1.

論文(AKAGI収録)

論文(AKAGI収録)
謝, 志海
出版情報: 共愛学園前橋国際大学論集.  pp.67-82,  2020-03-31.  共愛学園前橋国際大学
概要: 近年、中国の高速鉄道は飛躍的に発展しており、高速鉄道の技術そのものを積極的に海外へ輸出している。とりわけ、「一帯一路」戦略の下で東南アジア、アフリカ等の国々で高速鉄道の建設に参入し、いわゆる「高速鉄道外交」を展開している。また、日本との競争 も注目されている。本稿は、いくつかの国での高速鉄道の建設事例を分析し、中国の「高速鉄道外交」の動因、効果や問題点を検証する。さらに日本の新幹線技術の海外輸出と比較しながら、経済、貿易、地政学、外交等の側面から総合的に中国の「高速鉄道外交」を考察してゆく。 続きを見る
2.

図書

図書
羽根次郎著
出版情報: 東京 : 青土社, 2020.8
所蔵情報: loading…
3.

論文(AKAGI収録)

論文(AKAGI収録)
藤田, 輔
出版情報: 上武大学ビジネス情報学部紀要.  17  pp.49-72,  2018-04-27.  上武大学
概要: 本稿では,設立から50年以上が経過し,先進国間でより良い経済・社会政策を追求してきた経済協力開発機構(OECD)がグローバルガバナンス機能を一層強化していくための課題を検討する。具体的には,世界の経済・社会システムのソフトロー(soft l aw)を提供しながら,近年では,加盟国のみならず,非加盟国もメンバーとなっている金融・世界経済に関する首脳会合(G20)にも貢献できるようになっている等,近年見られるOECDの特徴を見出し,今後は,アジア非加盟国(中国及び東南アジア)との関係強化を重要な課題と捉え,OECDによるグローバルガバナンス機能をより有意義にするべく,それをどのように進めていくべきかについて提言を試みたい。 続きを見る
4.

図書

図書
田中信彦著
出版情報: [東京] : 日経BP社 , 東京 : 日経BPマーケティング(発売), 2018.10
所蔵情報: loading…
5.

論文(AKAGI収録)

論文(AKAGI収録)
謝, 志海
出版情報: 共愛学園前橋国際大学論集.  pp.105-117,  2017-03-31.  共愛学園前橋国際大学
概要: 中国のアフリカへの進出が注目を集めている。日本のTICAD(アフリカ開発会議)と同じく、FOCAC(中国とアフリカ協力論壇、Forum on China-Africa Cooperation)といった制度が勢いづいている。FOCACとは、三 年ごとに中国とアフリカで相互に開催され、中国とアフリカ諸国の間の貿易、外交、安全保障、投資関係を促進するメカニズムとして、中国−アフリカ関係の枠組みやガイドラインを統括している。2000年に創立されて以来計6回のFOCAC会議が開催された。この間、アフリカにおける中国の経済や政治的なプレゼンスも強い勢いで伸びつつある。とりわけ中国とアフリカの間の貿易額と中国の対アフリカ投資額とのどちらも絶対的な額が急激に増えるとともに、アフリカの貿易や投資に占める比率も日本とヨッローパを上回ってきた。この点からFOCACの貢献が大きいと言わざるを得ない。FOCACは当初、日本のTICADを真似て、中国とアフリカの連携を強めるために作り上げたが、開催の頻度と会議のスケールともTICADを超えてきた。中国のアフリカへの進出が世界的に注目されているが、FOCACのしくみ、あり方についてはあまり知られていない。本研究ノートは、中国のアフリカ政策におけるFOCACの果たした役割を中心として検証してゆきたい。特に本研究ノートはFOCACの創立の背景、動機及び貿易、外交、安全保障、投資関係等の分野から見た中国−アフリカ関係に与えた影響を研究する試みである。また、中国のFOCACと日本のTICADと比較しながら、中日の対アフリカ政策の差異も述べてゆく。<br />研究ノート 続きを見る
6.

図書

図書
小野寺史郎著
出版情報: 東京 : 中央公論新社, 2017.6
シリーズ名: 中公新書 ; 2437
所蔵情報: loading…
7.

図書

図書
家近亮子, 唐亮, 松田康博編著
出版情報: 京都 : 晃洋書房, 2016.6
所蔵情報: loading…
8.

論文(AKAGI収録)

論文(AKAGI収録)
石田, 肇
出版情報: 群馬大学教育学部紀要. 人文・社会科学編.  62  pp.11-23,  2013-02-14.  群馬大学教育学部
9.

論文(AKAGI収録)

論文(AKAGI収録)
本村, 猛能 ; Motomura, Takeyoshi
出版情報: 群馬大学教育学部紀要. 芸術・技術・体育・生活科学編.  48  pp.175-188,  2013-02-14.  群馬大学教育学部
概要: 本研究は諸外国の各学校段階の学習過程における生徒の「自己評価による意識調査」の診断を通して,体系的な情報教育の在り方を検討することを目的とする。そこで,中学校の情報教育カリキュラムについて,日本・韓国・中国の中学生に対する実態調査により比較 検討した。 我々は 2000年度よりブルーム( Bloom,B.S)等による「認知・精神運動・情意」領域を精査した教育評価理論に, 2007年以降ペレグリーノ( Pellegrino,J.W)の評価理論の視点を踏まえて検討してきた。我々の提案する体系的情報教育とは,文部科学省の示す目標と,坂元・東等の提案した『情報教育における理解力と技能』を前提とする。その結果, ICTと自己との関わりでは,中国の中学生は情報産業関連の仕事に活用したいとし,日本の中学生は家庭生活や趣味に活用したいと考えている。なお,情報教育の三要素については日本の中学生の意欲が高いものの,情報必修用語の認知度については中国や韓国が高く,情報教育の体系化の面で我が国の各学校段階での体系化が急務であることが明確になった。 我が国は,各学校段階での情報教育のカリキュラム内容として基礎的・基本的な知識の習得をはかる教授法の体系化を充分検討する必要性があることが示唆された。<br />本文は非公開 続きを見る
10.

図書

図書
富坂聰著
出版情報: 東京 : 朝日新聞出版, 2013.5
シリーズ名: 朝日新書 ; 405
所蔵情報: loading…