日常生活の中におけるカフェイン摂取-カフェインの精神運動刺激作用と行動遂行-

フォーマット:
論文(AKAGI収録)
責任表示:
栗原, 久
言語:
日本語
出版情報:
東京福祉大学・大学院, 2016-10-25
著者名:
栗原, 久  
掲載情報:
東京福祉大学・大学院紀要
ISSN:
1883-7565  CiNii Articles  Webcat Plus  IRDB
巻:
7
通号:
1
開始ページ:
5
終了ページ:
17
バージョン:
publisher
概要:
コーヒー/カフェイン摂取と精神運動機能について、これまでの知見を総括した。カフェインの摂取は覚醒度や注意・集中力の維持や有酸素運動の向上に有益で、その有効性は50 mg (コーヒー換算で1杯)以上で現れる。カフェイン200 mg以上を常習的に摂取している人の一部では、カフェイン摂取の急激な中断後、カフェイン効果の逆の症状で特徴づけられる頭痛、眠気、倦怠感、意欲低下といった離脱症状が出現するが、いずれの症状もマイルドで、短時間で消失する。また、カフェイン摂取量を緩徐に減らしてい けば、離脱症状の出現を回避できる。もちろん、カフェインの依存性は、覚せい剤、コカイン、ヘロインなどの依存・乱用性薬物より軽微で、カフェイン乱用とするほどの問題は生じない。カフェインの精神運動刺激作用は睡眠に悪影響を及ぼすことは確かである。この知見は、カフェイン摂取量の減少で睡眠の改善(睡眠潜時の短縮、深睡眠の増加)が図られ、交代勤務や夜間の長距離運転、時差ぼけ時のような集中力の維持が求められる状況では、コーヒー/カフェイン摂取は有益性を発揮することを示唆している。睡眠に及ぼすカフェインの影響についての個人差には、遺伝的背景があることが報告されている。 続きを見る

類似資料:

1
 
2
 
3
 
4
 
5
 
6
 
7
 
8
 
9
 
10
 
11
 
12
 

栗原, 久

東京福祉大学・大学院

小川, 正行, Ogawa, Masayuki, オガワ, マサユキ, 後藤, 香織, Goto, Kaori, ゴトウ, カオリ, 霜触, …

群馬大学教育学部

柳川, 天志

北関東医学会

栗原, 久

東京福祉大学・大学院

ニュートンプレス

ニュートンプレス

松浦, 義行(1930-)

不昧堂出版

鈴木, 正夫(1899-)

生理學講座刊行會

野口, 義之

不昧堂

松浦, 義行(1930-)

不昧堂書店

宮下, 充正(1936-), 大築, 立志(1945-)

放送大学教育振興会