メンタルローテーション課題遂行時の眼球運動の特性と利き眼との関係―アイマークレコーダーを用いた検討―

フォーマット:
論文(AKAGI収録)
責任表示:
北澤, 一樹 ; 勝山, しおり ; 新井, 美紀 ; 大瀧, 瑞穂 ; 長谷川, 拓実 ; 下田, 佳央莉 ; 外里, 冨佐江
言語:
日本語
出版情報:
北関東医学会, 2015-08-01
著者名:
北澤, 一樹
勝山, しおり
新井, 美紀
大瀧, 瑞穂
長谷川, 拓実
下田, 佳央莉
外里, 冨佐江
続きを見る
掲載情報:
The Kitakanto medical journal = 北関東医学
ISSN:
1343-2826  CiNii Articles  Webcat Plus  IRDB
巻:
65
通号:
3
開始ページ:
221
終了ページ:
227
バージョン:
publisher
概要:
目的:メンタルローテーション課題遂行時に, 視線計測装置を用い, MR 課題時のMR 反応時間と利き眼間での注視回 数・部位の関係について検討することを目的とした. 方法:健常大学生12名, 男性5名, 女性7名(平均年齢21.3±1.7歳), うち右利き眼5名, 左利き眼7名であった. アイ マークレコーダーを装着し,手の写真から右手,左手を判断するメンタルローテーション課題を行い,その反応時間,視線の 注視回数, 部位を記録した. 結果:左利き眼者は右利眼者 に比べ反応時間が短く注視回数も少なかった. MR 反応時間と各部位の合計注視回数で相 関が認められ, MR 反応時間が速いほど注視回数は少なかった. 部位別に見ると, 利き眼によって見ている箇所に大きな差 はなかった. Visual analogue scaleにおいて, 難易度・疲労度とMR 反応時間・利き眼では相関は認められなかった. 考察:物の視覚認知では, 利き眼が大きく影響しており, 利き眼間で差が出るのは視覚入力ではなく脳内での視覚情報の 処理過程にあることが示唆された. 続きを見る

類似資料:

1
 
2
 
3
 
4
 
5
 
6
 
7
 
8
 
9
 
10
 
11
 
12
 

原, 大地, Hara, Daichi, 山口, 俊輔, Yamaguchi, Shunsuke, 下田, 佳央莉, Shimoda, Kaori, 勝山, しおり, …

北関東医学会

宮脇, 利幸, 外里, 冨佐江, 岩谷, 力

北関東医学会

加藤, 由里, 李, 範爽, 土屋, 謙仕, 下田, 佳央莉, 勝山, しおり, 外里, 冨佐江, Kato, Yuri, Lee, …

北関東医学会

外里, 冨佐江

北関東医学会

苧阪, 良二(1918-), 中溝, 幸夫(1943-), 古賀, 一男(1946-)

名古屋大学出版会

岩崎, 希, 外里, 冨佐江, 岩崎, 清隆, 佐野, 真知子, 勝山, しおり, 李 範 爽, 亀ヶ谷, 忠彦, 小笠原, 映子

群馬大学医学部保健学科

下田, 佳央莉, シモダ, カオリ, Shimoda, Kaori

群馬大学医学部

浅川, 康吉, 外里, 冨佐江

北関東医学会

齋藤, 康彦

北関東医学会

臼田, 滋, 外里, 冨佐江

北関東医学会

12 図書 眼球綺譚

綾辻, 行人(1960-)

角川書店, 角川グループパブリッシング (発売)