1.

図書

図書
宮坂昌之, 定岡恵著
出版情報: 東京 : 講談社, 2018.12
シリーズ名: ブルーバックス ; B-2082
所蔵情報: loading…
2.

図書

図書
小川佳宏, 真鍋一郎編集
出版情報: 東京 : 南山堂, 2013.3
シリーズ名: The frontiers in life sciences
所蔵情報: loading…
3.

図書

図書
今山修平著
出版情報: 東京 : 学研メディカル秀潤社 , 東京 : 学研マーケティング (発売), 2012.6
シリーズ名: 皮膚病理イラストレイテッド ; 1
所蔵情報: loading…
4.

論文(AKAGI収録)

論文(AKAGI収録)
佐藤, 浩子 ; 佐藤, 真人 ; 坂本, 浩之助 ; 澤田, 芳枝 ; 星野, 綾美 ; 宮崎, 有紀子 ; 佐藤, 久美子 ; 小暮, 敏明 ; 倉林, 正彦 ; 田村, 遵一
出版情報: The Kitakanto Medical Journal.  56  pp.201-206,  2006-08-01.  北関東医学会
概要: 【目 的】 動脈硬化症では, 脈波速度 (PWV) は増大し, 高感度CRP (hsCRP) やインターロイキン6 (IL-6) 等の炎症マーカーも高値を示す. 本研究では, 健康な地域住民において, PWVと炎症マーカーとの関連性を検討し た. 【対象と方法】 対象は, 2003年8月から2004年1月までに群馬県吉岡町の健康相談に参加した地域住民109名であった. 動脈硬化の進展度を反映する上腕―足首PWV (baPWV) を計測するとともに, hsCRP, IL-6の血中濃度を測定し, baPWVと炎症マーカーの相関関係の有無を検討した. 【結 果】 baPWVは, hsCRP及びIL-6との間に有意な正の相関を示した. また, baPWVが13.7 m/sec以上の参加者ではIL-6が有意に高値であった. 【結 語】 健常人においても血管壁の炎症が潜在的な動脈硬化を惹起する可能性が示唆された. IL-6は初期段階の動脈硬化の予知に有用と思われた. 続きを見る
5.

図書

図書
小川道雄編集
出版情報: 東京 : 医歯薬出版, 1996.6
シリーズ名: 別冊・医学のあゆみ ; . ベッドサイド管理シリーズ||ベッド サイド カンリ シリーズ
所蔵情報: loading…
6.

図書

図書
上田重晴 [ほか] 著
出版情報: 東京 : 中山書店, 1988.10
シリーズ名: 新医科学大系 / 岡博 [ほか] 編 ; 8A . 生体の防御機構||セイタイ ノ ボウギョ キコウ ; 1
所蔵情報: loading…
7.

図書

図書
飯島宗一編
出版情報: 東京 : 岩波書店, 1976
シリーズ名: 岩波講座現代生物科学 ; 12
所蔵情報: loading…
8.

図書

図書
土肥慶藏著
出版情報: 東京 : 朝香屋書店, 1921.4
所蔵情報: loading…