1.

論文(AKAGI収録)

論文(AKAGI収録)
美藤, 信也 ; Mitou, Shinya ; ミトウ,シンヤ
出版情報: 高崎商科大学紀要.  pp.69-79,  2018-12-20.  高崎商科大学メディアセンター
概要: 現在、日本経済のグローバル化が進展する一方で、人口減少や少子高齢化等に対応する地方創生や地域経済活性化の動きも加速化している。本稿では、上記の内容を踏まえ、地域経済活性化の中でも特に、地域経済と商業・マーケティングにスポットを当てる。最初、 地域経済と地域政策の考え方や視点を確認してから、日本における地域政策の内容を簡略的かつ時系列に見ていく。次に現在の日本における地域経済と地域政策の動向、注目点及び課題を捉えた上で、地域経済と商業・マーケティングの関係性及び地域経済と商業・マーケティングの新しい展開及び役割を考察する。さらに、商業・マーケティングの中でも、観光産業や観光消費といった観光マーケティングに焦点を絞り、地域経済活性化と観光消費を見ていく。最後に、群馬県における地域経済と観光消費にスポットを当て、1997年~2012年に焦点を当てた群馬県における地域経済活性化と観光消費の行動と成果の影響と作用に関する実証分析を行う。 続きを見る
2.

論文(AKAGI収録)

論文(AKAGI収録)
萩原, 豪 ; 豊田, 正明 ; 美藤, 信也 ; 佐久間, 貴士 ; Hagiwara Wayne, Go ; Toyoda, Masaaki ; Mitou, Sinya ; Sakuma, Takashi ; ハギワラ,ゴウ ; トヨダ,マサアキ ; ミトウ,シンヤ ; サクマ,タカシ
出版情報: 高崎商科大学紀要.  pp.27-35,  2018-12-20.  高崎商科大学メディアセンター
概要: The purpose of this research is to examine whether we can combine utilization of ICT and active / learning which we are promoting by introducing learning management system (LMS) at our university. In this research, we examined what LMS is appropriate for our university. The functions of Google Apps, Cybozu Live, and Moodle provide both merit and demerit. Research group concluded the combination of Moodle and Google Apps is the best option for the adoption of LMS to our university. It is possible to assume that stakeholders such as local residents also participate in LMS. LMS is usually operated only inside of the university. There is a possibility to using LMS with local residents and provide public lectures, including how to use LMS, our university could fulfill responsibilities as a community-based university.  本研究の目的は、本学において学習支援システム(Leaning Management System: LMS)を導入することにより推進してきているICTの活用とアクティブ・ラーニングを結びつけることが出来るかどうかを検討することにある。本研究において導入したGoogle AppsおよびサイボウズLive、そしてセットアップが完了したMoodleについて、それぞれの機能が一長一短であることを前提とし、本研究グループは本学におけるLMSの導入については、MoodleとGoogle Appsの併用が望ましいという結論に達した。地域住民などのステークホルダーにもLMSに参加してもらうことを想定することができる。本来ならばLMSは大学内において運用されるものであり、地域住民など学外の人間が参加する例は聞かれない。LMSの操作方法の指導などを地域における公開講座などの開催を通じて、地域密着型の大学としての責務を果たすことも可能である。 続きを見る