自己受容性を促進させる教育活動 ―教師の自己受容を高めていく活動や働きかけ—

フォーマット:
学位論文(AKAGI収録)
責任表示:
板津, 裕己
言語:
日本語
出版情報:
高崎健康福祉大学, 2020-03-31
著者名:
板津, 裕己  
掲載情報:
高崎健康福祉大学紀要
ISSN:
1347-2259  CiNii Articles  Webcat Plus  IRDB
通号:
19
開始ページ:
65
終了ページ:
77
概要:
今日,子どもたちが健やかや成長や発達を遂げ,彼/彼女らが持つ個性や可能性を発揮していくためには,健康な自己観を持つことが強調されている.本レポートでは,教育活動場面において,児童や生徒だけでなく,彼/彼らの健やかな成長や発達を支えていく立場にある教師も,自己受容することが大切であることについて,先行研究を紹介しながら述べた.教師の自己受容を高めていく活動案,および,それらの活動を進めていく際の注意点などを、対象が教師であることを想定して提示した.活動案では,教師の心身の発達状 況や子どもたちへの影響などを考慮して,ただ,「お互いを褒め合う」「長所を伸ばす」だけではなく,活動を行う際には,周囲から,「修正したほうが望ましい点」をアドバイスとして受け容れることが大切であると述べた.レポートの最後には,教師にとって,「なぜ正しい自己理解(例えば自己受容)が必要か」について,筆者の考えをまとめた.<br />研究ノート・試論 続きを見る

類似資料:

1
 
2
 
3
 
4
 
5
 
6
 
7
 
8
 
9
 
10
 
11
 
12
 
1 論文(AKAGI収録) 自己受容性研究の発展(2)

板津, 裕己

高崎健康福祉大学

野口, 芳宏(1936-)

明治図書出版

長津, 美代子, ナガツ, ミヨコ, Nagatsu, Miyoko, 森下, 琴絵, モリシタ, コトエ, Morishita, Kotoe

群馬大学教育学部

教育法制問題研究

第一公報社

3 論文(AKAGI収録) ケアワーカーと介護相談

板津, 裕己, 林, 潔

高崎健康福祉大学

親子交流活動研究会, 国立オリンピック記念青少年総合センター

親子交流活動研究会 : 国立オリンピック記念青少年総合センター

板津, 裕己, 林, 潔

高崎健康福祉大学

10 図書 死の受容

日本死の臨床研究会

人間と歴史社

群馬大学教育学部附属小学校

群馬大学教育学部附属小学校

11 図書 死の受容

死の臨床研究会

人間と歴史社

野口, 芳宏(1936-)

明治図書出版

児童非行研究会

伊藤忠記念財団