1.

学位論文(AKAGI収録)

学位
高橋, 裕子 ; タカハシ, ユウコ ; Takahashi, Yuko
出版情報: 2020-03-24.  群馬大学医学部
概要: 学位記番号:保博甲135
2.

論文(AKAGI収録)

論文(AKAGI収録)
岩波, 浩美 ; Iwanami, Hiromi ; 松田, 安弘 ; Matsuda, Yasuhiro ; 河内, 直美 ; Kawauchi, Naomi ; 高橋, 裕子 ; Takahashi, Yuko
出版情報: 群馬県立県民健康科学大学紀要.  14  pp.35-50,  2019-03.  群馬県立県民健康科学大学
概要: 目的:A県看護専門学校に所属する教員の教育ニードと学習ニードを明らかにし,その結果に基づき,継続教育プログラム開発に向けた示唆を得る. 方法:A県19校の専任教員157名を対象に質問紙調査を行い,81名(回収率51.6%)から回答を得た.「 教育ニードアセスメントツール―看護学教員用―」および「学習ニードアセスメントツール―看護学教員用―」の得点を先行研究の結果と比較し,対象者の教育ニードおよび学習ニードの実態,学習ニードの高い特性,要望の高い学習内容を分析した. 結果:教育ニードアセスメントツールの総得点は平均78.5点(SD16.1),学習ニードアセスメントツールの総得点は平均143.6点(SD15.6)であった.教員経験の浅い教員の学習ニードが高く,教育内容の精選や授業展開に関する学習内容への要望が高かった. 結論:学習ニード充足を主軸に,全教員,教員経験年数5年以内および6年以上,教育管理責任者,2年課程所属の教員を受講対象者とする研修の教育内容を決定した.<br />Objectives: This study aimed to clarify the current situation of educational and learning needs of faculty members working at nursing diploma schools of nursing in Prefecture A, and to develop a continuing education program. Methods: A total of 157 anonymous questionnaires were mailed to faculty members and the 81 valid responses were analyzed. The measurement tools used were the“ Educational Needs Assessment Tool for Nursing Faculty” and“ Learning Needs Assessment Tool for Nursing Faculty”. Results: The mean total score on the educational needs assessment tool was 78.5 (SD, 16.1). The mean total score on the learning needs assessment tool was 143.6 (SD, 15.6). Inexperienced faculty members had higher scores in items related to learning needs. Many faculty requested information related to methods of selecting educational content. Conclusions: Based on these findings, we suggest continuing education programs for faculty members working at diploma schools of nursing in Prefecture A.<br />報告 続きを見る
3.

論文(AKAGI収録)

論文(AKAGI収録)
金光, 萌花 ; 鬼塚, 陽子 ; 高橋, 裕子 ; 瀬戸, 絵理 ; 嶋田, 淳子
出版情報: The Kitakanto medical journal = 北関東医学.  68  pp.208-208,  2018-08-01.  北関東医学会
4.

論文(AKAGI収録)

論文(AKAGI収録)
中川, 和昌 ; 高橋, 裕子
出版情報: 高崎健康福祉大学紀要.  pp.149-152,  2017-03-31.  高崎健康福祉大学
概要: 理学療法学科3年生を対象とした動作解析学の講義において,ゲスト講師として3名の卒業生を招聘する試みを実践した。講義後の41名の学生に対しアンケート結果を示し,その有用性について検討した。アンケートは7つの項目に対してVASを用いてその理解・ 満足度を回答する方法にて実施した。結果,授業目的の視点からは概ね良好な反応が得られたと考えられた。得られた反応として,今回の結果からは非常に大変だったがそれなりに楽しかった,と解釈できた。今後は可能な限り継続して取り組むとともに,より有意義な内容へと発展させていくことが課題である.<br />調査・事例等報告 続きを見る
5.

論文(AKAGI収録)

論文(AKAGI収録)
高橋, 裕子 ; 松田, 安弘
出版情報: 群馬県立県民健康科学大学紀要.  11  pp.59-80,  2016-03.  群馬県立県民健康科学大学
概要: 目的:看護学教員からの実習記録への記述によるフィードバックの「内容」に対応する学生が知覚した「効果」を明らかにし,効果的なフィードバックに向けた示唆を得る.方法:Berelson, B. の方法論を参考にした看護教育学における内容分析を適用 し,看護基礎教育課程に在籍する学生1,274名を対象に,質問紙法を用いてデータ収集し,フィードバックの「効果」を問う質問に回答した375名の記述を分析した.また,分析結果である「効果」と第1段階の研究成果「内容」のマトリックスを作成した.結果:看護学教員からの実習記録への記述によるフィードバックにより学生が知覚した「効果」25カテゴリが明らかになった.また,フィードバックの「内容」と「効果」の対応が明らかになった.考察:学生の学習成果に関わる記述に着目し,自己評価に向けたフィードバックを行うことにより,学生の学習意欲の向上という効果をもたらす等の示唆を得た.<br />Objectives : The aim of this study was to clarify student perspectives on the content and effects of feedback from nursing faculty on their written assignments, and to discuss the details of these effects. Methods : We conducted a questionnaire survey on 1274 students who were taking basic nursing education courses in Japan. Questionnaires were handed out directly to the students after they provided informed consent to participate, and collected by post. A total of 517 responses were received (response rate : 40.6%), among which content analysis was used to analyze 375. This was a second stage study. While the first stage was conducted to reveal the content of the feedback, the primary objective of the second stage was to reveal the effects. To better understand the results, a matrix of the effects of feedback corresponding to the content was created. Results : A total of 25 categories showing the effects of feedback from nursing faculty on students' written assignments were extracted. These categories included : "Assessment is based on information gathering from the numerous sides and evidence.", "Acquisition of a confidence." In addition, the corresponding effects and content of the feedback were revealed. Conclusions : The results of this study suggest ways for nursing faculty to provide more effective feedback to students so that they can learn more from their written assignments.<br />原著 続きを見る
6.

論文(AKAGI収録)

論文(AKAGI収録)
下平, きみ子 ; 池田, 優子 ; 高橋, 裕子
出版情報: 高崎健康福祉大学紀要.  pp.53-63,  2014-03-10.  高崎健康福祉大学
概要: 研究論文
7.

論文(AKAGI収録)

論文(AKAGI収録)
高橋, 裕子 ; 松田, 安弘 ; 山下, 暢子 ; 吉富, 美佐江
出版情報: 群馬県立県民健康科学大学紀要.  9  pp.13-33,  2014-03.  群馬県立県民健康科学大学
概要: 目的:学生が学習活動の促進につながったと知覚する実習記録への教員の「記述によるフィードバック」の内容を明らかにし,その特徴を考察する.方法:全国の看護基礎教育課程に在籍する学生1,274名を対象に,質問紙を直接配布し,個別投函により回収した .517名(回収率40.6%)より回答を得,フィードバックの内容を問う自由回答式質問に回答した375名の記述を,Berelson, B.の方法論を参考にした看護教育学における内容分析を用い分析した.結果:【学習成果を認める】【根拠に基づいて援助を計画・実施するよう促す】を含む32カテゴリを明らかにした.結論:学生が学習活動の促進につながったと知覚する実習記録への教員の「記述によるフィードバック」の内容は,32種類あることを明らかにした.また,それらの内容は,《看護過程展開の促進》《学生が実施する援助の質保障》など教員の意図を表す8つの特徴を示した.<br />Objectives : The purpose of this study was to clarify nursing students' perceptions of nursing faculty's feedback on written assignments that students themselves recognized to be useful in promoting their learning activities. Methods : A questionnaire was administered to 1274 students who were taking basic nursing education courses in Japan and who provided consent to participate in the research. The questionnaire forms were given to each student in person and were collected via postal mail. The questionnaire included a "free answer" question on which respondents were asked about their perception of feedback from faculty members. Responses were received from 517 students (40.6% response rate) and the descriptions of feedback content by 375 students were analyzed with a content analysis method based on Berelson's methodology used in nursing education. Results : Nursing students' perceptions of nursing faculty's feedback on written assignments was classified into 32 categories, including "accepting the learning outcome" and "encouraging development of a plan and execution of assistance based on evidence". Conclusion : Nursing students' perceptions of nursing faculty's feedback on written assignments that students recognized as promoting their learning activities could be divided into 32 items of contents. Moreover, these categories had 8 features, including "promotion of deployment of nursing process" and "guarantees the quality of assistance offered by the student".<br />原著 続きを見る
8.

論文(AKAGI収録)

論文(AKAGI収録)
下平, きみ子 ; 池田, 優子 ; 高橋, 裕子 ; 室岡, 由美子 ; 金子, 真弓 ; 小板橋, めぐみ ; 源内, 和子
出版情報: 高崎健康福祉大学紀要.  pp.73-80,  2013-03-31.  高崎健康福祉大学
概要: 研究論文
9.

論文(AKAGI収録)

論文(AKAGI収録)
高橋, 裕子 ; 池田, 優子 ; 小林, 瑞枝 ; 佐藤, 未和 ; 土屋, 智子  ; 塚越, 聖子 ; 野本, 悦子
出版情報: 高崎健康福祉大学紀要.  pp.81-89,  2013-03-31.  高崎健康福祉大学
概要: 研究論文
10.

図書

図書
岡村定矩 [ほか] 編
出版情報: 東京 : 日本評論社, 2007.1
シリーズ名: シリーズ現代の天文学 ; 1
所蔵情報: loading…