1.

図書

図書
牛久保美津子編著
出版情報: 東京 : メヂカルフレンド社, 2019.6
所蔵情報: loading…
2.

図書

図書
グレッグ美鈴, 池西悦子編集
出版情報: 東京 : 南江堂, 2018.3
シリーズ名: 看護学テキストnice
所蔵情報: loading…
3.

電子ブック

EB
宮地緑編著 ; 中田智子 [ほか] 著
出版情報: 京都 : 金芳堂, 2017.9
オンライン: https://elib.maruzen.co.jp/elib/html/BookDetail/Id/3000048460
所蔵情報: loading…
4.

図書

図書
杉森みど里, 舟島なをみ著
出版情報: 東京 : 医学書院, 2016.4
所蔵情報: loading…
5.

図書

図書
「学士課程卒業者の看護実践能力獲得過程と生涯学習支援プログラムの開発」研究グループ編集
出版情報: 羽島 : [岩村龍子], 2015.3
所蔵情報: loading…
6.

論文(AKAGI収録)

論文(AKAGI収録)
Ubukawa, Emiko
出版情報: 群馬県立県民健康科学大学紀要.  9  pp.1-11,  2014-03.  群馬県立県民健康科学大学
概要: Objective : The purpose of this study was to obtain useful suggestions regarding the use of literature in the EFL (Engli sh as a Foreign Language) classroom for Japanese trainee nursing students as well as for other healthcare professionals. Methods : A retrospective analysis was performed on how literary works were used in nursing education in the U.S. and U.K. Twenty-two research papers and practical reports based on the use of literary works and their effectiveness in nursing education presented in American and British nursing articles were categorized and analyzed. The articles were retrieved from a previous online electronic search of the Cumulative Index to Nursing & Allied Health Literature (CINAHL). Results : Literature-based teaching approaches were categorized into four groups : 1) a discussion approach ; 2) a writing approach ; 3) a discussion and writing approach ; and 4) other approaches. The discussion approach was first introduced in 1968, whereas the writing approach gradually came into wider use in the late 1990s. In the 1980s, other teaching approaches, including the combination of other arts and various kinds of teaching approaches, were also introduced. These approaches were based on discussion and/or writing, although the plain discussion approach began to lose significance in the 2000s. Conclusions : The present analysis of the use of literature in nursing education practiced in the U.S. and U.K. provides important suggestions on how to use literature in the EFL classroom for trainee healthcare professionals. However, further research will be necessary to seek out even better teaching methods targeting these professionals in the EFL classroom.<br />目的:英米の看護教育おける文学活用に関する研究及び実践報告の分析から,日本における医療系学生対象のEFL(English as a Foreign Language)クラスにおける文学の活用への示唆を得る.方法:Cumulative Index to Nursing & Allied Health Literature(CINAHL)から収集された英米看護教育おける文学活用に関する22件の研究及び実践報告の中で示された文学の活用方法を分類・分析する.結果:活用方法は1)discussion approach 2)writing approach 3)discussion and writing approach 4)other approaches の4つに分類された.discussion approachは,1968年から始まり,writing approachは1990年代後半から目立ち始めた.絵画,音楽などの芸術との融合,多様な発表形式による活用方法は1980年代から始まり,2000年代にも及んでいる.2000年代に入ってからはdiscussion approach単独の授業は減少し,discussionとwritingの混合授業及びそれらを含んだ多様な授業活動が主流となった.結論:英米看護教育における文学の活用方法の概観は,医療系学生対象のEFLクラスにおける文学を基盤とした授業への重要な示唆を示し,今後の実践活用へのステップとなった.<br />原著 続きを見る
7.

図書

図書
杉森みど里, 舟島なをみ著
出版情報: 東京 : 医学書院, 2014.2
所蔵情報: loading…
8.

図書

図書
内田陽子著
出版情報: 名古屋 : 日総研出版, 2014.12
所蔵情報: loading…
9.

論文(AKAGI収録)

論文(AKAGI収録)
小西, 美里
出版情報: 上武大学看護学部紀要.  8  pp.1-8,  2013-03-31.  上武大学
概要: 本学基礎看護学領域では、低学年から知識とともに臨床実践能力を育成し、それを適切に評価し、フィードバックすることを目的にOSCE(Objective Structure Clinical Examination:客観的臨床能力試験)導入を検討 している。すでにOSCE を実施している機関もあり、またその数は徐々に増えつつあるが、その実態は明らかになっていない現状にある。そこで本研究では、わが国の看護教育におけるOSCEの現状と課題を明らかすることを目的とし文献検討を行った。 レビュー対象として抽出した12文献の研究内容を独自に作成したフォーマットに基づきまとめ、OSCEの実際、OSCEの効果、学生の反応、研究課題の4つの視点で文献をレビューした。結果、看護の分野においては、OSCEは話題になっているが、まだ実施している教育機関は少なく、実施にあたって試行錯誤の段階にあることが明らかになった。OSCEの効果については、学生の反応からも学習課題の明確化や学習態度の習得等が明らかになった。一方、教員の負担や資源等の欠 点も明らかになった。 続きを見る
10.

図書

図書
舟島なをみ監修
出版情報: 東京 : 医学書院, 2013.1
所蔵情報: loading…