1.

論文(AKAGI収録)

論文(AKAGI収録)
遠藤, 真知子
出版情報: 共愛学園前橋国際大学論集.  pp.135-145,  2020-03-31.  共愛学園前橋国際大学
概要: ペアで英語で会話をするアクティビティを行うのが難しい学習者でも、楽しみながら英語で情報をやり取りできるアクティビティ(Listen and Tell アクティビティ)を考案した。このアクティビティに取り組んだ学生にアンケート調査を行い、その 結果を、ペアで英語で会話するアクティビティを行った場合と比較した結果、Listen and Tell アクティビティの方が、楽しみながらパートナーと情報を交換することができ、学習者の内的動機づけを高めるのに効果的であることがわかった。 続きを見る
2.

図書

図書
パトリック・ハーラン [著]
出版情報: 東京 : KADOKAWA, 2020.3
シリーズ名: 角川新書 ; [K-303]
所蔵情報: loading…
3.

学位論文(AKAGI収録)

学位
下出, 美智子
出版情報: 東京福祉大学・大学院紀要.  9  pp.67-75,  2019-03-25.  東京福祉大学・大学院
概要: 本論の研究目的は、知的障害のある青年達の曲づくりに見られるコミュニケーションの過程と、成立条件を明らかにすることである。研究方法は授業分析に置く。筆者が養護学校(現特別支援学校)高等部の青年達に曲づくりを構想・実践し、その記録をコミュニケー ションの有り様(①誰から誰へ、②どのような意図で、③何を媒体として、④どのような形態で働きかけた結果、⑤相手にどのような変化が生じたのか)という視点から分析した。その結果、曲づくりにおけるコミュニケーションは、1.最初はばらばら→2.次に教師を介在してイメージを仲間に伝える→3.更に自立。青年同士で模倣中心に合わせる→4.相互に合わせる→5.相互に繋ぐ、という過程で発展することが明らかになった。コミュニケーションの成立条件としては、仲間の存在を意識する、仲間の音を聴く、自分のイメージを持つ、イメージを共有する、音や動きを媒体に伝える方法を知る、イメージを合わせ・繋ぐ方法を知る、という6点が考えられた。 続きを見る
4.

論文(AKAGI収録)

論文(AKAGI収録)
藤巻, 直子 ; FUJIMAKI, Naoko ; 髙 , 望 ; TAKAHASHI, Nozomu
出版情報: 群馬大学教育実践研究.  36  pp.249-258,  2019-03-15.  群馬大学 教育学部附属学校教育臨床総合センター
5.

図書

図書
齋藤孝著
出版情報: 東京 : 大和出版, 2019.11
所蔵情報: loading…
6.

図書

図書
細川英雄著
出版情報: 東京 : 筑摩書房, 2019.6
シリーズ名: ちくま新書 ; 1417
所蔵情報: loading…
7.

図書

図書
中島純一著
出版情報: 東京 : 金子書房, 2019.10
所蔵情報: loading…
8.

図書

図書
大橋理枝, 根橋玲子編著
出版情報: 東京 : 放送大学教育振興会, 2019.3
シリーズ名: 放送大学教材 ; 1740113-1-1911
所蔵情報: loading…
9.

図書

図書
永松茂久著
出版情報: 東京 : すばる舎, 2019.9
所蔵情報: loading…
10.

図書

図書
上西充子著
出版情報: 東京 : 晶文社, 2019.5
所蔵情報: loading…