1.

学位論文(AKAGI収録)

学位
京田, 亜由美 ; キョウタ, アユミ ; Kyota, Ayumi
出版情報: 2019-11-30.  群馬大学大学院保健学研究科
概要: 学位記番号:看博甲133 
2.

論文(AKAGI収録)

論文(AKAGI収録)
倉林, 誠 ; 棚橋, 美文 ; 岡野, 孝雄 ; 大木, 茂 ; 横江, 隆夫 ; 須納瀬, 豊 ; 竹吉, 泉 ; Krabayashi, Makoto ; Tanahashi, Yoshifumi ; Okano, Takao ; Ohki, Sshigeru ; Yokoe, Takao ; Sunose, Yutaka ; Takeyoshi, Izumi
出版情報: The Kitakanto medical journal.  62  pp.53-57,  2012-02-01.  北関東医学会
概要: 症例は62歳の男性で,食欲不振・腹部膨満感・黒色便・めまいを主訴に来院した、上部消化管内視鏡槍査 で胃幽門前庭部に全周性狭窄を呈した3型腫瘍を認め,CTで傍大動脈リンパ節転移があり,胃癌StageIVと 診断した、通過障害による摂食不良のた め,入院してパクリタキセルによる化学療法を開始したが,効果はな がった、通過障害による嘔吐が続き,外科的バイパス術を希望しないため,ステント治療を行った、wall- FlexTMノンカバードステント留置を施行したが改善せず,ステント内にUltraFlexTMカバードステントを再 留置することにより摂食可能となった、その後化学療法を施行したが,初回ステント留置後llヶ月に癌死し た、 幽門狭窄を呈した切除不能胃癌の癌緩和的治療の選択肢として,ステント治療を槍討すべきであると考え る. 続きを見る
3.

論文(AKAGI収録)

論文(AKAGI収録)
岩永, 喜久子 ; 松田, たみ子 ; 内田, 陽子 ; 二渡, 玉江 ; 神田, 清子 ; 小泉, 美佐子
出版情報: 群馬保健学紀要.  29  pp.1-10,  2009-03.  群馬大学医学部保健学科
概要: 群馬県における認定看護師教育のニーズを明らかにする目的で,群馬県内54施設に勤務 する看護職2703名(回収率86.9%)を対象に自記式質問紙調査を行った。認定看護師教育を希 望するものは36.0%であり,その内,群馬大学における教育を希望 するものは,87.2%(733名) であった。希望する認定分野は緩和ケアが最も多く,次いで救急看護,認知症看護,がん化学 療法看護の順であった。認定看護師を希望しない理由は,「興味はあるが仕事の継続に支障を きたす心配がある」46.0%,「教育についていけるか不安である」39.9%,「入試に合格するか 心配である」24.7%などであった。 本学は認定看護師教育機関として,社会のニーズに応え,より良いがん看護の充実に向けた 設置準備が求められている。 続きを見る
4.

論文(AKAGI収録)

論文(AKAGI収録)
大竹, 弘哲 ; 長嶋, 和明 ; 田中, 聡一
出版情報: The Kitakanto medical journal.  57  pp.49-52,  2007-02-01.  北関東医学会
概要: 症例は73歳女性. 左上肢の筋力低下にて発症. 歩行障害が現れ, 筋萎縮性側索硬化症(ALS)と診断. 後に構 音障害と嚥下障害が現れ, 進行した. 患者本人とその家族共に延命治療を希望されなかった. 左上肢を中心に 疼痛を訴えるようになり , 緩和ケアとしてリン酸コデインを開始して45日目に永眠された. 日米の神経学会 治療ガイドラインで, ALS末期の疼痛緩和にオピオイドの使用を勧めている. 筋萎縮に伴って体重が減少す るALS末期で, 欧米に比べ体格の小さい本邦の患者において, 強オピオイドではなくリン酸コデインから緩 和ケアを開始することを検討すべきである. 続きを見る