1.

図書

図書
ニュートンプレス
出版情報: 東京 : ニュートンプレス, 2018.1
シリーズ名: ニュートン別冊
NEWTONムック
所蔵情報: loading…
2.

図書

図書
恩蔵絢子著
出版情報: 東京 : 河出書房新社, 2018.10
所蔵情報: loading…
3.

論文(AKAGI収録)

論文(AKAGI収録)
栗原, 久
出版情報: 東京福祉大学・大学院紀要.  8  pp.3-13,  2017-10-25.  東京福祉大学・大学院
概要: コーヒー/カフェイン摂取と神経変性疾患との関連について総括した。複数の疫学研究によって、中程度のコーヒー/カフェイン摂取を生涯にわたって続けている高齢者では、年齢に応じた生理的な認知機能低下が軽微であり、特に、80歳以上の女性において顕著で あることが示されている。それらの研究では、生涯のコーヒー摂取量とアルツハイマー病の発症リスクとの間には逆相関関係(摂取量が多いほど発症リスクが低い)がみられるという好ましい効果を指摘している報告が少なくないものの、結果については相違点が大きく、しかも大規模コホートを対象とした前向き調査が行われていないので、確実という結論には至っていない。パーキンソン病に関しても、発症リスクとコーヒー摂取量との逆相関関係を示す疫学調査がある。その関係には用量-効果相関性があり、効果の信頼性を高めている。動物実験でも、コーヒー中のカフェインがパーキンソン病の予防に有効性の高い成分であると示唆されている。さらに、コーヒー摂取による神経保護作用の機序について明確になっているわけではないが、コーヒー摂取が脳卒中リスクを低減する可能性が示されている。コーヒーに含まれるカフェインは、アデノシンA2A受容体に対するアンタゴニストとして作用することは知られているが、コーヒー中の他の成分が脳血管系、脳神経細胞、炎症などに作用している可能性もあり、今後の検討結果が待たれる。 続きを見る
4.

図書

図書
ジェイ・イングラム著 ; 桐谷知未訳
出版情報: 東京 : 国書刊行会, 2015.11
所蔵情報: loading…
5.

図書

図書
中野則行著
出版情報: 東京 : 現代書林, 2013.2
所蔵情報: loading…
6.

図書

図書
岩田修永, 西道隆臣著
出版情報: 東京 : 中外医学社, 2010.5
所蔵情報: loading…
7.

図書

図書
荒井和子著
出版情報: 東京 : ポプラ社, 2009.6
所蔵情報: loading…
8.

図書

図書
大沢幸一著
出版情報: 東京 : 講談社, 2008.12
シリーズ名: 介護Library
所蔵情報: loading…
9.

図書

図書
ダニエル・クーン著 ; 保科京子訳
出版情報: 京都 : クリエイツかもがわ , 京都 : かもがわ出版 (発売), 2006.4
所蔵情報: loading…
10.

図書

図書
順天堂大学医学部編
出版情報: 東京 : 学生社, 2005.8
シリーズ名: 順天堂のやさしい医学 ; 7
所蔵情報: loading…