看護実践にリラクセーション法をとりいれる際の課題 ―第38 回日本看護科学学会学術集会 交流集会の報告―

フォーマット:
学位論文(AKAGI収録)
責任表示:
箕輪, 千佳 ; 鈴木, 恵理 ; 柿澤, 美奈子 ; 鈴木, 弘子
言語:
日本語
出版情報:
高崎健康福祉大学, 2020-03-31
著者名:
掲載情報:
高崎健康福祉大学紀要
ISSN:
1347-2259  CiNii Articles  Webcat Plus  IRDB
通号:
19
開始ページ:
159
終了ページ:
168
概要:
リラクセーション法は,看護実践で充分活用されているとは言い難い.そこで,リラクセーション法を取り入れている看護実践例やその際の課題を出し合い,その課題解決にむけて意見交換する目的で交流集会を行った.結果,課題として一部のリラクセーション法を実施するにあたっての資格の必要性への疑問,業務が忙しく実践に取り入れる時間の確保の困難さが挙げられた.これらの解決方法として,前者にはリラクセーション法は看護独自の援助方法であり,さらなる資格は必要ないこと,それを多職種や看護職に啓発する必 要性,後者には短時間でできるリラクセーション法の活用,ボランティアの活用があった.その他,実施方法の不明確さやエビデンスの低さと情報の入手しにくさ,制度的担保や物品が実践の場にないことが課題としてあったが,いずれも質の高いエビデンスの構築によって解決が図られると考えられた.さらに,医療や社会の変化に伴い,看護師の人に触れることに関する意識が変化している可能性があり,対応を検討する必要があることが示唆された."Although it has been a while since the relaxation method was introduced to nursing education, it has not been well utilized in clinical practices. At the 38th Annual Conference of Japan Academy of Nursing Science, we held an exchanging meeting to discuss the problems of incorporating relaxation methods into nursing practices and the solutions. In the meeting, one of the examples of incorporating the relaxation method into nursing practices was introduced, which involved light touches and strokes on patients’ hands, in nursing students’ training to help them collect patient information and build good relationship with patients. Furthermore, various relaxation methods were reported to build rapport with the patients/families in clinical practices. The problems in introducing relaxation method to nursing practices were listed; indications and contraindications from the nursing perspective were unclear, and the appropriate implementation method was uncertain, therefore there was no consensus about relaxation method across medical staff; these days, the nurses ""touch"" patients' bodies less often, and they could not gain confidence in using relaxation method because of inadequate knowledge, skills, and experiences; they could not find time to implement relaxation methods because of their busy schedules, and evaluation of the specific relaxation method was difficult for children and patients who were not able to communicate their concerns. From now on, it is necessary to clarify that many nurses have the problems noted above and to find solutions."<br />資料紹介 続きを見る

類似資料:

1
 
2
 
3
 
4
 
5
 
6
 
7
 
8
 
9
 
10
 
11
 
12
 

鈴木, 珠水, Suzuki, Tamami, 酒井, 美絵子, Sakai, Mieko, 萩原, 英子, Hagiwara, eiko, 小池, 菜穂子, &hellip;

群馬パース大学

山澄, 直美, 相楽, 有美, 定廣, 和香子, 小川, 妙子, 岩波, 浩美, 榎, 悦子, 杉森, みど里

群馬県立県民健康科学大学

富永, 明子

群馬県立県民健康科学大学

柳, 奈津子, Yanagi, Natsuko, 小板橋, 喜久代, Koitabashi, Kikuyo

北関東医学会

樋口,友紀, 福島,昌子, 竹渕,由恵, 小川,妙子, 狩野,太郎

群馬県立県民健康科学大学

山澄, 直美, 岩波, 浩美, 定廣, 和香子, 相楽, 有美, 村上, みち子, 大川, 美千代, 杉森, みど里

群馬県立県民健康科学大学

日本精神科看護技術協会

日本精神科看護技術協会

横堀, ひろ, Yokobori, Hiro, 小笠原, 映子, Ogasawara, Eiko

群馬パース大学

日本看護科学学会

日本看護科学学会

金谷, 悦子, 村上, みち子, 山下, 暢子, 近藤, 誓子, 大川, 美千代, 高井, ゆかり, 佐々木, かほる

群馬県立県民健康科学大学

日本老年看護学会

日本老年看護学会学術集会事務局