1.

論文(AKAGI収録)

論文(AKAGI収録)
Minowa, Chika ; Koitabashi, Kikuyo
出版情報: The Kitakanto medical journal.  63  pp.1-11,  2013-02-01.  北関東医学会
概要: Background& Aims:Immediately after undergoing breast cancer surgery,patients may usually have some psychological and physiological distress. Autogenic training(AT)is a complementary medicine and self-relaxation technique to relieve anxiety in patients. The aim of the study is to investigate the impact of AT on perioperative anxiety and pain in patients with breast cancer. Methods:Between July 2010 and March 2012,60 patients who were diagnosed with breast cancer and scheduled for surgery were randomly assigned to the AT group or the control group. In the AT group,patients underwent 20 min of AT,three times a day within 3 days after surgery,and the control group received the usual care. The assessment was done based on the State Anxiety Inventory,Visual Analogue Pain Scale,heart rate variability, and analgesic requirement. Results:The AT group had a significantly decreased anxiety score during postoperative three days. Postoperative pain score was also significantly decreased,despite the fact that the two groups had received an equivalent amount of analgesics. No statistically significant difference was observed between the groups in their analgesic requirement. Conclusion:AT may be a useful non-pharmacological approach for relieving anxiety and pain immediately after breast cancer surgery. 続きを見る
2.

論文(AKAGI収録)

論文(AKAGI収録)
本江, 朝美 ; 高橋, ゆかり ; 桑田, 恵子 ; 杉山, 洋介 ; 谷山, 牧 ; 益子, 直紀 ; 吉岡, 一実
出版情報: 上武大学看護学部紀要.  5  pp.2-11,  2009-12-28.  上武大学看護学部
概要: 本研究では、学生の看護を学ぶにあたって生じる不安に対する認知的評価とSOCとの関連について検討した。 その結果、学生の不安には、専門的知識や技術、人間関係に関する現実的な不安と、対象が不明瞭で漠然とした神経症的な不安が認められた。しかし、そ れらの不安は、マイナスに影響すると認知するものだけではなく、プラスに影響すると認知するものも認め、後者は有意にSOC得点が高かった。さらに学生のSOC得点は、状態不安得点ならびに特性不安得点と有意な負の相関関係を認めた。またSOC高群では、看護を学ぶ不安がプラスに影響する群がいずれにも影響しない群より特性不安が低得点を示し、SOC低群では、看護を学ぶ不安がプラスにのみ影響する群が両面に影響する群およびマイナスにのみ影響する群より状態不安が有意に低得点であった。さらに看護学生のSOCは、状態不安がマイナスに及ぼす影響に対して交互作用効果も有した。 以上より、不安をあたかも自らに授かった挑戦と受け止め、それに意味を見出し、打ち勝つために最善をつくすというSOCの、積極的なストレス対処能力としての理論的枠組みを支持する結果が示唆された。また、看護基礎教育において、看護学生が自らの不安に気づき、不安がプラスに影響すると認知することを促すために、SOCの保持・増進の必要性が示唆された。<br />The purpose of this study is to examine the relation between SOC (sense of coherence) and the cognitive evaluation for anxiety of nursing students. We found that nursing students have realistic anxiety with the nursing knowledge, nursing skill, and interpersonal relationship and neurosis anxiety with indistinct cause. However, these uneasiness admitted not only the one recognizing that the students influenced the minus but also the one recognized to be an influence on the plus, and the SOC score of the latter was significantly high. In addition, the SOC score of nursing student showed significant negative correlation with state anxiety score and trait anxiety score. Moreover, in SOC high group, trait anxiety score of the students that anxiety by which nursing was learnt influenced the plus was lower than that of the students which does not influence either. In SOC low group, state anxiety score of the students that anxiety by which nursing was learnt influenced the plus was lower than those influenced both or the minus. And the SOC score of nursing students had the effect of an alternate action for the influence which state anxiety exerted on the minus. It was clarified from this study that SOC showed the result of supporting a theoretical frame as positive stress-coping. Moreover, the necessity of maintenance and the improvement of SOC was suggested because nursing students noticed their anxiety and promoted recognition that anxiety influenced the plus. 続きを見る
3.

論文(AKAGI収録)

論文(AKAGI収録)
武居, 明美 ; 伊藤, 民代 ; 狩野, 太郎 ; 小野関, 仁子 ; 前田, 三枝子 ; 堤, 荘一 ; 浅尾, 高行 ; 桑野, 博行 ; 神田, 清子
出版情報: The Kitakanto medical journal.  55  pp.133-139,  2005-05-01.  北関東医学会
概要: 【背景と目的】外来化学療法を施行しているがん患者の不安を把握する目的で調査を行なった. 【対象と方法】A病院外来点滴センターに通院中で同意の得られた男性33名女性48名, 平均年齢58.6±10.0歳の81名を対象とし, STAI質問紙を用 いて調査した. 【結果】不安得点は男性より女性が高く, 非乳がん患者より乳がん患者が, 60歳以上より60歳未満が有意に高かった. また診断からの年数では, 1年未満より1年以上が, PSが良い者より悪い者が高かった. 【結論】外来で化学療法を受けているがん患者は正常成人と比較し, 状態不安得点が高かった. 不安得点が高くなる要因として, 5つの項目が明らかになった. 今後は不安内容を特定すること, 不安得点が高くなる要因がある患者への優先的な援助, 実践的援助法をシステム化してスムーズに対応していくことが課題である. 続きを見る
4.

論文(AKAGI収録)

論文(AKAGI収録)
伊藤, 民子 ; 武居, 明美 ; 狩野, 太郎 ; 石田, 順子 ; 前田, 三枝子 ; 神田, 清子
出版情報: 群馬保健学紀要.  25  pp.69-76,  2005-03.  群馬大学医学部保健学科
概要: 本研究の目的は外来点滴センターで化学療法を受けているSTAI状態不安得点が高いがん患者の不安内容を把握し,効果的な看護支援を検討することである。対象はA病院外来点滴センターにて,化学療法を受けている患者で,そのうち状態不安が高得点だった患者 44名に対して半構成的面接を行った。患者ごとに面接内容を記録し不安内容について質的帰納法を参考に分析した。1文章を1コードに整理し,意味内容の類似性によりサブカテゴリー,カテゴリーに分類した。その結果,【症状に対してのコントロール不足】【日常生活の負担感】【再発・悪化へ 続きを見る
5.

論文(AKAGI収録)

論文(AKAGI収録)
Ando, Michiyo
出版情報: 群馬保健学紀要.  24  pp.1-5,  2004-03.  群馬大学医学部保健学科
概要: The present study investigated whether General Self-efficacy increases and Anxiety decreases in practical training when a teacher promotes students' self-monitoring as a special intervention, and how the students' emotion change. Nineteen female students 続きを見る
6.

論文(AKAGI収録)

論文(AKAGI収録)
前田, 三枝子 ; 林, かおり ; 藤野, 文代
出版情報: 群馬保健学紀要.  20  pp.69-74,  2000-03.  群馬大学医学部保健学科
概要: 中高年看護婦(40-60歳)161人を対象に,ストレスと不安状態とそれらの関係を明らかにすることを目的として,質問紙により調査研究を実施した。村象の平均年齢は45.9歳,管理職は87人,非管理職は74人で,平均管理職年数は6.6年であった。 その結果,12項目の生活上ストレス項目の合計平均値は33.6で,最も高かったのは「仕事のストレス4.8」,最も低かったのは「子供の独立1.3」であった。18項目の職場内ストレスの合計平均値は24.0で,最も高かったのは「医師との意見の相違2.2」,最も低かったのは「勤務時間の変更0.49」であった。管理職と非管理職のストレス得点を比較した結果、管理職は非管理職より職場内ストレスのうち12項目について有意に高くなっていた。STAI高得点群と低得点群の比較においては高得点群は生活上ストレスのうち10項目,職場内ストレスの12項目について有意に高得点を示した。以上の結果から,管理職やSTAI高得点群のストレス得点が高いことが明らかになり,今後のサポート体制や看護管理システムの改善とともにストレスコントロールの必要性が示唆された。 続きを見る
7.

論文(AKAGI収録)

論文(AKAGI収録)
伊藤, まゆみ ; 神田, 清子 ; 新井, 治子
出版情報: 群馬大学医療技術短期大学部紀要.  15  pp.31-36,  1995-03-31.  群馬大学医療技術短期大学部
概要: We investigated the serum transaminase levels in patients with chronic hepatitis, degree of their cncern about transaminase levels, and their responses to changes in these parameters as well as the effects of such responses to their anxiety state. The following results were obtained. 1. There are no established measures for evaluating the effectiveness of self-care programs for chronic hepatitis patients, and the physician's comments and the transaminase levels have been recommended as indexes for this condition by many researchers. 2. In the anxiety test in patients with chronic hepatitis, A-State and A-Trait scores were 41.6 and 41.7, respectively, showing no significant difference from the values in the gereral population or patients with other chronic disease for either state anxiety or trait anxiety. 3. In patients with elevanted GPT, the A-State score tended to be higher than that in patients with normal GPT, amd those showing strong concern about their transaminase levels had a significantly higher A-State score than those who do not worry about these biochemical indexes. 4. If the patients have strong concern about the transaminase levels and their anxiety state is worsened in response to the rise or fall in these values, such patients have to be supported so that they can continue their self-care activities in stable mental conditions by comprehensively evaluating their self-care activities using other medical indexes and subjective symptoms as well. 続きを見る