1.

論文(AKAGI収録)

論文(AKAGI収録)
白井, 晴男
出版情報: 上武大学経営情報学部紀要.  33  pp.63-80,  2009-03-16.  上武大学経営情報学部
概要: 現在、欧米や日本の企業は労働集約的な業務や高度な技術を要する業務を、賃金の低い海外に移管しつつある。いわゆるオフショア・ビジネスである。オフショア・ビジネスはコストを抑えること目的としている。多くの企業がオフショア開発やコールセンターを中国 、インド、ベトナムに移管している。これらの国のオフショアリングを専門とする企業は技術的に優れた人材や適正な要因を雇用して成長している。同時に各種の施設やICTなどの情報基盤が整ったソフトウェアパークを設置して、海外企業の誘致を進めている。しかしオフショア開発は技術や固有の業務機能の伝達において、文化的な違いやコミュニケーションの不具合によって問題が発生している。またセキュリティや知的財産権の侵害も発生している。ベトナムはオフショア・ビジネスの新しい基盤としてソフトウェアパークなどの施設を拡充・発展させている。ベトナムは現在人口が約8400万人であり、10年後には日本の人口を追い越すだろうと予想される。ベトナムでは企業、大学、行政が一体となって高度情報技術者の育成を行っている。当論文でベトナムの若い人材を活用するオフショア開発の現状と今後の成長性について考察する。<br />Enterprises in Europe, America and Japan are accelerating the transfer of many labor-intensive and advanced technology businesses to other countries. This is known as offshore business. The primary objective of offshore business is to reduce costs. Many call centers and certain development centers have been transferred mainly to China and more recently to India or Vietnam. Local enterprises in these countries are making efforts to expand offshore businesses by providing low-cost labor and training of professionals. New industrial parks are added with advanced ICT and well-designed infrastructure. On the other hand management of the increasing offshore businesses faces the issue of cross-cultural communication in business. In addition, the violation and abuse of the protection of intellectual property are increasing the business risk. Vietnam is seen to be increasing its potential as the new base of offshore business. Its population of 84 million is expected to surpass that of Japan by 2020. Local enterprises, universities and the government are cooperating together to train advanced information engineers. In this paper, current status of offshore business in Vietnam is analyzed and the issues and potential for future growth are discussed. 続きを見る
2.

論文(AKAGI収録)

論文(AKAGI収録)
白井, 晴男
出版情報: 上武大学経営情報学部紀要.  30  pp.41-61,  2007-10-28.  上武大学経営情報学部
概要: ユビキタス社会とは身の回りの情報機器や道具を使って、いつでも、どこでも、誰とでも、仕事や生活に役立つ情報が得られ、コミュニケーションできる社会といわれる。これを支えている技術環境はネットワークであり、サーバー中のアプリケーション・プログラム であり、また各機器に実装されたシステムLSI(IC)や組込みソフトウェアである。なかでも組込みソフトウェアは今後ますます発展し進化してゆき、知能の社会的基盤として必須の要素になり、職場や生活に浸透していくであろう。当論文では組込みソフトウェアのビジネストレンドと課題について考察する。<br />Ubiquitous society is defined as enabling the communication, whenever, wherever, and whoever utilize the useful information for living and working by using personal information tools. Its technical foundation is the information network, application program in server, system LSI and embedded software built various equipments. Above all the embedded software is expected to evolve as the social infrastructure of intelligence and penetrate into all corners of life. This paper studies future prospect nad issues on the embedded software. 続きを見る
3.

図書

図書
切田節子 [ほか] 共著
出版情報: 東京 : 近代科学社, 2007.10
所蔵情報: loading…
4.

図書

図書
切田節子 [ほか] 共著
出版情報: 東京 : 近代科学社, 2005.10
所蔵情報: loading…
5.

論文(AKAGI収録)

論文(AKAGI収録)
白井, 晴男 ; 冨岡, 昭
出版情報: 上武大学経営情報学部紀要.  27  pp.63-75,  2004-12-27.  上武大学経営情報学部
概要: 現在、大学教育においてキャリア教育がカリキュラムに組み込まれつつある。企業においては社員のキャリアテザインが重要な人事施策になっている。また、大学においては学生の職業選択支援や資格取得支援など学生に対するキャリア教育、キャリアデザインの必要 性が高まっている。また、社会人では生涯学習としての地域活動のリーダー、蓄積された経験・技能の社会還元の視点からのキャリアデザインの必要性が高まっている。従来の大学教育課程においてキャリア教育は就職講座やインターンシップが中心的なものと捉えられてきた。上武大学では、従来行われてきた就職講座を大幅に改革し、学生の自己実現を支援するキャリア教育として、平成16年度より「キャリアデザイン」科目を導入した。 当研究では、大学教育においてキャリア教育の必要性、国外国内のキャリア教育の現状、企業や大学でのキャリア教育の実践的な取り組み、上武大学で実施した「キャリアテザイン」の考え方と内容、今後のキャリアデザインの課題について考察する。<br />Recently career education has been actively adapting to its school curriculum at many Japanese colleges and universities because of high needs to help students to get jobs and various qualifications. Whereas for profit seeking organizations, career design for their employees has become important issues in terms of personnel management. Necessity of career education has been increasing for community leaders as well through life-long learning process and contributing their accumulated experiences and skill to their society. In the past, career education at colleges and universities has done by focusing on the placement services and internship programs. However, at the Jobu University, reforming the past placement related curriculums and introduced the Career Design in regular curriculum to help students to design life- long self realization processes from 2004 or the year of Heisei 16. In this article, we assert the necessity of career education at college level, and also analyze the present status of career education at other countries and practical application of other colleges and organization. We also put together the way we conducted the career design and its contents, and various problems we faced when we carried out the program of career design at the Jobu University. 続きを見る
6.

論文(AKAGI収録)

論文(AKAGI収録)
白井, 晴男
出版情報: 上武大学経営情報学部紀要.  26  pp.133-145,  2003-12-30.  上武大学経営情報学部
概要: 現在大学教育においてキャリア教育がカリキュラムの中に組み込む取り組みが活発に行われている。長引く不況で企業では少数精鋭、即戦力となる人材、国際ビジネス経験または留学経験のある人材を求める傾向にある。このような状況によって、新卒の採用比率は減 少の傾向にある。現在の社会や企業が求めている人材を供給することが、大学教育の大きな使命であろう。一般にキャリアとは職歴、経歴という意味に捉えられる。当研究ではキャリアについて考察し、大学教育においてキャリア教育をどのように推進したらよいか、企業や大学での実践的な取り組みを参考に具体的なキャリア教育のあり方を提案する。<br />Recently career education has been adopting into curriculum actively in many Japanese universities. Companies tend to recruit only useful, experienced job-applicants and those who have worked or studied abroad professionally under-protracted economical recession. As a result of this phenomenon the recruitment ratio of new graduates is decreasing. Hence the mission of university is to educate and train students so that they could perform well in society or company. In general, career means job experience. In this article, I proposed career education and the way to promote it in university. 続きを見る