1.

図書

図書
松岡正剛著
出版情報: 東京 : 講談社, 2020.3
シリーズ名: 講談社現代新書 ; 2566
所蔵情報: loading…
2.

図書

図書
南雲智, 寺石雅英編著
出版情報: [東京] : 留学生就職サポート協会 , 東京 : 論創社 (発売), 2020.5
所蔵情報: loading…
3.

図書

図書
丹羽宇一郎著
出版情報: 東京 : 岩波書店, 2019.2
シリーズ名: 岩波新書 ; 新赤版 1761
所蔵情報: loading…
4.

図書

図書
小熊英二著
出版情報: 東京 : 講談社, 2019.7
シリーズ名: 講談社現代新書 ; 2528
所蔵情報: loading…
5.

図書

図書
高橋創著
出版情報: 東京 : ナツメ社, 2019.8
所蔵情報: loading…
6.

図書

図書
出版情報: 東京 : 晋遊舎, 2019.5
シリーズ名: 100%ムックシリーズ ; 244 . 完全ガイドシリーズ||カンゼン ガイド シリーズ
所蔵情報: loading…
7.

図書

図書
山崎聡一郎著
出版情報: 東京 : 弘文堂, 2019.8
所蔵情報: loading…
8.

論文(AKAGI収録)

論文(AKAGI収録)
内藤, 伊都子 ; レン, チャンティダー
出版情報: 東京福祉大学・大学院紀要.  8  pp.121-129,  2018-03-25.  東京福祉大学・大学院
概要: 近年、日本では正課外活動が果たす役割や意義は大きく、学生支援の在り方やキャリア教育との関係から積極的な見直しの必要性と重要性が指摘されている。また、正課外活動への参加は、教育的成果やリーダーシップ能力の育成などに効果的であることも認められて いる。一方、カンボジアの大学でも近年は正課外活動を奨励しているが、日本とカンボジアの関係が活発化する中で、カンボジアでは実証研究自体が乏しく、正課外活動の実態報告も行われていない。そこで本研究では、カンボジア(326人)と日本(116人)の大学生を対象に、集団法による質問紙調査を実施し、正課外活動の参加経験と学習動機およびコミュニケーション能力との関係を比較検証することを目的とした。その結果、全体的にカンボジア人の方が日本人より正課外活動経験があり、正課外活動は活動期間の長さよりもその活動内容が学習動機やリーダーシップ能力と関連することなどが認められた。 続きを見る
9.

論文(AKAGI収録)

論文(AKAGI収録)
ムラモト, エリカ マリア ; MURAMOTO, Erica Maria ; カルステン, アンジェラ ; KARSTEN, Angela ; 中島, 有季子 ; NAKAJIMA, Yukiko ; ナカジマ, ユキコ
出版情報: 群馬大学社会情報学部研究論集.  25  pp.191-198,  2018-03-01.  群馬大学社会情報学部
概要: Bearing in mind the Japanese context, this paper elaborates on how maintenance of international children’s heritage lang uage (HL) might contribute to the spread of bilingualism in the country. It also expands on the ways these young learners see themselves as well as how they are seen by their families and within their academic context. It is argued that young HL learners’ propensity towards bilingualism might not only pave these children’s way to the acquisition of a second and/or foreign language, but also contribute to future developments in foreign language learning among the monolingual sectors of society. 続きを見る
10.

論文(AKAGI収録)

論文(AKAGI収録)
鵜生川, 恵美子 ; Ubukawa, Emiko ; 中西, 陽子 ; Nakanishi, Yoko
出版情報: 群馬県立県民健康科学大学紀要.  13  pp.1-13,  2018-03.  群馬県立県民健康科学大学
概要: 本論は,看護研究にて関心が高まっている日本と英語圏諸国のスピリチュアリティの定義についての文献による比較検討である.1950年代から1970年代の英語圏諸国において,スピリチュアリティが宗教と同一視されていた背景には,聖職者によるパストラル ケアの実践がある.1980年代から1990年代にかけての看護のパラダイムが,宗教的側面の強調から全人的な人間理解に係る概念へと変わった.日本への概念の導入はその後1990年代後半~2000年以降になる.明確な定義は見出されないものの,共通項目は次に示すとおりである.1)人間存在の根源性に関わり,全ての人間が本来持ち合わせている力.2)「自己」「他者」「超越的存在」との関連性において,人生の意味や目的を見出す力.3)危機的状況に直面した時に潜在化する.4)宗教的側面を含めるが,宗教と同一ではない.定義の必要性の一方,英語圏諸国においては,普遍的な定義を求めることに対する非現実性を示す見解も見られる.<br />This paper aims to provide a comparative overview of definitions of spirituality in the nursing literature from Japan and three English-speaking countries (the United Kingdom, the United States and Canada). Much of the nursing literature selected in this paper includes research on definitions of spirituality suggested by individual researchers, review studies on definitions mentioned by previous researchers and researchers' opinions of spirituality. As indicated by one research paper, from the 1950s to the 1970s, spirituality in the target countries was regarded as the same as religion under the influence of pastoral care offered by priests in medical settings. From the 1980s to the 1990s, the paradigm in the nursing field shifted from the religious dimension to the holistic dimension of human beings. The concept of spirituality was introduced in Japan between the late 1990s and the early 2000s. The findings of our research indicate difficulties in conceptualizing spirituality in the nursing field because of its ambiguity and conceptual confusion. Despite the increased interest in spirituality, there has been little agreement over its definition. However, the traits common in definitions of spirituality as suggested by many researchers are as follows: 1) the innate power all individuals possess; 2) an essential, integrative energy which could drive us to search for the meaning or purpose of life in relationships with ‘self,'‘others,' and ‘transcendence;' 3) the potential power we find when people are faced with difficulties or crises; and 4) spirituality has been associated with religion but is not the same as religion. Many nursing researchers have stated it is necessary to define spirituality for better practice in the nursing field while others find it unnecessary to define spirituality due to its uniqueness to individuals.<br />総説 続きを見る