change or evolve, in relation to the social interactions Muslims and non-Muslim may have, must be closely investigated in future researches. 続きを見る
73.

論文(AKAGI収録)

論文(AKAGI収録)
Endo, Machiko
出版情報: 共愛学園前橋国際大学論集.  pp.121-134,  2020-03-31.  共愛学園前橋国際大学
概要: The purpose of this study is to examine the effects of studying aloud on English vocabulary learning by Japanese learner s. It was hypothesized that studying aloud is more effective than silent study. On the contrary, no effectiveness was found for studying aloud. An additional questionnaire survey was conducted and it revealed that many of the subjects used katakana words when they read the target words and they didn’t care about the correct pronunciation of the target words. 続きを見る
74.

論文(AKAGI収録)

論文(AKAGI収録)
遠藤, 真知子
出版情報: 共愛学園前橋国際大学論集.  pp.135-145,  2020-03-31.  共愛学園前橋国際大学
概要: ペアで英語で会話をするアクティビティを行うのが難しい学習者でも、楽しみながら英語で情報をやり取りできるアクティビティ(Listen and Tell アクティビティ)を考案した。このアクティビティに取り組んだ学生にアンケート調査を行い、その 結果を、ペアで英語で会話するアクティビティを行った場合と比較した結果、Listen and Tell アクティビティの方が、楽しみながらパートナーと情報を交換することができ、学習者の内的動機づけを高めるのに効果的であることがわかった。 続きを見る
75.

論文(AKAGI収録)

論文(AKAGI収録)
岸, 一弘
出版情報: 共愛学園前橋国際大学論集.  pp.147-168,  2020-03-31.  共愛学園前橋国際大学
概要: 小学校学習指導要領が改訂され、2020年度から完全実施になる。小学校学習指導要領解説体育編(文部科学省, 2018)の領域「ゲーム」及び「ボール運動」では、バドミントンに関わる運動が初めて例示されている。本研究の目的は、小学校第2学年体育科 における運動遊びとゲームの先導的な授業実践を分析・検討することによって、著者が創案したバドミントンに関わる学習プログラム(教材を含む)や学習指導計画等の検証を行うための基礎データを得ることである。今回は、授業中の児童の投球動作(シャトルのスロー回数とキャッチ回数並びに運動形態)について報告する。また、中学年の学習指導案を別添資料に示している。これらのことで、バドミントンに関わる運動(遊び)の低学年・中学年・高学年(既報)の学習指導案を提示したことになる。<br />研究ノート 続きを見る
76.

論文(AKAGI収録)

論文(AKAGI収録)
本多, 正直 ; 反町, 優太
出版情報: 共愛学園前橋国際大学論集.  pp.169-176,  2020-03-31.  共愛学園前橋国際大学
概要: 共愛学園の理数部会では、中学高校の生徒に理数系への興味関心を持たせるためにSTEAM教育の在り方を検討し、視察や教材について議論を重ねてきた。生徒に関心を持ってもらう第一歩として、共愛学園高校の生徒にドレミパイプの置台を制作する課題を課した 。生徒たちの取り組みの過程を解説し、課題の効果について検証する。<br />研究ノート 続きを見る
77.

論文(AKAGI収録)

論文(AKAGI収録)
大谷, 翔 ; 西舘, 崇
出版情報: 共愛学園前橋国際大学論集.  pp.199-213,  2020-03-31.  共愛学園前橋国際大学
概要: 本稿は、2019年に本学が行った2件の留学生インターンシップ事業の意義を検討するものである。2件の事業はいずれも群馬県内の企業にて行ったが、その特徴はインターン生と受入企業側が互いに学び合うことを意図した「双発型インターンシップ」にある。母 国と日本、両国の文化と言語に慣れた留学生は、労働力不足を補うための単なる「労働力予備軍」ではない。留学生が自身の可能性を発揮することのできる就業条件を考えていくためには、受入企業が「教え」、留学生が「学ぶ」タイプのインターンではなく、双方が主体的に「教える」存在となり、また「学ぶ」存在となる双発型での就業体験が求められるのではないか。本稿は、この型のインターンシップに参加した学生と企業、大学の三者から見た意義を検討し、今後のさらなる留学生インターンシップに向けた課題と展望を述べる。<br />研究ノート 続きを見る
78.

論文(AKAGI収録)

論文(AKAGI収録)
古川, 敦子 ; 小池, 亜子
出版情報: 共愛学園前橋国際大学論集.  pp.215-224,  2020-03-31.  共愛学園前橋国際大学
概要: 公立の小中学校において外国人児童生徒等に日本語指導の「特別の教育課程」を実施する際は、指導目的の設定から評価までを記載した「個別の指導計画」の作成が求められる。しかし実際の教育現場では、その作成や使い方等に課題があり、十分に活用しきれていな いという声も聞かれる。本稿では、伊勢崎市の小中学校で日本語指導に携わる教員を対象に「個別の指導計画」作成についての質問紙調査、およびインタビュー調査を行い、課題を抽出した。その結果、校内の指導者間の情報共有と連携がまだ不十分であること、指導計画の具体的な書き方例の提示が必要なことが示された。<br />研究ノート 続きを見る
79.

論文(AKAGI収録)

論文(AKAGI収録)
西舘, 崇
出版情報: 共愛学園前橋国際大学論集.  pp.225-230,  2020-03-31.  共愛学園前橋国際大学
概要: 本稿は、Markwica, Robin (2018) Emotional Choices: How the Logic of Affect Shapes Coercive Diplomacy, Oxford: Oxford Universi ty Press(『情動選択モデル:感情の論理はいかに強制外交を形づくるのか』(評者による仮訳))の書評である。本書は、大国による強制外交(coercive diplomacy)に抵抗し続ける国家行動を、その国の政策決定者らの「情動(emotion)」から説明するものである。本書で扱われる主な情動は「恐れ(fear)」「怒り(anger)」「希望(hope)」「誇り(pride)」「屈辱(humiliation)」である。著者のロビン・マークウェカは、これら5つの情動をキューバ危機(1962年)と湾岸危機(1991年)における米国対ソ連、米国対イラクの2つのケースから検討している。本書には、強制外交を行う側(coercer)の情動についての課題などが残されているものの、「合理選択モデル(rational choices)」や「コンストラクティビズム(constructivism)」といった国際政治学における主要な理論と対比させる形で「情動選択モデル(emotional choices)」の構築を図っている点で高く評価できよう。<br />書評 続きを見る
80.

論文(AKAGI収録)

論文(AKAGI収録)
張, 渭涛
出版情報: 共愛学園前橋国際大学論集.  pp.39-65,  2020-03-31.  共愛学園前橋国際大学
概要: 本文は『園冶』の日本における版本の保存、及び世界への流布の現状を研究し、さらに「園冶」の術語の受容と定着、また近現代日本学術への『園冶』の影響を研究する。そのうえ日本在住の外国学者の研究成果、及び日中の間の『園冶』を巡る情報交流などを総合的 にまとめ、今迄の日中間の『園冶』の伝播と研究におけるその歴史と現状を全面的に把握しようと試みる。 続きを見る
81.

論文(AKAGI収録)

論文(AKAGI収録)
鈴木, 鉄忠
出版情報: 共愛学園前橋国際大学論集.  pp.177-198,  2020-03-31.  共愛学園前橋国際大学
概要: 本稿の目的は、海外フィールドの体験学習を通して、学習者自らが自己変容のきっかけをつかんでいくような学外アクティブ・ラーニングのあり方を検討することである。まず本稿の主題を観光研究における「真正性」をめぐる4つの立場に位置づけ、「観光のまなざ し」とアクターネットワーク理論(ANT)の「実在性」をめぐる論点を吟味する。次に2019年度開講の「海外フィールドワーク・イタリア」を事例にとりあげ、前期授業において「先入見の意識化」と「壊すための仮説づくり」の作業から、学生自身が「観光のまなざし」とステレオタイプを相対化するような機会を設けたことを論じる。そして夏期のイタリア調査を概観しながら、「本物を見た」という体験の重要性を指摘する。さらに、フィールドの「真正性」と学生の「観光のまなざし」の相互作用のプロセスを、学生の記したフィールドノートから検討する。それによって、現場の人間や事物を含めた異種混淆な要素との出会いが、学生のモノの見方の組み直しを引き起こしたことを明らかにする。<br />研究ノート 続きを見る
82.

論文(AKAGI収録)

論文(AKAGI収録)
小野, 哲治 ; Ono, Tetsuji ; 伊藤, 憲治 ; Itoh, Kenji ; 関本, 荘太郎 ; Sekimoto, Sotaro ; 角田, 晃一 ; Tsunoda, Koichi
出版情報: 群馬パース大学紀要.  pp.3-12,  2020-03-31.  群馬パース大学
概要: 先行研究で、国際10-20法のF8、Fz、F7 における計測データの性差や左右差について詳細な解析を行ったものが少ないことから、本研究では、センサ装着位置を検討するため、F8、Fz、F7 の左右性指標に基づく緩変化値と脈波成分について、表計 算ソフト(Microsoft Excel 2010)のデータ分析機能を用いて性差を含めた解析および比較を行い、開発を進めているBMI システムの応用性評価、計測データの統計処理方法、脳活動情報検出法のNIRS について検討した。解析結果より、脳活動時の神経伝達・左右半球処理など、各種処理には性差がある可能性が示唆された。このことから、本研究で採用した統計処理方法は、簡単に解析を行うことができ、開発を進めているBMI システムの応用性評価、センサの位置決め、BMI への応用・導入につながる基礎的な統計処理方法として有意義であると考える。今後、本研究で採用した解析方法だけではなく、多元配置分散分析を用いて交互作用など詳細な解析を行う必要があると考える。また、ECG、EEG、カプノメータなどを同時に使用した計測から、計測データの解析を行い、各種ノイズ解析および除去方法さらに脳内モード・ネットワークとのインターフェースについて、センサの位置決めや心拍変動パタンはじめ新たな生体情報の有効性などに関する検討を課題とする。 続きを見る
83.

論文(AKAGI収録)

論文(AKAGI収録)
吉岡, 淳 ; Yoshioka, Jun ; 八鍬, 純 ; Yakuwa, Jun ; 森兼, 啓太 ; Morikane, Keita ; 島崎, 直也 ; Shimazaki, Naoya ; 加藤, 正太 ; Kato, Shota ; 近土, 真由美 ; Kondo, Mayumi ; 芝本, 隆 ; Shibamoto, Takashi
出版情報: 群馬パース大学紀要.  pp.13-19,  2020-03-31.  群馬パース大学
概要: 患者や医療従事者が触れる機会の多い医療機器の表面消毒は非常に重要であり、医療機器表面の汚染の度合いによっては感染の危険性を生じる。しかし、環境表面の殺菌は、清掃スタッフにより手で行われているが、拭き残しの発生や薬剤耐性菌への効果が薄いことが 課題とされている。そこで、本研究においては、キセノン紫外線消毒ロボット及び消毒ポッド(LS-DP システム)を導入し、用手清拭後、紫外線照射後の2つのタイミングで各種医療機器における表面採取、培養を行い、菌コロニーの検出数から評価を行った。その結果、全ての機器において、紫外線照射後のコロニー数は清拭後に比べて有意差を持って低かった。用手清拭後に多くの菌が培養、検出され、清掃スタッフにより手で行われる清掃には物理的に清拭できない部位があり、紫外線照射を用手清拭後に行うことで消毒効果が上乗せされ、医療機器を介する院内感染の防止に有用であると示唆された。 続きを見る
84.

論文(AKAGI収録)

論文(AKAGI収録)
西本, 千尋 ; Nishimoto, Chihiro ; 小野, 哲治 ; Ono, Tetsuji ; 芝本, 隆 ; Shibamoto, Takashi
出版情報: 群馬パース大学紀要.  pp.21-24,  2020-03-31.  群馬パース大学
85.

論文(AKAGI収録)

論文(AKAGI収録)
佐藤, 求 ; Sato, Motom ; 西本, 千尋 ; Nishimoto, Chihiro
出版情報: pp.25-29,  2020-03-31.  群馬パース大学
86.

論文(AKAGI収録)

論文(AKAGI収録)
萩原, 一美 ; Hagiwara, Kazumi
出版情報: pp.31-39,  2020-03-31.  群馬パース大学
87.

論文(AKAGI収録)

論文(AKAGI収録)
臼井, 淳美 ; Usui, Atsumi ; 中島, 久美子 ; Nakajima, Kumiko ; 早川, 有子 ; Hayakawa, Yuko
出版情報: 群馬パース大学紀要.  pp.41-47,  2020-03-31.  群馬パース大学
88.

論文(AKAGI収録)

論文(AKAGI収録)
衣川, 隆 ; Kinugawa, Takashi
出版情報: 群馬パース大学紀要.  pp.49-54,  2020-03-31.  群馬パース大学
概要: 背景・目的: 鏡視下腱板修復術後、ストレッチポールエクササイズ(以下SPE)によって投球動作を再獲得した症例を得たので報告する。対象者:50歳男性、発症約1か月後、A病院にて右棘上筋部分断裂と診断され後日鏡視下腱板修復術を施行した。経 過: 2か月~8か月:運動機能改善SPE 実施期間を経て、術後8か月では、屈曲170°外旋60°結帯動作T11まで改善が見られた。9か月~10か月: 投球動作訓練SPE 実施期間後の術後10か月、コッキング時に鞭のような伸展運動の投球が行える。18m位の距離で最大力70%位の力で投球が行えるようになった。考 察:ストレッチポールを横にして行った投球動作訓練SPE を開始してから2か月、肩関節と筋肉のバランスや、投球運動連鎖をタイミングよくストレッチポールを動かしたことによって、肩甲上腕リズムのリアライメントにつながり、投球動作に必要な肩関節複合体や各部位の協調が取れてきたと考える。 続きを見る
89.

論文(AKAGI収録)

論文(AKAGI収録)
宮越, 俊一 ; 田部井, 仁美
出版情報: 群馬高専レビュー.  pp.1-6,  2020-03-31.  群馬工業高等専門学校
90.

論文(AKAGI収録)

論文(AKAGI収録)
谷村, 嘉恵
出版情報: 群馬高専レビュー.  pp.7-10,  2020-03-31.  群馬工業高等専門学校
概要: In this study, the following findings were obtained as a result of energizing the artificially prepared ammonium carbonate solution and potassium nitrate solution. (1) By energizing the ammonium carbonate solution, a part of ammonium ions in the solution changes into the ammonia gas and diffuses into air, and a part of ammonium ions changes into the nitric acid and exists as nitrate-nitrogen in water. (2) By energizing the potassium nitrate solution, nitrate-nitrogen in the solution decreases. 続きを見る
91.

論文(AKAGI収録)

論文(AKAGI収録)
谷村, 嘉恵
出版情報: 群馬高専レビュー.  pp.11-14,  2020-03-31.  群馬工業高等専門学校
概要: In this study, the following findings were obtained from experimental studies on ions in water, the amount of deposits on electrodes and the adhesion elements by changing the energization time, applied voltage, and materials of cathode electrode. (1)The higher the total ions in water, i.e., the higher the electric conductivity of water, which makes it easier to pass electricity, but the less effect of removing algae in water by adhering to the anode. (2)Although deposits on cathode increase due to energization, as the energization time increases, the area of the cathode that can be deposited and metal ions in water decrease, so the rate of increase in cathode deposits decreases. (3)The amount of deposits on the cathode shows a positive correlation with the applied voltage up to an applied voltage of about 10volts. Among the ions deposited, the magnesium ion is the most. (4)By using titanium cathode, the adhesion effect of metal ions to the cathode is increased. 続きを見る
92.

論文(AKAGI収録)

論文(AKAGI収録)
金子, 忠夫 ; 矢口, 久雄 ; 浅見, 博 ; 岡本, 邦夫 ; 黒澤, 拓未
出版情報: 群馬高専レビュー.  pp.15-22,  2020-03-31.  群馬工業高等専門学校
概要: The milling system of pseudo simultaneous five-axis machining is discussed in this study, applied to such as multi-tasking machine with 4-axis simultaneous machining and spindle headstock milling. This novel alternative method is comparable to full 5-axis simultaneous machining and allows us to execute machining complex shape without a required equipment. Pseudo simultaneous five-axis machining is the following: During cutting at one pass, ball-end mill attached at the spindle rotates temporarily without cutting at a certain time, and then 4-axis simultaneous machining continues. VERICUT which is dedicated CNC simulation and verification software is used to customize the CAM post process. Milling experiments of the present method are carried out with simultaneous 5-axis vertical machining center(MAZAK, VARIAXIS 500-5XII) and multi-tasking machine(MAZAK, INTEGREX j-200) in our college. It is found that the pseudo simultaneous five-axis machining would be utilized for milling by using indexing 4-axis simultaneous machine. 続きを見る
93.

論文(AKAGI収録)

論文(AKAGI収録)
大豆生田, 利章
出版情報: 群馬高専レビュー.  pp.23-28,  2020-03-31.  群馬工業高等専門学校
概要: In recent years, electric guitars have become an indispensable instrument in the world music scene. If an electric guitar is used, the timbre can be changed by passing through a circuit such as a filter at the electrical signal stage. In this way, effectors are widely used to change the timbre, and many professional musicians use a variety of effectors. When an amateur musician tries to copy the music of a professional musician, even if the same guitar or amp is prepared, the same timbre will not be achieved without the same effector. In addition, few musicians disclose the types and parameters of effectors, and the equipments are expensive. The reproduction of the timbre is done by trial and error based on experience and feeling by each musician. This is not an easy task for beginners. In this paper the timbre comparison methods is compared to easily reproduce the sound modulated by effectors. The methods evaluated in this paper are direct, FFT (fast Fourier transform), SFFT (short-time Fourier transform), MFCC (Mel-Frequency Cepstral Coefficients) and meta-MFCC. The effects evaluated in this paper are distortion, reverb and delay. Comparing the evaluation of characteristics calculate by a computer and that by human hearing, it is shown that distortion can estimate parameters with any characteristics accurately. The MFCC system was found to be good for three effects to reproduce the orginal parameters, especially SMFCC (short-time Mel-Frequency Cepstral Coefficients)and meta MFCC were found to be particularly good. The computational cost of the FFT system was reduced to about20 percent compared to the MFCC system. There was almost no difference in cost in the FFT or MFCC system. The time cost for the comparison was low in the FFT and MFCC systems, especially the FFT, MFCC, and meta MFCC. Therefore meta MFCC is considered to be optimal if the specific gravity is compared in order of the human auditory characteristics. 続きを見る
94.

論文(AKAGI収録)

論文(AKAGI収録)
横山, 孝一
出版情報: 群馬高専レビュー.  pp.29-40,  2020-03-31.  群馬工業高等専門学校
概要: This paper is a guide to 50 books of Page Turners Reading Library published by Heinle, Cengage Learning, which area 12- level graded reading series of original stories from level 1(200 headwords) to level 12 (2600 headwords). Considering that other ordinary graded readers are divided into 6 levels, the 12 levels seem too minute to be useful. The concept of Page Turners, however, is quite successful in forcing the reader to turn pages with growing interest. Every Page Turners book is enjoyable just because it compels the reader to want to know what is going on, or what will happen next, which sometimes turns out to be not so interesting after all, though. In addition to how to read English, the reader can learn how to write fiction,especially, various techniques of arousing the reader’s curiosity and keeping his/her attention. The books from level 1 to level 4, set in a fictional Brenton College in the Unites States, are seemingly created as a companion series to Foundations Reading Library in which Bayview High School students' daily lives and extraordinary adventures are vividly described. Since the new heroes and heroines are older than the former counterparts, the stories are much more serious and far more complicated with adult conflicts. As a result, the protagonists can no longer stay around school; naturally the books from level 5 on to the end have nothing to do with Brenton College. Now the setting limitation is gone, stories are written as freely as possible. Many of these are the products of Cambridge English Readers authors like Sue Leather, Richard MacAndrew, Margaret Johnson, and Antoinette Moses. Page Turners makes good use of the forerunner's know-how, effectively adding a Macmillan English Readers-like illustrated introduction of characters before the text. Sue Leather and Julian Thomlinson's collaborated work Heart of a Fighter and Irene Barrall's unique, heartwarming story The Long Road to Lucca are highly recommended as excellent examples of this series. 続きを見る
95.

論文(AKAGI収録)

論文(AKAGI収録)
横山, 孝一
出版情報: 群馬高専レビュー.  pp.53-64,  2020-03-31.  群馬工業高等専門学校
概要: Yoshinobu NISHIZAKI's 1978 anime movie Farewell to Space Battleship Yamato was a milestone in the history of Japan's animation, moving an audience of four million Japanese to tears at the ending where protagonist KODAI made a "Tokko" suicide attack on the White Comet in order to prevent it from invading the Earth. I, the author of this paper, saw the unforgettable film as a schoolboy knowing almost nothing about the background to the source of the powerful emotions. As I grew older, it became clear that we cried for the souls of the kamikaze members who chose to makeself-sacrifice just to defend their mother country Japan where their parents, siblings and friends lived; the crew of Japanese Navy's largest and strongest battleship Yamato were such unselfish patriots thinking first of other people's happiness. Through creating the Yamato series, NISHIZAKI devoted his life insisting on the true value of their deeds. Due to the postwar "peace" education in Japan, many of the ex-Yamato fans grew up to be typical Japanese adults who bitterly criticize the theme of Farewell to Space Battleship Yamato, ashamed of the tears they once shed. One of them Harutoshi FUKUI remade the legendary movie to Star Blazers 2202, removing the essence of NISHIZAKI's lifework. However, let us remember that it was the Yamato spirit that overcame the 2011 disaster of the Great East Japan Earthquake, and that Takashi YAMAZAKI's 2010 live-action movie Space Battleship Yamato was true to the original, paying a tribute to the memory of Yoshinobu NISHIZAKI(1934-2010). I also wrote this paper for him with not only respect but everlasting gratitude. 続きを見る
96.

論文(AKAGI収録)

論文(AKAGI収録)
井上, 卓磨 ; 田貝, 和子
出版情報: 群馬高専レビュー.  pp.65-70,  2020-03-31.  群馬工業高等専門学校
概要: In this study, I aim to clarify the feature of the genre by analyzing statistically the use of vocabulary of the Japanes e modern literatures. It seems that the juvenile and the fantasy are different genre, have different readers, and therefore have different style. I select as juveniles Gongitsune 'Gon, the little fox',Tebukuro wo Kaini' Buying Mittens' both by NIIMI Nankichi, Kumonoito 'The Spider's Thread' by AKUTAGAWA Ryunosuke, and Tyumonno-oi Ryoriten 'The Restaurant of Many Orders' by MIYAZAWA Kenji, and as fantasies Koya-hijiri 'The Saint of Mt. Koya', Yashaga-ike 'Demon Lake' both by IZUMI Kyoka, Ningen-isu 'The Human Chair' by EDOGAWA Ranpo, and Sangetsuki 'The Moon above the Mountains' by NAKAJIMA Atsushi. 300 pieces quoted from beginning of each target works in Aozora-bunnko library texts are analyzed by morphological analysis tool Web-chamame, and from the result got by the analysis above, the indicator which represent the usages of vocabulary is calculated and the basic tendency of the target works can be grasped. I compose a new parameter which can sum up the information of data, perform the principal component analysis (PCA) to grasp the characteristic of the target works. Furthermore, I apply the cluster analysis using the new variable provided by PCA and by classifying target works in some unities (cluster),try to consider what characteristic of the target works can be seen, or what kind of difference can be studied by a gentre from a quantitative point of view. As a result of basic analysis, I can point out that the rate of Japanese words or that of Sino-Japanese written by hiragana characters show the statistical significant difference by a genre. By the cluster analysis, I recognized the similarity between the same genre, but also found that there are some works which have the different character from which genre is generally said. 続きを見る
97.

論文(AKAGI収録)

論文(AKAGI収録)
岡本, 邦夫 ; 矢口, 久雄
出版情報: 群馬高専レビュー.  pp.71-78,  2020-03-31.  群馬工業高等専門学校
概要: Simultaneous multi-axis NC machining education is developed by using information-communication technology, such as NC simulation. The simulation by VERICUT is used to verify tool motion and material removal process on PC screen. Required cutting conditions in the real machining are provided in the Excel table shared. As a result, practice by means of VERICUT and CAD/CAM is found to be effective to learn the skill of simultaneous multi-axis NC machining. 続きを見る
98.

論文(AKAGI収録)

論文(AKAGI収録)
宮川, 剛
出版情報: 群馬高専レビュー.  pp.79-85,  2020-03-31.  群馬工業高等専門学校
概要: Colchester is in north-east Essex, on the banks of the River Colne. It had a long history as a producer of woollen cloth and since the late sixteenth century it was renowned for producing the so-called New Draperies which were sold in Spain, Portugal and Latin America. But in the early eighteenth century, the cloth trade in Colchester, badly affected by the French Wars, was already on the way to decline. The borough corporation of Colchester did not exercise effective leadership in helping the cloth industry. It was absorbed by its own factional diputes between Tories and Whigs. In 1742 the borough charter was confiscated after proceedngs against the mayor and the corporation had forced them disclaim their rights. Philip Morant, a rector of St Mary's at the Walls in Colchester and a local historian, published The History and Antiquities in the Most Ancient Town and Borough of Colchester in the County of Essex in 1748. He was an observer of the final years of the old corporation. In his book, Morant deplored what he saw as the decayed state of Colchester as the reduction in the cloth trade coincided with the loss of the charter. His paternalism was affronted by the social problems he perceived without an effective administration to relieve them. Morant was aware that the cloth industry was giving way to the service industries of a consumer society. But he rejected them as luxurious and corrupt. Through the detailed analysis of the Morant's narrative, this article tries to show how an eighteenth-century historian understood the historical process of urban decline in a provincial town. 続きを見る
99.

論文(AKAGI収録)

論文(AKAGI収録)
太田, たまき
出版情報: 群馬高専レビュー.  pp.12-1,  2020-03-31.  群馬工業高等専門学校
概要: Sokuirei-Seiden-no-gi, Ceremony of the Enthronement of His Majesty the Emperor at the Seiden (State Hall) was held on October 22, 2019. However, this does not correctly inherit the Heian period rituals. There was a woman who attended this ritual during the Heian period. She wrote a diary and kept a record of that ritual. She wrote what she felt, but did not keep a detailed record of the ritual. There are questions about why she didn't write the whole ritual and what the actual ritual was. Aiming to understand her feelings through using old records to reproduce the ritual. 続きを見る
100.

論文(AKAGI収録)

論文(AKAGI収録)
大島, 由紀夫
出版情報: 群馬高専レビュー.  pp.22-13,  2020-03-31.  群馬工業高等専門学校
概要: There are many variants of Suwa-Engi (The Origin of Suwadaimyōjin), such as Suwa-no-honji (諏訪の本地), Suwa-sōshi (諏訪草紙), an d so on. Suwa-ryōsha-gohonji (諏訪両社御本地) in my possession is one of those variants of Suwa-Engi, which narrates the legendary origin of Suwataisha (諏訪大社) shrine. The text was copied by hand in 1858. An important characteristic of the text differentiating it from other variants is that it contains folk traditions peculiar to the area around Sanada Town, Nagano Prefecture (長野県真田町). Consequently it should be recognized that the text is a valuable material with which to investigate the local trend of the faith in Suwadaimyōjin (諏訪大明神). In this paper, I have reprinted the text and given a bibliographical introduction to it. 続きを見る