1.

論文(AKAGI収録)

論文(AKAGI収録)
伊藤, 賢一 ; ITO, Kenichi
出版情報: 群馬大学社会情報学部研究論集.  27  pp.17-30,  2020-03-02.  群馬大学社会情報学部
概要: Although addiction to the Internet has been one of the serious social problems, surveys targeting high schoolstudents are neither qualitative nor quantitative enough. We conducted a web survey of 500 high school students and examined their status of the Internet addiction. As a result, were diagnosed with high risk user group,39.8% with potential risk user group, and 34.0% with general user. It has also been discovered that heavy users of the game s seem to have some significant risk of falling into the addiction. 続きを見る
2.

図書

図書
山村滋, 濱中淳子, 立脇洋介著
出版情報: 京都 : ミネルヴァ書房, 2019.6
シリーズ名: MINERVA社会学叢書 ; 56
所蔵情報: loading…
3.

論文(AKAGI収録)

論文(AKAGI収録)
田中, 景子 ; 関﨑, 悦子 ; 森光, 康次郎 ; 小城, 勝相 ; Tanaka, Keiko ; Sekizaki, Etsuko ; Morimitsu, Yasujiro ; Kojo, Shosuke
出版情報: 桐生大学紀要.  pp.43-48,  2018-12-20. 
概要: 高校の調理科は文部科学省のデータで職業学科(家庭)に属し,日本の全高校生の中で1.3%しか学んでいないと 報告されている1).それ故,食を中心にした特徴的学習をしている調理科に通う高校生を対象にした和食に関する 調査研究は貴重である.さらに ,高校生という若い世代を対象に和食に対する調査を行うことは,これからの和食 への関心の継続に繋がるだけでなく,将来的な食育の発展にも寄与することが期待できる.  本研究では,和食の中でも日本古来の「和風だし」に焦点を絞り,調理科生徒の味覚について官能評価・アンケー ト調査を用いて現状の把握と課題の抽出を行った.官能評価において,Cだし「かつおだし(顆粒)」が最も好まれる 結果で,一番まずかっただし汁はBだし「昆布だし(顆粒)」で半数を超えていた.今回調査を行った調理科生徒の家 庭では,一般的な料理を作る際「顆粒だしの素」を使用している割合が55%,味噌汁を作る際は53%,と「顆粒だし の素」を使用している割合が高かった.家庭で使用している‘だし’が生徒の好みに影響していることが考えられた.           It is reported that the cooking course of high school belongs to the vocational department (family) with the data of the Ministry of Education and Science, and only 1.3% of all Japanese high school students have learned 1). Therefore, there are a few research on Japanese food for high school students who attend to the cooking course learning mainly about food. Furthermore, conducting a survey on Japanese food for young people who are high school students will not only lead to continued interest in Japanese food, but also to contribute to the development of food education in the future.  In this research, we focused on traditional“ Japanese dashi”, and conducted the taste of cooking class students by a sensory evaluation and questionnaire survey, and we grasped the current situation and extracted problems. In the organoleptic evaluation,“ C: bonito (granule)” was the most favorable result, the most disappointing soup was“ B: kelp soup (granule)” exceeding half.  In the family of the students of cooking course who conducted the survey this time, the percentage using “granule soup stock” was 55% when making common dishes 続きを見る
4.

図書

図書
ジュディ・ダットン著 ; 横山啓明訳
出版情報: 東京 : 文藝春秋, 2014.10
シリーズ名: 文春文庫 ; [S-15-1]
所蔵情報: loading…
5.

学位論文(AKAGI収録)

学位
豊島, 幸子 ; トシマ, ユキコ ; Toshima, Yukiko
出版情報: 学校保健研究.  19  pp.1-10,  2013.  家政教育社
6.

図書

図書
兵藤智佳著
出版情報: 東京 : 晶文社, 2013.7
所蔵情報: loading…
7.

図書

図書
ジュディ・ダットン著 ; 横山啓明訳
出版情報: 東京 : 文藝春秋, 2012.3
所蔵情報: loading…
8.

図書

図書
辛酸なめ子著
出版情報: 東京 : 筑摩書房, 2011.3
シリーズ名: ちくまプリマー新書 ; 156
所蔵情報: loading…
9.

図書

図書
友枝敏雄編
出版情報: 京都 : 世界思想社, 2009.6
所蔵情報: loading…
10.

図書

図書
海野道郎, 片瀬一男編
出版情報: 東京 : 有斐閣, 2008.5
所蔵情報: loading…