1.

図書

図書
J.D. Salinger
出版情報: Tokyo : Kodansha International, l991.5
シリーズ名: Kodansha English library ; 71
所蔵情報: loading…
2.

図書

図書
Pete Hamill
出版情報: Tokyo : Kodansha International, l990.8
シリーズ名: Kodansha English library ; 58
所蔵情報: loading…
3.

図書

図書
Shinichi Hoshi ; translated by Robert Matthew
出版情報: Tokyo : Kodansha, l986.9 , , Tokyo : Kodansha International, l986.9 ,
シリーズ名: Kodansha English library ; [22]
所蔵情報: loading…
4.

図書

図書
[editor] Kiyosi Itô
出版情報: Tokyo : Kinokuniya, cl984
シリーズ名: North-Holland mathematical library ; v. 32
所蔵情報: loading…
5.

図書

図書
筑井孝子
出版情報: 群馬県, 980円(税込)
所蔵情報: loading…
6.

図書

図書
Texas Instruments Incorporated
出版情報: [Dallas, Tex.] : Texas Instruments, cl973
所蔵情報: loading…
7.

図書

図書
Copleston, Frederick Charles, 1907-
出版情報: Westminster, Md. : Newman Bookshop, 1946-[75]
シリーズ名: Bellarmine series ; 16-18
所蔵情報: loading…
8.

雑誌

雑誌
愛知淑徳大学国文学会
出版情報: 長久手町 (愛知県) : 愛知淑徳大学国文学会, 昭53-
オンライン: https://aska-r.repo.nii.ac.jp/
所蔵情報: loading…
9.

図書

図書
高橋藤蔵編
出版情報: 東京 : 建築書院, 明44
所蔵情報: loading…
10.

図書

図書
帆足小太郎著
出版情報: 京都 : 原田染料店, 明42.12
所蔵情報: loading…
11.

図書

図書
電気学研究会編
出版情報: 東京 : 明文堂,武蔵屋, 明41.1
所蔵情報: loading…
12.

図書

図書
マルグリイト・ダングレエム著 ; 落合浪雄抄訳
出版情報: 東京 : 隆文館, 明39.6
所蔵情報: loading…
13.

図書

図書
斎藤斐章著
出版情報: 東京 : 目黒書店, 明38.4
所蔵情報: loading…
14.

図書

図書
矢板寛著
出版情報: 東京 : 金港堂, 明35.7
所蔵情報: loading…
15.

図書

図書
Dante Alighieri ; edited by Piero da Figino
出版情報: Venice : Bernardino benali & Matthio, 3 March 1491
所蔵情報: loading…
16.

図書

図書
勝山善巧著
出版情報: 京都 : 興教書院, 明28.3
所蔵情報: loading…
17.

図書

図書
呉仁敬,辛安潮著
出版情報: 上海 : 商務印書館, 民国26
シリーズ名: 中国文化史叢書 ; 第1輯
所蔵情報: loading…
18.

図書

図書
大野一郎著
出版情報: 大阪 : 紡織雑誌社, 昭和25
所蔵情報: loading…
19.

図書

図書
出版情報: 群馬大学医学部耳鼻咽喉科学教室, 昭和22年~昭和59年3月
所蔵情報: loading…
20.

図書

図書
中村喜一郎著
出版情報: 八王子 : 青木勇吉, 明22.3
所蔵情報: loading…
21.

図書

図書
柏木好三郎著
出版情報: 東京 : 丸善, 昭和22
所蔵情報: loading…
22.

図書

図書
島崎藤村著
出版情報: 東京 : 春陽堂, 昭和22
シリーズ名: 春陽堂文庫 ; 16
所蔵情報: loading…
23.

図書

図書
狩野直喜著
出版情報: 東京 : 弘文堂書房, 昭和22
所蔵情報: loading…
24.

図書

図書
山岡次郎著
出版情報: 東京 : 十一堂, 明20-21
所蔵情報: loading…
25.

図書

図書
Richard L. Drake, A. Wayne Vogl, Adam W.M.Mitchell ; illustrated by Richard M. Tibbitts, Paul E. Richardson ; photographs by Ansell Horn
出版情報: Philadelphia, Pa. : Elsevier, c2021
所蔵情報: loading…
26.

学位論文(AKAGI収録)

学位
飯塚, 貴士 ; イイヅカ, タカシ ; Iizuka, Takashi
出版情報: 2020-07-31.  群馬大学医学系研究科
概要: 学位記番号:医博甲1811号
27.

学位論文(AKAGI収録)

学位
孫, 逸菲 ; ソン, イッヒ ; Sun, Yifei
出版情報: 2020-06-30.  群馬大学大学院理工学府
28.

学位論文(AKAGI収録)

学位
中島, 公子 ; ナカジマ, キミコ ; Nakajima, Kimiko
出版情報: 2020-06-30.  群馬大学医学部
概要: 学位記番号:医博甲1809
29.

学位論文(AKAGI収録)

学位
田村, 峻太郎 ; タムラ, シュンタロウ ; Tamura, Shuntaro
出版情報: 2020-06-30.  群馬大学医学部
概要: 学位記番号:医博甲1810
30.

学位論文(AKAGI収録)

学位
渡辺, 光治 ; ワタナベ, ミツハル ; Watanabe, Mitsuharu
出版情報: 2020-05-31.  群馬大学医学部
概要: 学位記番号:医博甲1808
31.

学位論文(AKAGI収録)

学位
小泉, 亜矢 ; コイズミ, アヤ ; Koizumi, Aya
出版情報: 2020-04-30.  群馬大学医学部
概要: 学位記番号:医博甲1807
32.

学位論文(AKAGI収録)

学位
宮越, 俊一 ; 田部井, 仁美
出版情報: 群馬高専レビュー.  pp.1-6,  2020-03-31.  群馬工業高等専門学校
33.

学位論文(AKAGI収録)

学位
谷村, 嘉恵
出版情報: 群馬高専レビュー.  pp.7-10,  2020-03-31.  群馬工業高等専門学校
34.

学位論文(AKAGI収録)

学位
谷村, 嘉恵
出版情報: 群馬高専レビュー.  pp.11-14,  2020-03-31.  群馬工業高等専門学校
35.

学位論文(AKAGI収録)

学位
大豆生田, 利章
出版情報: 群馬高専レビュー.  pp.23-28,  2020-03-31.  群馬工業高等専門学校
36.

学位論文(AKAGI収録)

学位
横山, 孝一
出版情報: 群馬高専レビュー.  pp.29-40,  2020-03-31.  群馬工業高等専門学校
37.

学位論文(AKAGI収録)

学位
横山, 孝一
出版情報: pp.41-52,  2020-03-31.  群馬工業高等専門学校
38.

学位論文(AKAGI収録)

学位
横山, 孝一
出版情報: 群馬高専レビュー.  pp.53-64,  2020-03-31.  群馬工業高等専門学校
39.

学位論文(AKAGI収録)

学位
井上, 卓磨 ; 田貝, 和子
出版情報: 群馬高専レビュー.  pp.65-70,  2020-03-31.  群馬工業高等専門学校
40.

学位論文(AKAGI収録)

学位
岡本, 邦夫 ; 矢口, 久雄
出版情報: 群馬高専レビュー.  pp.71-78,  2020-03-31.  群馬工業高等専門学校
41.

学位論文(AKAGI収録)

学位
宮川, 剛
出版情報: 群馬高専レビュー.  pp.79-85,  2020-03-31.  群馬工業高等専門学校
42.

学位論文(AKAGI収録)

学位
太田, たまき
出版情報: 群馬高専レビュー.  pp.12-1,  2020-03-31.  群馬工業高等専門学校
43.

学位論文(AKAGI収録)

学位
大島, 由紀夫
出版情報: 群馬高専レビュー.  pp.22-13,  2020-03-31.  群馬工業高等専門学校
44.

学位論文(AKAGI収録)

学位
金子, 忠夫 ; 矢口, 久雄 ; 浅見, 博 ; 岡本, 邦夫 ; 黒澤, 拓未
出版情報: 群馬高専レビュー.  pp.15-22,  2020-03-31.  群馬工業高等専門学校
45.

学位論文(AKAGI収録)

学位
小西, 尚之
出版情報: 高崎健康福祉大学紀要.  pp.13-25,  2020-03-31.  高崎健康福祉大学
概要: 本稿は,設置から25年が経過した総合学科高校の現状を,全国調査の結果によって,明らかにしようとするものである.1994年の総合学科の設置以後,これまでにも何回かの全国調査が実施されてきたが,総合学科高校の増加に伴って,今回の調査はこれまでに ない大規模なものになった.主な調査結果は以下のとおりである.①科目選択の際に,まず「系列」を選択させている学校が7割以上を占めた.②3年次の「課題研究」のテーマを「生徒が自由に決めている」学校が6割以上であった.③科目選択等のために専任のカウンセラーを置いている学校は約2割,卒業生の「追指導」を行っている学校は約1割にとどまった.④ホームルーム編成を毎年変更している学校が過半数を占め,すべての年次で「学業成績」が主な編成原理となっていた.以上のような結果は,今後の総合学科や高校教育改革全体の方向性を考える際に,さらには,それぞれの総合学科高校が自校の学校改革を考える際にも示唆を与えるものと考える.<br />研究論文 続きを見る
46.

学位論文(AKAGI収録)

学位
石川, 勉
出版情報: 高崎健康福祉大学紀要.  pp.51-64,  2020-03-31.  高崎健康福祉大学
概要: 新学習指導要領が実施となる.そのキーワードはまさに「総合的な学習の時間」の充実である.しかし現在,義務教育諸学校,特に公立中学校では「総合的な学習の時間」が形骸化し,本来の目的が達成できていない場合がある.本考察は,これまで筆者が実施してき た教育委員会からの委嘱研究の取組から,キャリア教育の充実を通して,将来人生設計において自己解決できる力の基礎となるべき資質・能力を育む「総合的な学習の時間」の質の向上を図る方策を考えるものである.<br />研究ノート・試論 続きを見る
47.

学位論文(AKAGI収録)

学位
板津, 裕己
出版情報: 高崎健康福祉大学紀要.  pp.65-77,  2020-03-31.  高崎健康福祉大学
概要: 今日,子どもたちが健やかや成長や発達を遂げ,彼/彼女らが持つ個性や可能性を発揮していくためには,健康な自己観を持つことが強調されている.本レポートでは,教育活動場面において,児童や生徒だけでなく,彼/彼らの健やかな成長や発達を支えていく立場 にある教師も,自己受容することが大切であることについて,先行研究を紹介しながら述べた.教師の自己受容を高めていく活動案,および,それらの活動を進めていく際の注意点などを、対象が教師であることを想定して提示した.活動案では,教師の心身の発達状況や子どもたちへの影響などを考慮して,ただ,「お互いを褒め合う」「長所を伸ばす」だけではなく,活動を行う際には,周囲から,「修正したほうが望ましい点」をアドバイスとして受け容れることが大切であると述べた.レポートの最後には,教師にとって,「なぜ正しい自己理解(例えば自己受容)が必要か」について,筆者の考えをまとめた.<br />研究ノート・試論 続きを見る
48.

学位論文(AKAGI収録)

学位
市村, 雅俊
出版情報: 高崎健康福祉大学紀要.  pp.109-114,  2020-03-31.  高崎健康福祉大学
概要: 農山漁村地域の振興には地域資源を6次産業化する質の高い6次産業化人材が不可欠であるが,この人材 の育成およびその課題に関する研究はほとんど見られない.この点に着目し,農山漁村振興に寄与する6次産業化を担う6次産業化人材の育成およびその課題に 関する研究の方向性を展望した.現在の6次産業化人材の育成は,大別すれば教育機関を通じて行われるものと6次産業化の現場で直接行われるものがあるが,いずれの方法においても先行研究が乏しい.そこで,先行研究の少なさを補完するため,筆者が実務として経験した6次産業化人材育成プログラムの開発事業で得た知見・示唆を研究の展望を得る際の足掛かりとして用いた.教育機関が担う6次産業化人材の育成については,産業界と教育機関との連携が質の高い6次産業化人材の育成につながる可能性があり,その体制の構築も重要な課題となる.最後に,今後の研究の展望として,6次産業化の現場で直接行われる6次産業化人材の育成に関する調査研究の進め方を示した.<br />研究ノート・試論 続きを見る
49.

学位論文(AKAGI収録)

学位
深見, 匡 ; 村松, 芳多子 ; 竹内, 真理 ; 田中, 進
出版情報: 高崎健康福祉大学紀要.  pp.137-143,  2020-03-31.  高崎健康福祉大学
概要: 本学健康栄養学科では新入生に対しフレッシュマンキャンプを開学以来毎年実施してきた.フレッシュマンキャンプ終了後にはアンケートを実施し,次年度の計画の参考にはしてきた.しかし,これを統計処理し定量的に分析すること等は行っておらず,アンケートを 十分に活用してきたとは言えない.そこで今回,利用可能な5年分のアンケートを使用し,実態を定量的に把握,評価,分析することにした.アンケートの内容は2015年~2018年は9項目の質問と2項目の記述質問とし,2019年は4項目の質問を追加した.結果として,学生のフレッシュマンキャンプの数値的評価はおおむね高く,一定の評価はできる.学生の多くは「有意義だった」と評価していて,その根拠は「友人作りのきっかけ」になることが大きいようであった.一方,改善が望まれることとして行事の「飯盒炊爨」がある.荒天の場合は苦情が集中する.学生の健康に配慮し代替的行事への変更など臨機応変な対応が求められた.<br />調査・事例等報告 続きを見る
50.

学位論文(AKAGI収録)

学位
箕輪, 千佳 ; 鈴木, 恵理 ; 柿澤, 美奈子 ; 鈴木, 弘子
出版情報: 高崎健康福祉大学紀要.  pp.159-168,  2020-03-31.  高崎健康福祉大学
概要: リラクセーション法は,看護実践で充分活用されているとは言い難い.そこで,リラクセーション法を取り入れている看護実践例やその際の課題を出し合い,その課題解決にむけて意見交換する目的で交流集会を行った.結果,課題として一部のリラクセーション法を 実施するにあたっての資格の必要性への疑問,業務が忙しく実践に取り入れる時間の確保の困難さが挙げられた.これらの解決方法として,前者にはリラクセーション法は看護独自の援助方法であり,さらなる資格は必要ないこと,それを多職種や看護職に啓発する必要性,後者には短時間でできるリラクセーション法の活用,ボランティアの活用があった.その他,実施方法の不明確さやエビデンスの低さと情報の入手しにくさ,制度的担保や物品が実践の場にないことが課題としてあったが,いずれも質の高いエビデンスの構築によって解決が図られると考えられた.さらに,医療や社会の変化に伴い,看護師の人に触れることに関する意識が変化している可能性があり,対応を検討する必要があることが示唆された."Although it has been a while since the relaxation method was introduced to nursing education, it has not been well utilized in clinical practices. At the 38th Annual Conference of Japan Academy of Nursing Science, we held an exchanging meeting to discuss the problems of incorporating relaxation methods into nursing practices and the solutions. In the meeting, one of the examples of incorporating the relaxation method into nursing practices was introduced, which involved light touches and strokes on patients’ hands, in nursing students’ training to help them collect patient information and build good relationship with patients. Furthermore, various relaxation methods were reported to build rapport with the patients/families in clinical practices. The problems in introducing relaxation method to nursing practices were listed; indications and contraindications from the nursing perspective were unclear, and the appropriate implementation method was uncertain, therefore there was no consensus about relaxation method across medical staff; these days, the nurses ""touch"" patients' bodies less often, and they could not gain confidence in using relaxation method because of inadequate knowledge, skills, and experiences; they could not find time to implement relaxation methods because of their busy schedules, and evaluation of the specific relaxation method was difficult for children and patients who were not able to communicate their concerns. From now on, it is necessary to clarify that many nurses have the problems noted above and to find solutions."<br />資料紹介 続きを見る