精神科看護における禁煙指導

フォーマット:
論文(AKAGI収録)
責任表示:
藤野, 邦夫
言語:
日本語
出版情報:
上武大学看護学部, 2008-12-25
著者名:
藤野, 邦夫  
掲載情報:
上武大学看護学部紀要
ISSN:
1880-747X  CiNii Articles  Webcat Plus  IRDB
巻:
4
開始ページ:
23
終了ページ:
34
バージョン:
publisher
概要:
我が国の禁煙の歴史は古く嗜好品として考えられていた。しかし、近年喫煙が呼吸器系疾患の有病率を高め、健康障害の発生要因となることが科学的に証明された。また、喫煙者のみでなく副流煙による受動喫煙の概が明らかになった。このため厚生労働省は、産業保険領域や未成年者の喫煙予防、公共の場における喫煙制限などを推進し、平成15年に健康増進法が施行された。 喫煙は、個人の問題であると同時に家族や社会問題としてとらえられ、神奈川県をはじめ自治体によっては条例によって禁煙指導を強化しようとしてい る。 一方、精神科病院では、古くから患者の喫煙率が高く、看護職員は喫煙制限や禁煙指導に苦労しているが、他の診療かに比較して精神科看護職員の喫煙率が高いのが特徴である。また、精神障害者の禁煙指導が病状悪化を伴うこともあり、喫煙が容認されてきた歴史的背景がある。 近年、公共の場での喫煙場所が制限され、企業や学校、病院内での敷地ない禁煙が当然となりつつある。子の大きな流れの中で、入院中の精神障害者のみが適切な情報や指導を受けずに、嗜好品扱いされながら喫煙を続けることは、社会的に容認されがたい。今ではインターネットなど情報化が進み行政庁や各種団体からの禁煙指導や治療情報が容易に入手できるようになった。精神科看護師は、入院患者の一日も早い回復への努力は当然であるが、同時に入院中の患者の健康管理としての禁煙指導は看護業務に位置づけなければならない。<br />Smoking has a long history in Japan. In recent years, however, evidence has accumulated that smoking is a risk factor for health damage, being related to a high prevalence of respiratory diseases. Health damage from second-hand smoke has also been demonstrated. The Ministry of Health, Labour and Welfare has been promoting activities to improve industrial health, prevent underage smoking, and restrict smoking in public places, and the Health Promotion Law went into effect in 2003. Since smoking is not only a personal but also a family and social issue, some local governments including Kanagawa Prefecture are considering enacting ordinances to help people quit smoking. On the other hand, smoking rates remain high among patients in psychiatric hospitals, and education by nurses to help promote smoking cessation and reduce the number of cigarettes smoked has been ineffective. Compared with other departments, smoking rates in nurses as well as patients are high in psychiatric departments. Another reason for delayed organizational efforts to promote smoking cessation is the recognition that activities to curb smoking may worsen patients' conditions. Recently, smoking has been banned except for limited areas in public places, and completely banned on the premises of most companies, schools, and hospitals. We must immediately rectify the current situation in which only people with mental disorders have little or no access to proper information and guidance to stop smoking, continuing to smoke as their favorite activity. Information on smoking cessation programs and therapy is available from government agencies, local governments, and websites of the Japanese Cancer Association and Japan Lung Cancer Society. Psychiatric nurses are responsible not only for patients' recovery but also for preventing health damage resulting from smoking. 続きを見る

類似資料:

1
 
2
 
3
 
4
 
5
 
6
 
7
 
8
 
9
 
10
 
11
 
12
 

奥野, 敬生

北関東医学会

2 図書 精神看護

医療情報科学研究所

メディックメディア

日本精神科看護技術協会 「精神科看護学叢書」 編集委員会, 日本精神科看護技術協会

メヂカルフレンド社

3 図書 精神看護

医療情報科学研究所

メディックメディア

浦野, シマ

牧野出版

武井, 麻子

医学書院

メヂカルフレンド社

武井, 麻子

医学書院

日本精神科看護技術協会

日本精神科看護技術協会

日本精神科看護協会, 日本精神科看護技術協会

日本精神科看護協会