当院における理学療法士および作業療法士の経験年数とアクシデント発生頻度の関連性

フォーマット:
論文(AKAGI収録)
責任表示:
竹内, 伸行 ; Takeuchi, Nobuyuki
出版情報:
北関東医学会, 2011-08-01
著者名:
掲載情報:
The Kitakanto medical journal
ISSN:
1343-2826  CiNii Articles  Webcat Plus  IRDB
巻:
61
通号:
3
開始ページ:
405
終了ページ:
409
バージョン:
publisher
概要:
[背景・目的]近年,経験年数の少ないスタッフのアクシデントが増加している.しかし経験年数とアクシデ ント発生頻度の関連性に関する報告は散見される程度である.本研究の目的は若年理学療法士および作業療 法士の経験年数とアクシデント発生頻度の関連性を検討し,経験年数がアクシデント発生頻度の予測に有用 か否かを明らかにすることである.[対象と方法]対象は本庄総合病院理学療法,作業療法部門で生じたア クシデント事例42例であった.各事例に関与したスタッフの経験年数と経験年数別発生件数を 集計し,両者 の関連性を相関係数と回帰分析にて検討した.[結 果]経験年数と発生件数の間には強い負の相関 (rs=-0.82)を認め,有意な回帰式(発生件数=10.855-1.173×経験年数,R2=O.79, pくO.OOI)が得られた. [結 語]若年療法士の経験年数とアクシデント発生頻度には関連性があり,経験が少ないほど発生頻度が 高いと示唆された.経験年数はアクシデント発生頻度を予測する因子として有用であると考えられた. 続きを見る

類似資料:

1
 
2
 
3
 
4
 
5
 
6
 
7
 
8
 
9
 
10
 
11
 
12
 

医事試験制度研究会, 全国理学療法士・作業療法士学校連絡協議会

選択エージェンシー

山本, 和儀

医療文化社

福田, 春枝, 荒川, 千秋, 吉田, 亨, 佐々木, かほる, 斉藤, 基, 行木, 真由美, 木暮, 総子, 小野, 道子, 小林, 秀代, 星野, 悦子, 正田, 美智子

群馬大学医学部保健学科

京極, 真(1976-), 鈴木, 憲雄

誠信書房

9 図書 基礎医学

医歯薬出版株式会社

医歯薬出版

10 図書 臨床医学

医歯薬出版株式会社

医歯薬出版

11 図書 基礎医学

医歯薬出版株式会社

医歯薬出版

医療情報科学研究所

メディックメディア

三輪書店国試模試センター

三輪書店