疼痛の緩和ケアにリン酸コデインを用いた筋萎縮性側策硬化症の一例

フォーマット:
論文(AKAGI収録)
責任表示:
大竹, 弘哲 ; 長嶋, 和明 ; 田中, 聡一
出版情報:
北関東医学会, 2007-02-01
著者名:
掲載情報:
The Kitakanto medical journal
ISSN:
1343-2826  CiNii Articles  Webcat Plus  IRDB
巻:
57
通号:
1
開始ページ:
49
終了ページ:
52
バージョン:
publisher
概要:
症例は73歳女性. 左上肢の筋力低下にて発症. 歩行障害が現れ, 筋萎縮性側索硬化症(ALS)と診断. 後に構 音障害と嚥下障害が現れ, 進行した. 患者本人とその家族共に延命治療を希望されなかった. 左上肢を中心に 疼痛を訴えるようになり, 緩和ケアとしてリン酸コデインを開始して45日目に永眠された. 日米の神経学会 治療ガイドラインで, ALS末期の疼痛緩和にオピオイドの使用を勧めている. 筋萎縮に伴って体重が減少す るALS末期で, 欧米に比べ体格の小さい本邦の患者にお いて, 強オピオイドではなくリン酸コデインから緩 和ケアを開始することを検討すべきである. 続きを見る

類似資料:

1
 
2
 
3
 
4
 
5
 
6
 
7
 
8
 
9
 
10
 
11
 
12
 

Oliver, David, FRCGP, Borasio, Gian Domenico, Walsh, T. Declan, 1947-, 中島, 孝(医師)

西村書店

松尾, 宏俊, 高橋, 均, 川上, 明男, 下畑, 亨良, 西澤, 正豊

北関東医学会

市川, 幸恵, 牛久保, 美津子, 中川, 裕, 猪熊, 綾子, 冨田, 千恵子

北関東医学会

ワット, 隆子(1940-)

ヴィゴラス・メド

アメリカALS協会, 遠藤, 明

日本メディカルセンター

岡本, 幸市, Okamoto, Koichi

北関東医学会

大谷, 忠広, 牛久保, 美津子, 川尻, 洋美, 中川, 裕, 飯田, 苗恵, 岡本, 幸市

北関東医学会

「筋萎縮性側索硬化症診療ガイドライン」作成委員会

南江堂

厚生省特定疾患筋萎縮性側索硬化症調査研究班, 椿, 忠雄(1921-)

厚生省特定疾患筋萎縮性側索硬化症調査研究班