三国志論集 : 狩野直禎先生傘寿記念

フォーマット:
図書
責任表示:
三国志学会編
言語:
日本語
出版情報:
東京 : 三国志学会
東京 : 汲古書院 (発売), 2008.9
形態:
583p, 図版 [1] 枚 ; 22cm
著者名:
三国志学会 <DA15696576>  
目次情報:
応劭の人物批評 田中麻紗巳 [著]
無と道 : 韓康伯の思想 堀池信夫 [著]
仲長統伝小考 : 「仲長統の思想」序章 井ノ口哲也 [著]
揺れ動く「象」 : その重層性をめぐっての試論 辛賢 [著]
建安詩人における自然描写の写実性 林田愼之助 [著]
曹植の対自性 : 「黄初四年の上表文」を読む 大上正美 [著]
三国・六朝抗争史の中の建康 : 特に侯景の乱と庾信の行動について 安藤信廣 [著]
曹操楽府詩私論 柳川順子 [著]
建安文学に見る詩の変容 : 文章不朽と詩の無名性 牧角悦子 [著]
三国時代の蜀および呉における詩作の実態について 矢田博士 [著]
輝ける香り、芳しき光り : 曹植「迷迭香賦」の「順微風而舒光」句をめぐって 狩野雄 [著]
「与呉質書」の曹丕 稀代麻也子 [著]
『三国志』の王朝観 : 『漢書』との比較を中心として 小林春樹 [著]
柤中考 : 三国時代における沔南の村塢と流民、蛮夷 石井仁 [著]
陳壽の『三國志』と蜀學 渡邉義浩 [著]
満文三国志について 早田輝洋 [著]
関羽が貂蝉を斬るのはなぜか : 弾唱小説と異端小説 大塚秀高 [著]
『三国志平話』の結末についての試論 金文京 [著]
劉龍田本『三国志伝』と繁本系テキスト 中川諭 [著]
「食」から読む『三国志演義』 上田望 [著]
関平が養子であることは何を意味するか 竹内真彦 [著]
毛宗崗本『三国志演義』に描かれた女性の義 : 貂蝉の事例を中心として 仙石知子 [著]
関羽の手紙と単刀会 : 関羽文献の本伝についての補説 伊藤晋太郎 [著]
わたしと三国志 狩野直禎 [著]
応劭の人物批評 田中麻紗巳 [著]
無と道 : 韓康伯の思想 堀池信夫 [著]
仲長統伝小考 : 「仲長統の思想」序章 井ノ口哲也 [著]
揺れ動く「象」 : その重層性をめぐっての試論 辛賢 [著]
建安詩人における自然描写の写実性 林田愼之助 [著]
曹植の対自性 : 「黄初四年の上表文」を読む 大上正美 [著]
続きを見る
書誌ID:
BA87379062
ISBN:
9784762995514 [4762995517]  CiNii Books  Webcat Plus  Google Books
子書誌情報
Loading
所蔵情報
Loading availability information

類似資料:

1
 
2
 
3
 
4
 
5
 
6
 
7
 
8
 
9
 
10
 
11
 
12
 

狩野, 直禎(1929-)

講談社

狩野, 直禎(1929-)

同朋舎出版

狩野, 直禎(1929-)

新人物往来社

西村, 信雄(1900-1989), 浅井, 清信(1902-1992)

法律文化社

築島裕博士傘寿記念会

汲古書院

満田, 剛(1973-)

白帝社

川井健先生傘寿記念論文集刊行委員会

日本評論社

10 図書 漢書郊祀志

班, 固(32-92), 狩野, 直禎(1929-), 西脇, 常記(1943-)

平凡社

小西先生傘寿記念論文集編集委員会

大修館書店

土井先生頌寿記念論文集刊行会, 土井, 忠生(1900-1995)

三省堂

狩野, 直喜(1868-1947), 狩野, 直禎(1929-)

平凡社

西田, 直二郎(1886-), 古代学協会

吉川弘文館