1.

論文(AKAGI収録)

論文(AKAGI収録)
簑輪, 欣房 ; Minowa, Yoshifusa
出版情報: 育英大学研究紀要.  pp.17-28,  2020-03-16.  育英大学・育英短期大学
概要:   The latest trends in teacher training reforms include “standardization of teaching curriculum” and “stricter certifica tion of teaching curriculum” as well as enrichment of school sites and teaching experience, in cooperation with parents and communities. It is an issue to nurture teachers as “teaching/learning experts” who can guide deep learning interactively. Among them, the teacher training issue is to conduct the minimum learning necessary to become a teacher and lead to the later teaching life, assuming deepening and development of qualities and abilities throughout the teaching life. To that end, it is necessary to enhance opportunities for school experience and teaching experience, foster the basics of practical leadership, provide opportunities to think about aptitude as teachers, and provide ICT and ability to teach proactive and interactive learning. There is a need to study and develop a teaching curriculum that nurtures teaching methods of use, foreign language education, and leadership in inter-school collaboration. In other words, it is not a good teacher’s constant number of accredited teachers, but in order to guarantee or enhance the quality of teachers, it is necessary to allocate more teachers and focus on other resources more than now There is. It can be said that a small university with a teaching course is under pressure to be prepared. 続きを見る
2.

論文(AKAGI収録)

論文(AKAGI収録)
簑輪, 欣房 ; Minowa, Yoshifusa
出版情報: 育英大学研究紀要.  pp.23-36,  2019-03-15.  育英大学・育英短期大学
概要: The Ikuei university opened in April, Heisei 30 as a Faculty of Education. There is a big problem as a university that t ackles teacher training. Students who wanted to become elementary school teachers entered the school, but some students who entered without being firmly conscious of being an elementary school teacher, because it was a new university, so I did not have any particular awareness of what to do especially Some students admitted to school. However, it is to study and develop students’ qualities and abilities that students must learn before graduation, university clear objectives, contents to be tackled by planning, and so on. Given the current state of elementary school workplaces, it is necessary to raise the qualities and abilities of students wishing for teachers, to graduate with the ability to acquire the necessary abilities as teachers. The teacher training course of the university has a role to send higher quality faculty to society. However, it is important to anticipate that harsh circumstances will arise for conditions adopted by teachers, such as a decrease in the number of children due to the declining birthrate, a decrease in schools, and so forth. One of them is to closely cooperate with primary schools. Improve teaching practice, improve motivation to become a teacher and graduate as a teacher with immediate fighting power. We must make an effort to build a solid position as a useful presence for the educational site. 続きを見る
3.

電子ブック

EB
アネット・ブロー, ハリー・ウォン著 ; 稲垣みどり訳
出版情報: 東京 : 東洋館出版社, 2019.3
オンライン: https://elib.maruzen.co.jp/elib/html/BookDetail/Id/3000081411
所蔵情報: loading…
4.

論文(AKAGI収録)

論文(AKAGI収録)
井草, 玲子
出版情報: 東京福祉大学・大学院紀要.  8  pp.205-212,  2018-03-25.  東京福祉大学・大学院
概要: 本研究の目的は、タスク中心教授法を学習した大学生が、英語のタスク中心活動を体験し、小学校外国語活動にどのように応用できるか考察することである。2014年秋学期、関東の私立大学で3か月に渡り、教員養成課程の学生(12名)を対象に英語のタスク活 動が実施された。活動結果は、英語と日本語を併用した「振り返りシート」に記入され、教師の点検後、パワーポイントを活用しフィードバックが実施され情報の共有化を図った。本活動の結果、学生は英語の発話量が増加し、自身の英語の発話を自己分析できるようになり、さらに、小学校外国語活動を実施する際の教材の良し悪し、補助教材作成のコツ、実施の際の留意点等を考察することができるようになった。 続きを見る
5.

学位論文(AKAGI収録)

学位
角野, 善司 ; 小西, 尚之 ; 片山, 豪
出版情報: 高崎健康福祉大学紀要.  pp.97-112,  2018-03-01.  高崎健康福祉大学
概要:  小学校教育実習事前指導において、アクティブ・ラーニングを用いた、平成27年一部改正学習指導要領および平成29年改訂学習指導要領の学習を行った。アクティブ・ラーニングは、今次学習指導要領改訂において、初等中等教育での活用が重視されており、ア クティブ・ラーニングの体験を通じて、学生が次期学習指導要領の理解を深めることを目指した。その結果、関連キーワードに関する知識の定着・理解の向上が見られたほか、将来教師として教室でアクティブ・ラーニングを実践する際の留意点を体感するなどの効果が得られた。<br />研究論文 続きを見る
6.

論文(AKAGI収録)

論文(AKAGI収録)
福地, 豊樹 ; FUKUCHI, Toyoki ; 中雄, 勇人 ; NAKAO, Hayato
出版情報: 群馬大学教育実践研究.  35  pp.125-135,  2018-01-31.  群馬大学 教育学部附属学校教育臨床総合センター
7.

論文(AKAGI収録)

論文(AKAGI収録)
小野, 智信 ; ONO, Tomonobu ; オノ, トモノブ
出版情報: 群馬大学教育実践研究.  34  pp.47-51,  2017-03-20.  群馬大学教育学部 附属学校教育臨床総合センター
8.

論文(AKAGI収録)

論文(AKAGI収録)
宮内, 洋 ; Miyauchi, Hiroshi
出版情報: 群馬県立女子大学紀要.  38  pp.(201)-(209),  2017-02-28.  群馬県立女子大学
9.

論文(AKAGI収録)

論文(AKAGI収録)
山崎, 雄介 ; Yamazaki, Yusuke ; ヤマザキ, ユウスケ
出版情報: 群馬大学教育実践研究.  33  pp.189-197,  2016-03-25.  群馬大学教育学部 附属学校教育臨床総合センター
10.

論文(AKAGI収録)

論文(AKAGI収録)
志手, 和行
出版情報: 東京福祉大学・大学院紀要.  6  pp.145-152,  2016-03-25.  東京福祉大学・大学院
概要: 本稿は生成文法の英語教育への活用について研究した志手・川村(2012)の11種類の活用案について、さらに精査したものである。英語の教員免許取得の希望があり、教育実習を控えた大学3年生(2013年度30名と2014年度27名の計57名)に、生 成文法自体の活用の可否と上記11種類の各活用案における活用についてアンケート調査を実施した。その結果、全体の約8割が「活用できる」と回答した。また、「直接的活用案」で全7種類中2つ、「間接的活用案」で全4種類中3つが約4~5割の人数比で選ばれた。これらは、生成文法初期の標準理論による統語構造の捉え方が影響を強く及ぼしたと考えられる。特に、間接的活用においては教師側からの情意面の向上を促せる可能性が示唆され、今後さらなる研究が期待される。 続きを見る