1.

図書

図書
「脊髄小脳変性症・多系統萎縮症診療ガイドライン」作成委員会編集
出版情報: 東京 : 南江堂, 2018.6
所蔵情報: loading…
2.

図書

図書
今野浩著
出版情報: 東京 : 青土社, 2016.3
所蔵情報: loading…
3.

学位論文(AKAGI収録)

学位
松﨑, 泰教 ; マツザキ, ヤスノリ ; Matsuzaki, Yasunori
出版情報: 2014-03-25.  群馬大学医学部
概要: 学位記番号:医博甲1473
4.

図書

図書
高田佐知恵著
出版情報: 東京 : 文芸社, 2014.1
所蔵情報: loading…
5.

論文(AKAGI収録)

論文(AKAGI収録)
須藤, 奈々 ; 中村, 和裕 ; 平井, 宏和 ; Suto, Nana ; Nakamura, Kazuhiro ; Hirai, Hirokazu
出版情報: The KItakanto medical journal = 北関東医学.  63  pp.209-215,  2013-08-01.  北関東医学会
概要: 【目的】アルツハイマー病では,運動が脳内ミクログリアの異常増殖を減少させ,神経変性を抑制することが報告されている.本研究では,アルツハイマー病と同様に神経変性疾患である脊髄小脳変性症のモデルマウスの小脳において,運動がミクログリアの動態へ及 ぼす効果を調べることを目的とした.【対象と方法】最初に通常飼育の野生型マウス,脊髄小脳変性症モデルマウス (型 (SCA1),型 (SCA3) ,ヘテロおよびホ モ接合性のマウス+//の中でミクログリアの増殖が顕著である系統のマウスを選んだS()g esgsg,.選んだマウスを使用しコントロール群は通常飼育のみ行い 運動群にはローターロッドテストを用いた運,,行い それぞれのマーカー陽性細胞数を定量化した 【結果】通常飼育環境下では 神経変性の強い,., 動負荷を与えた.両群マウスの小脳切片に対して,ミクログリアのマーカーである抗 Iba1抗体と,活性化ミク sg ログリアのうち神経毒性ミクログリアの指標として使用される抗 CD68抗体を使った蛍光免疫組織染色を rer ta SCA3マウスと /マウスで顕著なミクログリアの増殖が確認できた.マウスでは減少し/SCA3sg, sg sg sg 運動によりミクログリアの総数が マウスでは増加した.神経毒性のある CD68陽性ミクログリアは SCA3マウ sgよってミクログリアの数は大きく変動し その変動の仕方は 疾患モデルマウスの種類によって異なること,,スでは検出されず/sg, マウスでは増加した.【結語】脊髄小脳変性症モデルマウスにおいて,運動に sgミクログリアが増加したのではないかと推察される したがって ヒトにおいても運動が常によい効果を及.,がわかった/sg. ぼさない可能性もあり,運動療法を行うかどうかはさまざまな情報を統合して慎重に判断する必要があると マウスは日常の活動量が少ないにも関わらず,強制的に運動負荷を与えたため,神経毒性 kttaan 考えられた. 続きを見る
6.

図書

図書
米本浩二著
出版情報: 東京 : 文藝春秋, 2013.4
所蔵情報: loading…
7.

図書

図書
大塚良重著
出版情報: 東京 : 光文社, 2013.6
所蔵情報: loading…
8.

図書

図書
中山一江著
出版情報: 浜松 : ITSC静岡学術出版事業部, 2012.11
シリーズ名: 静岡学術出版教養ブックス ; 120007
所蔵情報: loading…
9.

図書

図書
田中大介著
出版情報: 東京 : 文芸社, 2009.6
所蔵情報: loading…
10.

図書

図書
やまざきたけし著 ; 松本充代マンガ
出版情報: 東京 : 二見書房, [2007.11]
所蔵情報: loading…