1.

図書

図書
杉浦義典編
出版情報: 三鷹 : 遠見書房, 2020.5
シリーズ名: 公認心理師の基礎と実践 / 野島一彦, 繁桝算男監修 ; 第9巻
所蔵情報: loading…
2.

図書

図書
ジョルジュ・ヴィガレロ編 ; 岩下綾 [ほか] 訳
出版情報: 東京 : 藤原書店, 2020.4
シリーズ名: 感情の歴史 ; 1
所蔵情報: loading…
3.

図書

図書
アラン・コルバン編 ; 井上櫻子 [ほか] 訳
出版情報: 東京 : 藤原書店, 2020.11
シリーズ名: 感情の歴史 ; 2
所蔵情報: loading…
4.

図書

図書
渡辺弥生著
出版情報: 東京 : 筑摩書房, 2019.4
シリーズ名: ちくま新書 ; 1402
所蔵情報: loading…
5.

図書

図書
津田真人著
出版情報: 東京 : 星和書店, 2019.5
所蔵情報: loading…
6.

図書

図書
齋藤孝 [著]
出版情報: 東京 : KADOKAWA, 2018.5
シリーズ名: 角川新書 ; [K-209]
所蔵情報: loading…
7.

図書

図書
ステファン・W・ポージェス著 ; 花丘ちぐさ訳
出版情報: 東京 : 春秋社, 2018.11
所蔵情報: loading…
8.

図書

図書
大塚英志著
出版情報: 東京 : 太田出版, 2016.10
所蔵情報: loading…
9.

論文(AKAGI収録)

論文(AKAGI収録)
金谷, 文代 ; 田村, 文子 ; 大澤, 真奈美
出版情報: 群馬県立県民健康科学大学紀要.  10  pp.39-59,  2015-03.  群馬県立県民健康科学大学
概要: 目的:患者から暴力を受けた精神科看護師が抱いた直後の感情と現在の感情および介在した要因を明らかにして,精神科看護師がバーンアウトすることなく看護ケアを実践するための示唆を得ることである.方法:A県の精神科病院に勤務する看護師10名に面接調査 を行い,Berelson, B.の内容分析により分析した.結果:暴力を受けた看護師の直後の感情は【患者に対する怒りと不満】【患者に対する嫌悪感と拒否感】など12コアカテゴリであった.暴力を受けた看護師の現在の感情は【患者に対する諦め】【患者の病状安定への心配】など11コアカテゴリであった.暴力を受けた看護師の直後と現在の感情に至る間に存在した要因は【患者理解の深まり】【暴力への解釈の転換】など6コアカテゴリであった.結論:暴力を受けた看護師は直後に怒り・嫌悪などの否定的感情を抱いていた.これらの感情は患者理解の深まりや暴力への解釈の転換などの要因により減少した.一方,現在も否定的感情を抱いている者もおり,暴力を受けた看護師に対するサポートの重要性が示唆された.<br />Objective : To clarify the current feelings of psychiatric nurses who have been assaulted by patients, their feelings immediately after being assaulted, and relevant mediators in order to suggest methods to protect nurses from psychiatric burn out. Methods : We interviewed a total of 10 nurses working in a psychiatric hospital in Prefecture A, and analyzed the contents following Berelson's method. Results : Based on the nurses' statements regarding their feelings immediately after being assaulted, we extracted 12 core categories, including "anger toward and dissatisfaction with patients" and "aversion to and sense of rejection toward patients." Their current feelings included 11 core categories, including "giving up on patients" and "concerns about the patients' disease and condition." The factors that mediated changes in the nurses' feelings consisted of six core categories, such as "deepened understanding of patients" and "changes in their views regarding violence." Conclusion : Assaulted nurses initially had negative feelings such as anger and aversion ; however, these feelings lessened after deepening their understanding of their patients and changing their views regarding violence. On the other hand, some nurses still had negative feelings at the time of the interview, suggesting the importance of providing support for assaulted nurses.<br />原著 続きを見る
10.

図書

図書
長沼睦雄著
出版情報: 東京 : 青春出版社, 2015.9
所蔵情報: loading…