1.

図書

図書
和田攻, 南裕子, 小峰光博総編集
出版情報: 東京 : 医学書院, 2010.3
所蔵情報: loading…
2.

図書

図書
小峰, 光博 ; 厚生労働科学研究費補助金難治性疾患克服研究事業特発性造血障害に関する調査研究班
出版情報: 横浜 : 厚生労働科学研究費補助金難治性疾患克服研究事業特発性造血障害に関する調査研究班, 2004.3-
所蔵情報: loading…
3.

図書

図書
和田攻, 南裕子, 小峰光博総編集
出版情報: 東京 : 医学書院, 2002.11
所蔵情報: loading…
4.

図書

図書
小峰, 光博 ; 厚生科学研究費補助金特定疾患対策研究事業特発性造血障害に関する研究班
出版情報: 横浜 : 厚生科学研究費補助金特定疾患対策研究事業特発性造血障害に関する研究班, 2002.3-
所蔵情報: loading…
5.

図書

図書
小峰, 光博 ; 厚生科学研究費補助金特定疾患対策研究事業特発性造血障害に関する研究班
出版情報: 横浜 : 厚生科学研究費補助金特定疾患対策研究事業特発性造血障害に関する研究班, 2000.3-
所蔵情報: loading…
6.

図書

図書
Anne Elizabeth Belcher著 ; 小峰光博訳
出版情報: 東京 : 医学書院, 1990.8
シリーズ名: クリニカル ナーシング / June M. Thompson[ほか]編 ; 石川稔生[ほか]監訳 ; 4
所蔵情報: loading…
7.

論文(AKAGI収録)

論文(AKAGI収録)
佐藤, 久美子 ; 小河原, はつ江 ; 根本, 和雄 ; 宮脇, 修一 ; 八代, 邦彦 ; 島野, 俊一 ; 杉田, 裕 ; 佐藤, 貞夫 ; 村上, 博和 ; 小峰, 光博 ; 土屋, 純
出版情報: 群馬大学医療技術短期大学部紀要.  9  pp.39-45,  1989-03-31.  群馬大学医療技術短期大学部
概要: In this report, we described a newly devised quantitative method of red blood cell (RBC) surfaced-bound IgG and RBC IgG autoantibody in the serum of patients with autoimmune hemolytic anemia (AIHA) by fluorescence enzyme immunoassay (fluorescence-EIA). While the enzyme linked immunosorbent assay (ELISA) technique is most widely applied to quantitation of various antibodies, fluorescence-EIA is a more useful method in which fluorescence analysis integrated into ELISA in order to increase sensitivity. This method was applied to RBC from normal subjects (7cases), and to patients with AIHA who showed positive and negative in the direct Coombs' test (12cases). Relative fluorescence units (RFU) increased in proportion to the positivity of the Coombs' test, and both data correlated with a correlation coefficient of 0.698 (P<0.01). Red cell IgG autoantibody in the serum was measured as an IgG autoantibody towards O type RBC from the normal subjects. The antibody of patients with AIHA (14 cases) demonstrated in about half of the patients in spite of negativity of the indirect Coobms' test. In one case of AIHA probably induced by Rifampicin or Ethambutol HCI, red cell IgG autoantibody in serum was measured in the progress of disease. The indirect Coombs' test were negative throughout the obsevation, but the level of autoantibody in the serum was higher than for normal subjects, and it lowered to a normal value with the recovery from illness. 続きを見る
8.

図書

図書
Helen K. Hamilton, Minnie B. Rose[編] ; 小峰光博訳
出版情報: 東京 : 医学書院, 1987.8
シリーズ名: Nurse's clinical library
所蔵情報: loading…