1.

論文(AKAGI収録)

論文(AKAGI収録)
萩原, 豪 ; 豊田, 正明 ; 美藤, 信也 ; 佐久間, 貴士 ; Hagiwara Wayne, Go ; Toyoda, Masaaki ; Mitou, Sinya ; Sakuma, Takashi ; ハギワラ,ゴウ ; トヨダ,マサアキ ; ミトウ,シンヤ ; サクマ,タカシ
出版情報: 高崎商科大学紀要.  pp.27-35,  2018-12-20.  高崎商科大学メディアセンター
概要: The purpose of this research is to examine whether we can combine utilization of ICT and active / learning which we are promoting by introducing learning management system (LMS) at our university. In this research, we examined what LMS is appropriate for our university. The functions of Google Apps, Cybozu Live, and Moodle provide both merit and demerit. Research group concluded the combination of Moodle and Google Apps is the best option for the adoption of LMS to our university. It is possible to assume that stakeholders such as local residents also participate in LMS. LMS is usually operated only inside of the university. There is a possibility to using LMS with local residents and provide public lectures, including how to use LMS, our university could fulfill responsibilities as a community-based university.  本研究の目的は、本学において学習支援システム(Leaning Management System: LMS)を導入することにより推進してきているICTの活用とアクティブ・ラーニングを結びつけることが出来るかどうかを検討することにある。本研究において導入したGoogle AppsおよびサイボウズLive、そしてセットアップが完了したMoodleについて、それぞれの機能が一長一短であることを前提とし、本研究グループは本学におけるLMSの導入については、MoodleとGoogle Appsの併用が望ましいという結論に達した。地域住民などのステークホルダーにもLMSに参加してもらうことを想定することができる。本来ならばLMSは大学内において運用されるものであり、地域住民など学外の人間が参加する例は聞かれない。LMSの操作方法の指導などを地域における公開講座などの開催を通じて、地域密着型の大学としての責務を果たすことも可能である。 続きを見る
2.

論文(AKAGI収録)

論文(AKAGI収録)
佐久間, 貴士 ; Sakuma, Takashi ; サクマ, タカシ
出版情報: 高崎商科大学紀要.  pp.49-54,  2017-12-31.  高崎商科大学メディアセンター
概要: 本研究では,3次元プリンタを利用した地域志向商品の開発に向けた取り組みを報告する。2015年度の「ビジネスアイデアコンテスト」(高崎商科大学主催・しののめ信用金庫共催)におけるエントリーアイデアをコンテンツとして採用し,そのスケッチ画をもと に3D CADでのモデリングから3次元プリンタによる出力までの一連の作業を学生に体験させることにより,コンピテンシーの伸長に繋がると考えている。また,この取り組みを一つのプロジェクトとして捉え,その流れとともに体験的に学習し,ITスキルの技能の習得に結びつけた。 続きを見る