がんサバイバーがセルフヘルプグループでの活動を通じて新たな役割を獲得するプロセス

フォーマット:
論文(AKAGI収録)
責任表示:
室田, 紗織 ; 武居, 明美 ; 神田, 清子 ; Muroda, Saori ; Takei, Akemi ; Kanda, Kiyoko
言語:
日本語
出版情報:
北関東医学会, 2013-05-01
著者名:
室田, 紗織
武居, 明美
神田, 清子
Muroda, Saori
Takei, Akemi
Kanda, Kiyoko
続きを見る
掲載情報:
The Kitakanto medical journal
ISSN:
1343-2826  CiNii Articles  Webcat Plus  IRDB
巻:
63
通号:
2
開始ページ:
125
終了ページ:
131
バージョン:
publisher
概要:
【目的】がんサバイバーが,セルフヘルプグループ (SHG)での活動を通じて,新たな役割を獲得するプロセスを明らかにする.【対象と方法】 SHGで活動するがんサバイバー10名を対象に,半構成的面接を行い, M-GTAの手法を用いて分析を行った.【結果】がんサバイバーが SHGでの活動を通じて新たな役割を獲得するプロセスは,『他のがんサバイバーへ抱き始める関心』から始まった.『がんサバイバーからの享受と相互作用の実感』を得ながら活動を継続していく中で,『社会のために活動する役割意 識』へと向かっていた.また,「がんゆえに生じる恒久的な苦悩」が影響していた.【結語】がんの恩恵を見出すことが新たな役割を得るために欠かすことができないステップであった.またがんサバイバーは, SHGの情報提供機能を求めていた.そのため看護師は,他のサバイバーとの相互作用を高める関わり,SHGが的確な情報提供の場になるような支援を行うことが求められる. 続きを見る

類似資料:

1
 
2
 
3
 
4
 
5
 
6
 
7
 
8
 
9
 
10
 
11
 
12
 

武居, 明美, 瀬山, 留加, 石田, 順子, 神田, 清子, Takei, Akemi, Seyama, Ruka, Ishida, Junko, Kanda, Kiyoko

北関東医学会

Katz, Alfred H. (Alfred Hyman), 1916-, 久保, 紘章(1939-2004), 石川, 到覚(1947-)

岩崎学術出版社

石川, 到覚(1947-), 久保, 紘章(1939-2004)

中央法規出版

石田, 順子, 細川, 舞, 武居, 明美, 平井, 和恵, 石田, 和子, 神田, 清子, Ishida, Junko, Hosokawa, …

北関東医学会

久保, 紘章(1939-2004), 石川, 到覚(1947-)

中央法規出版

斎藤, 学(1941-)

日本評論社

6 論文(AKAGI収録) がんサバイバーと共に歩む看護

二渡, 玉江

北関東医学会