1.

学位論文(AKAGI収録)

学位
内田, 陽子 ; 井出, 成美 ; 桐生, 育恵 ; 松井, 理恵 ; 亀ヶ谷, 忠彦 ; 吉田, 亨 ; 小山, 晶子 ; 上山, 真美 ; 横山, 知行 ; 佐藤, 由美
出版情報: The Kitakanto medical journal = 北関東医学.  66  pp.258-259,  2016-08-01.  北関東医学会
2.

論文(AKAGI収録)

論文(AKAGI収録)
近藤, 浩子 ; 牛久保, 美津子 ; 吉田, 亨 ; 豊村, 暁 ; 佐光, 恵子 ; 神田, 清子 ; 常盤, 洋子 ; 堀越, 政孝 ; 松崎, 奈々子
出版情報: The Kitakanto medical journal = 北関東医学.  66  pp.31-35,  2016-02-01.  北関東医学会
3.

論文(AKAGI収録)

論文(AKAGI収録)
石久保, 雅浩 ; 吉田, 亨
出版情報: 上武大学看護学部紀要.  9  pp.1-15,  2015-12-15.  上武大学
概要: 【緒言】本研究は,3軸加速度計による身体活動量および生活活動量の測定方法について論文reviewを行い,この分野における動向を整理した。 【方法】データベースは,医中誌,PubMedを使用した。検索式は和文論文では「身体活動」,「生活活動」 ,「3軸加速度計」を,英文論文では“physical activities”“household activities”を“tri axial accelerometer”でAND-結合したものを用いた。採択基準は1)運動や生活活動の領域,2)3軸加速度計の使用,3)対象集団が一般健常者,4)英語または日本語の記載とした。 【結果】採択基準に該当する論文数は19編であった。対象者は幼児が2編、大学生や大学院生が4編、成人が10編、中高年女性が2編、高齢者が1編であった。研究内容は,年齢や性別,気温や可照時間による活動量の差,平日と休日の差,座位時や立位時,通勤時の活動量などであった。活動量計は,オムロンヘルスケアが5編,スズケンが5編,GMSが3編,松下電工が2編,タニタ,ソリッドブレインズ,Monitoring,Stayhealthyがそれぞれ1編であった。また、16編の論文において、今後詳細な日常生活での身体活動量の測定が必要との指摘があった。 【考察】3軸加速度計による研究は年々増加傾向にあり,今後も増加する可能性が考えられた。一方で,各機器の測定値が一定ではなくアルゴニズムの相違による影響が懸念された。また,測定方法の困難さからか生活活動量を測定した論文は少なく,更なる質の高い研究による成果の蓄積が望まれた。 続きを見る
4.

論文(AKAGI収録)

論文(AKAGI収録)
堀越, 政孝 ; 常盤, 洋子 ; 牛久保, 美津子 ; 近藤, 浩子 ; 松崎, 奈々子 ; 吉田, 亨 ; 豊村, 暁 ; 佐光, 恵子 ; 神田, 清子
出版情報: The Kitakanto medical journal = 北関東医学.  65  pp.276-277,  2015-08-01.  北関東医学会
5.

図書

図書
宮坂忠夫, 川田智惠子, 吉田亨編著
出版情報: 東京 : メヂカルフレンド社, 2013.12
シリーズ名: 最新保健学講座 / [金川克子ほか編集] ; 別巻1
所蔵情報: loading…
6.

論文(AKAGI収録)

論文(AKAGI収録)
坂東, 春美 ; 山川, 正信 ; 吉田, 亨
出版情報: The Kitakanto medical journal.  59  pp.345-350,  2009-11-01.  北関東医学会
概要: 【背景・目的】妊婦や母親への禁煙支援及び乳幼児の受動喫煙防止を検討するため, 妊娠期から育児期の母親の喫煙状況を, 明らかにすること.【方法】A市の, 2006年4 ~11月の乳幼児健診 (4か月~3歳半) 対象児の母親全て (2,849人 ) に, 自記式質問紙を郵送し, 同意者から回収した.【結果】50.3%有効回答を得た. 母親の喫煙者は, 12.8%であった. 妊娠期における喫煙状況は, 喫煙者46.7%, 禁煙者51.1%であった. ロジステック回帰分析の結果「同居家族の子どもの前での喫煙」「1日の喫煙本数」「喫煙開始年齢」「子どもの年齢」の4項目と母親の子どもの前での喫煙において, 有意な関連が認められた.【結論】51.1%が出産後の再喫煙者であった. 母親の子どもの前での喫煙において, 「同居家族の子どもの前での喫煙」「1日の喫煙本数」「喫煙開始年齢」「子どもの年齢」の4項目に有意な関連が認められた. 続きを見る
7.

図書

図書
宮坂忠夫, 川田智惠子, 吉田亨編著
出版情報: 東京 : メヂカルフレンド社, 2006.1
シリーズ名: 最新保健学講座 / 金川克子 [ほか] 編集 ; 別巻 1
所蔵情報: loading…
8.

論文(AKAGI収録)

論文(AKAGI収録)
吉田, 亨 ; 常見, 理英 ; 川島, 佐枝子 ; 石野, 由貴江 ; 武田, 潔子 ; 前原, 宏司 ; 荻原, 敏雄
出版情報: 群馬保健学紀要.  23  pp.117-124,  2003-03.  群馬大学医学部保健学科
概要: 群馬県大間々町地域保健計画策定の一助とするため,「健康日本21」や「元気県ぐんま21」を参考に,小・中学生の健康行動と生活・意識に関する調査を実施した。対象は,大間々町立小・中学校の全児童・生徒で,小学生1,249名,中学生662名。無記名 自記式調査票への記入を,小学生は保護者に,中学生は生徒自身に依頼した。有効回収率は,小学生81.3%,中学生95.9%。朝食の欠食は,小学生で1.4%,中学生で3.9%であった。その背景には,子どもに構わない家庭状況や,不規則な生活状況があるものと思われた。また,中学生では26.8%が朝食を毎日1人で食べていた。身体活動頻度は女子で低く,小学4~6年生で低下していた。また,小学生男子では,ゲームやパソコンの時間が長いほど身体活動頻度が減るものと思われた。歯磨は,女子で回数が多く,昼食後の歯磨は中学生でほとんど行われていなかった。中学生で,たばこに興味が「ある」が3.5%,お酒に興味が「ある」が14.5%,シンナー・覚醒剤に興味が「ある」が0.6%であった。 続きを見る
9.

論文(AKAGI収録)

論文(AKAGI収録)
福田, 春枝 ; 荒川, 千秋 ; 吉田, 亨 ; 佐々木, かほる ; 斉藤, 基 ; 行木, 真由美 ; 木暮, 総子 ; 小野, 道子 ; 小林, 秀代 ; 星野, 悦子 ; 正田, 美智子
出版情報: 群馬保健学紀要.  22  pp.11-16,  2002-03.  群馬大学医学部保健学科
概要: 看護は, 人の生命・生活に深く関わり支えるという価値をもつものである。そこで看護婦・士の自尊感情に視点を当て, 経験年数, 年齢, 仕事満足度および就業意向との関連を明らかすることを目的とした。G県内の病院に勤務する看護職者3,895名に質 問紙を配布し, 同意を得られた3,345名を対象とした。回収率は85.9%であった。自尊感情についての分析では保健婦, 助産婦, 准看護婦を除いた看護婦・士のみを対象とし, 2,712名(69.6%)の回答を分析した。結果は以下の通りであった。1.経験年数および年齢が増すと, 自尊感情得点は有意に高くなる傾向が見られた。2.仕事に対して満足している者は, 自尊感情得点が高かった。3.退職年齢まで就業継続したいと望んでいる者は, 自尊感情得点が高かった。以上の結果より, 自尊感情と経験年数, 年齢, 仕事満足度およ職業継続とは, それぞれ密接に関連していると考えた。今後は日常業務の中で, 自尊感情を高めることが望まれる。 続きを見る
10.

図書

図書
園田恭一, 川田智恵子, 吉田亨編
出版情報: 東京 : 有信堂高文社, 1993.3
シリーズ名: 保健社会学 / 園田恭一 [ほか] 編 ; 2
所蔵情報: loading…